ブログ

新型コロナウイルス感染症 

 

 

こんにちは。

 

 

 

漢方薬剤師・認定子宝カウンセラーの菅沼真一郎です。

 

 

 

専門薬局の秋季ゼミナールで、新型コロナ感染症について勉強しました。

 

 

 

ゼミの前に、日本専門薬局同志会の全国大会の前に流す専門薬局の紹介ビデオ撮影をしました。

 

 

 

 

勉強会の前に来年の全国大会に流すビデオ撮影をしました。「健康漢方相談がんばろう」

 

 

 

 

◎新型コロナウイルス感染症 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎目次

 

 

 

昨年の秋季ゼミナールのときの報告から

 

 

 

●変わったこと

 

 

 

1.COVID-19の治療法

 

 

 

2.変異株

 

 

 

3.メッセンジャーRNAワクチン

 

 

 

 

●変わらないこと

 

 

 

1.「血管の老化」が重症化に関与

 

 

 

2.感染予防には「3K」

 

 

 

3.「元気は最大の防御です」

 

 

 

 

 COVID-19(coronavirus disease)とはSARS-CoV-2と呼ばれるコロナウイルスが原因で起こる感染症です。

 

 

 

ウイルスに暴露してから1~14日(多くは5日)程度で発症することが多く、発症前から感染症があり、発症から間もない時期の感染が特に高いことが市中感染の原因となっているとされています。 

 

 

 

 

 

◉症状としては 

 

 

 

 

・発熱・呼吸器症状(咳漱、咽頭痛)・頭痛 ・倦怠感 などの風邪のような症状が多いです。 

(鼻汁や鼻閉の頻度は低いようです) 

 

 

また、風邪のような症状に加えて 

 

 

・嗅覚障害 ・味覚障害 の頻度が高いとも言われています。 

 

 

発症から1週間程度で約80%の患者さんは回復。 

一部の約15%の患者さんは発症から1週間程度で酸素投与が必要となっています。 

 

 

 

 

◉ワクチンの概要 

 

 

 

 

私たちの体には侵入してきた最近やウイルスの特徴を記憶することで、次に来た時にすぐに撃退できるようにしておく機能があります。 

 

 

この機能を利用するのが“ワクチン”です。 

 

 

ワクチンは大きく分けて2つのグループに分けられます。 

 

 

従来型のワクチン →病原体を弱毒化させたり、不活化させたものです。病原体を鶏卵や培養細胞に感染・増殖させる必要があるため、製造に時間がかかります。

 

 

新しいワクチン →病原体のDNAやRNAの一部を工業的に製造したもので、生産に要する時間が短く、必要に応じて構造の修正が容易に行えます。 

 

 

 

 

◉日本国内で使用されるCOVID-19ワクチン 

 

 

 

 

 

COVID-19に対して100を超えるワクチンの開発が進められています。 

 

 

2021年8月現在、日本国内で承認されたワクチンは3種類となっています。 

 

 

・ファイザーはmRNAワクチン 

 

 

・モデルナ社はmRNAワクチン 

 

 

・アストラゼネカはウイルスベクターワクチン 

 

 

全て新しいタイプのワクチンに該当します。

 

 

 

 

◉COVID-19ワクチンの安全性 

 

 

 

 

新型コロナウイルスワクチンの接種後に注射した部分の 

 

 

・痛み ・疲労 ・頭痛 ・筋肉や関節の痛み ・寒気 ・下痢 ・発熱 などが

 報告されています。

 

 

こうした症状の大部分は数日以内に回復します。 

 

 

まれな副反応として、アナフィラキシーや血栓を発症する例が報告されています。

 

 

 

 

◉ウイルスの変異との戦い 

 

 

 

 

すでに世界中のあちこちでコロナウイルスが変異し特徴の違うコロナウイルスが多種存在しているのが現状です。 

 

 

まれにですが、感染が広がりやすくなったり、重症化率、致死率が上がる病毒性の上昇、ワクチンや薬剤が効きにくくなる変異が起こることがあります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎感染予防には「3K

 

 

・換気

 

 

 

・距離(1m以上)

 

 

 

・会話時のマスク

 

 

 

 

感染予防のポイントは、換気・距離・会話時のマスク着用の3K!

 

 

 

 

◉重症度別の治療方法例 

 

 

 

 

*呼吸法 

酸素療法(ネーザルハイフロー等を含む) 

挿管人工呼吸 腹臥位/ECMO 

 

 

*抗ウイルス薬 :レムデシベル 

 

 

*抗炎症薬など :ステロイド 、バリシニチブ 

 

 

*抗体カクテル :カシリビマブ  、イムデビマブ 

 

 

COVID-19は、重症化すると炎症が全身に広がり多臓器不全に至る事が分かっています。 

 

 

COVID-19の重症化は基礎疾患として 

 

 

・心血管疾患 ・糖尿病 ・高血圧などの疾患があると高くなり、死亡率が上昇することが分かりました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 <

 

               

ページの先頭へ戻る