ブログ

人工授精(AIH)と体外・顕微授精(IVF・ICSI)どう違うの?

 

 

人工授精や体外受精、言葉として聞いたことがあるけれど、これから不妊治療に取り組まれる方など意外にその違いが分からない方も多いと思います。

 

 

 

人工授精と体外受精、その違いを簡単にご説明します。

 

 

人工授精とは採取した精子をカテーテルを使って子宮に直接注入する治療法です。

 

 

それに対し体外受精とは、卵子と精子を体外に取り出して受精させ、培養後に女性の体内に戻す治療法です。

 

 

                            
人工授精、体外受精

         

                          

人工授精は主に下記のケースで選択されます。

 

 

 

・タイミング法で結果が出なかった場合

・精子数が足りない場合や、精子の運動率が低い場合

・性交障害(勃起障害、射精障害、女性器異常など)の場合

 

人工授精には、AIH(配偶者間人工授精)と無精症の場合に行われるAID(非配偶者間人工授精)の2種類があります。

 

 

 

 

 

体外・顕微授精は主に下記のようなケースで選択されます。

 

 

・人工授精で結果が出なかった場合

・精子数が足りない場合や、精子の運動率が低い場合

・両方の卵管が閉塞している場合・抗精子抗体があり精子を受け入れることができない場合

・高齢で妊娠のチャンスが少ない場合

 

 

 

体外受精には、最も一般的なIVF-ET(体外受精-胚移植)と、GIFT(配偶子卵管内移植)、ZIFT(接合子卵管内移植)、顕微授精(ICSI;卵細胞質内精子注入法)などの種類があります。

 

 

 

 

費用は人工授精の場合で1回3万円~5万円程度、体外受精の場合はグッと高額になり20万円~70万円程度とクリニックによっても差があります。顕微授精は30万円から80万円と体外受精に比べて10円くらい高額になっているクリニックが多いようです。

 

 

 

 

顕微授精(ICSI)

 

 

 

 

 

顕微授精1顕微授精

 

 

 

 

 

 

 

 

 

① 精子の尻尾からインジェクションピペットに吸い込みます。

 

顕微授精

 

②卵子をホールドして、3時の方向から精子の入ったインジェクションピペットを刺入します。

 

 

③卵実質内へ刺入していきます。

卵実質内に刺入したかを確認し、精子を卵実質内に押し出します。

 

 

④精子を卵の中に入れてインジェクションピペットを静かに抜きます。

 

 

  

不妊漢方実力薬局100選受賞 スガヌマ薬局

不妊漢方実力薬局100選受賞 スガヌマ薬局

  

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443 

 漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 


ページの先頭へ戻る