ブログ

寒卵(かんたまご)を食べましょう

こんにちは。皆様は寒卵(かんたまご)という言葉をご存知ですか。

小寒(寒の入り)から節分までの間を寒中といいます。 その間に産まれた卵を、寒卵といいます。 昔からこの時期の卵は滋養に富むといわれていて、俳句の季語にもなっています。

今年は、1月6日から2月3日が寒の内です。 うちの家族も毎日卵を食べています (食べすぎは逆によくないので1日1個までにしてくださいね) ほぼ中間となる大寒は、1月21日です。

これからどんどん寒くなっています。 冷えは血行不良につながり、不妊症、生理痛、肩こり、腰痛などの要因になります。 当店では冷え性の改善のために半身浴をおすすめしています。この時期はどうしても肩が冷えると汗がでにくくなるため、乾いたタオルを肩にかけておこなうようにお話しています。

何かわからないことがあれば遠慮なくお電話ください。よろしくお願いします


ページの先頭へ戻る