ブログ

夏の養生法

 こんにちは。だいぶ暑くなってきました。

夏をのりきるために養生法を実践しましょう。

 

 

hanabi

 

 

 

~こんな季節~

 

草木は成長して枝葉が生い茂り花も咲きます。自然界の万物も茂り陽気が最高潮に達する時期です。人も、内にある陽気を外へ放散させる事が重要だと考えられています。 だから夏は開放的な気分になるのですね!

 

 

 

~心~

 

東洋医学では、夏は「心」の臓腑に属する季節だと言われています。心は、血液循環を担うポンプのはたらきと“こころ”としてのはたらきがあります。気持ちが高ぶると鼓動が速まるように、心は精神とも深く関わりがあると考えられています。そのため、心が弱ると、少し動いただけで動悸、息切れがしたり、胸の痛みを感じたり、疲れやすくなったりします。また、心の動きが亢進すると、顔が赤くなったり舌先が赤くなったり、睡眠障害を起こします。

 

 

 

~こんな風に過ごそう~

 

 夏は一年のうちで最も日の出の早い季節です。日の出に合わせて早起きを心がけましょう。朝食前に、軽い運動をしたり、一仕事を済ませたりするのが理想的です。気温も涼しく、はかどります。また、積極的に体を動かして汗をかきましょう。そうすることで体の陽気を放散させることができます。

 

 

 

 

夏の食養生

 

 

 

 

~苦味を利かせる~

 

 苦味は心の働きを助けます。苦味には、乾燥する働き、堅くし排泄する働き、熱を冷ます働きがあります。暑さで動悸、息切れしやすい夏に、ゴーヤなど苦味のあるものを食べると余分な熱が取れて体に良いです。他にもレバー、魚のはらわた、緑茶、コーヒー、春菊、ほうれん草なども心の働きを助けてくれます。

 

 

 

 

 

 夏野菜

~旬の野菜を食べよう~

 

 とまと、きゅうり、なす、すいか、とうもろこし…。夏の旬の野菜は、体を冷やしてくれます。適度に食べて、体の余分な熱を取りましょう。また、胃腸が弱りやすい夏は、しょうが、ねぎ、にんにく、わさび等の薬味は食欲増進、抗菌、解毒のはたらきがありますので、適度にいただきましょう。ただし、食べ過ぎは禁物です!

 

 

 

 

全国実力薬局「漢方相談」部門受賞

全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443 

 漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る