ブログ

月別アーカイブ: 2014年10月

不妊検査|原因不明不妊症|牛久市31歳女性③

 

 

 

子宝先生から一言
おめでとうございます。
無事に安定期まで入られて大変うれしく思います。つわりも漢方薬を服用していたおかげでとても軽くすみ本当によかったですね。体重増加もコントロールされていますが、これからは妊娠糖尿病も心配です。予防の漢方薬もつづけて無事に安産でご出産ください。
これからは寒い時期になりますので、冷えが大敵です。足もと、首筋には、冷えに関係するつぼがございます。長めの靴下をはき、首筋をひやさないようにえりのついた洋服やマフラーなども早めにご利用ください。食事も生野菜ではなく温野菜をとるようにしましょう。お大事に。                   薬剤師 菅沼真一郎

不妊検査|原因不明不妊症|牛久市31歳女性②

 

 

 

S様より

漢方服用前

赤ちゃんが欲しいと思っていましたが、なかなか授かる事ができませんでした。不妊専門クリニックではタイミング法で診察していただき、色々と検査をしても夫婦共に問題はなく、とても不安になっていました。念のためにと着床しやすい薬も飲んでいました。そして人工授精とすすめられました。この話が出た時、一度休憩したくなり、気持ちと体をまず整えようと気持ちをリセットしました。身近の方が漢方で赤ちゃんを授かったと言う話も聞いていたのもあり、インターネットで調べスガヌマ薬局さんに訪ねてみました。

 

 

 

漢方服用後

 

 

スガヌマ薬局さんでのカウンセリングは、病院より詳しく説明や指導をして下さり、なにより親身になってお話しして下さるのがとても嬉しかったです。不安な事は電話をして相談させていただきました。夫婦で飲む様にと漢方を処方していただき、3ヶ月ごとに体質も変化があるとのお話しでした。主人は肩こりが楽になったりとすぐに実感していました。そして漢方を飲んで数か月後に、本当に赤ちゃんを授かる事が出来ました!とっても悩んでいたので、効果が出て驚きましたし嬉しかったです。出産まで漢方をつづけて母子共に元気に出産を迎えたいと思います。 つづく

不妊検査|原因不明不妊症|牛久市31歳女性①

 

 

 

こんにちは。スガヌマ薬局で漢方薬を服用されて妊娠されたお客様が、胎児のエコー写真をもってきてくださいました。大変うれしく思います。

エコー画P1050062

茨城県牛久市在住のお客様です。原因不明の不妊とのことで大変悩まれていましたが、このたび無事妊娠されて安定期に入りました。安心されたので体験談を書いてくださいました。詳しくご紹介したいと思います。つづく体験談①P1050071

10月のプレゼントセールのご案内

10月24日(金)から10月28日(火)までフラワーセールをおこないます。
今月のお花は、パンジー2鉢です。とてもかわいらしいです。

(10月26日(日)の営業時間は10時~19時です。)

セール期間中はお買い上げ金額に関係なく、当店でなにかお買い上げの会員様に無料でお花を差し上げています。

当日、会員登録なさった方も対象になります。何かわからないことがございましたら遠慮なくお電話ください。よろしくお願いします。パンジーパンジー2

一回分から購入できる風邪薬、咳止め、頭痛薬あります

お客様からのリクエストをいただきまして、一回分から購入できる風邪薬、咳止め、頭痛薬の販売を始めました。ご入り用のお客様はぜひ店頭にてお求めください。

P1050123(1)

P1050121(1)
なお、漢方薬は1日分から購入できます。無料漢方相談受付中です。お気軽にご利用ください。

「不妊」じゃなくて「未妊」ですよ

子宝相談でお見えになった子宝授子様(仮名)、基礎体温表をみて一喜一憂しています。

子宝先生「基礎体温表は、漢方を差し上げる上で目安にはなりますが、その形が絶対ではありません。心配しなくていいですよ」

子宝授子様「でも心配で。。。不妊って大変だわ。。。ハー」

私「不妊って言葉は自分は嫌いです。不妊ではありません。授子さんは『未妊』なんです。まだ妊娠していないだけでしょ。冷え性など体調もよくなってきていい方向にきています。一緒にがんばりましょう。」

子宝授子様「そうですね。ありがとうございます。」

お客様の顔が明るくなって、こちらもうれしくなりました。今日も爽やかに子宝漢方相談致します。

漢方薬で無事妊娠されたお客様

今日、スガヌマ薬局で漢方薬を飲んで妊娠されたお客様がおいでになりました。
妊娠29周目で女の子らしいとのことです。大変うれしく思います。
体が疲れると尿糖がでるとのこと。
妊娠糖尿病予防の食事の内容、食べ方を説明して、今のんでいる漢方薬が妊娠糖尿病リスクを減らすこともお話したら、とても安心していただけました。
漢方薬を服用してからできやすかった口内炎もできにくくなったとのこと。よい副作用(福作用)がえられてとてもよかったです。
これからは寒くなるので、首筋には冷えのツボがあるので襟(エリ)をついた服をきたり、マフラーを早めに利用するようにお話しました。

多のう胞性卵巣を克服するために⑦

その後、子宝さんから「自分の生活を振り返ってみると落とし穴ばかりの生活をしていました。今度来てくれる子供のために、もっと良いお母さんになるような生活をしなくちゃね」とのお返事をいただきました。
生活の大切さに気づかれた子宝さんは出来るところから一つ一つ改善されて、そして3ヶ月後に二人目の子宝を宿されました。本当におめでとうございます。元気なお子さんが生まれることを心よりお祈り申し上げます。終わり

多のう胞性卵巣を克服するために⑥

③ 早食いやシャワーだけの入浴習慣の改善
早食いやシャワーだけの入浴習慣は交感神経の亢進はインスリンの抵抗の増大、卵巣や子宮の血流悪化、脳下垂体ホルモンのアンバランスと関係しており、多のう胞性卵巣の原因となり得る意外な生習慣なのです。

 当方からは漢方薬と、サポートとして温灸をおすすめしています
温灸は子宮や卵巣のツボがある左右の耳とエネルギーの源であるおへそにしてください。なんと言っても温灸は気持ちいいので自律神経系やホルモン系がリラックスしてのびのび働いてくれるようになります。つづく

ページの先頭へ戻る