ブログ

骨を元気にしましょう!

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

 

 

 

平成31年3月17日に御茶ノ水で開催された専門薬局の研修会に参加してきました。

 

午前中の三氣塾では、塾長挨拶を致しました。

 

 

 

健康寿命(健康寿命=平均寿命−介護状態の期間)を伸ばすためにもカルシウムは大切です。

 

 

カルシウムはアレルギー改善のためにも必要です。

 

 

 

花粉症などアレルギーのある方は、積極的にとりましょう。カルシウムをとると皮膚の抵抗性が高まりアレルギー改善にもなります。

 

 

カルシウムが足りなくなると骨が弱くなります。

 

 

骨を強くするためには、カルシウムを取るだけでなく運動も大切です。

 

 

垂直方向の力が骨を強くするそうです。

 

 

骨太運動で強い骨作りをしましょう。

 

 

◯骨太運動

 

 

①かかとをストンと落とすことで骨に体重の負荷がかかる。

この刺激によって、骨芽細胞を活性化させるタンパク質が放出される。

 

 

②タンパク質を受けとった骨芽細胞は丈夫な骨を作ってくれる。

また、骨の主成分であるカルシウムが骨組みであるコラーゲンに沈着し、骨の石灰化が進む。

 

 

 

骨太運動で強い骨作り

 

 

 

 

①椅子に浅く座る

 

足を軽く開いて椅子に浅く座る。背筋を伸ばし、手は自然にももの上に乗せるか、横に下ろす。

 

 

②片足を上げる

 

太ももの付け根の筋肉を使って片足を軽く上げる。勢いをつけない。

 

 

③かかとから降ろす

 

ストンとかかとから床に降ろす。もう片方の足も同様に上げて降ろす。左右交互にくり返す。

 

 

 

◯骨を強くする栄養素

 

 

骨の主成分 カルシウム

・しらす干し・牛乳・豆腐・小松菜

 

骨粗しょう症の人の推奨量(1日分)

700~800mg (牛乳なら600~700ml)

 

 

カルシウムの吸収を助ける ビタミンD

・さけ・さば・干し椎茸・卵

 

骨粗しょう症の人の推奨量(1日分)

15~20μg (さけなら60g)

 

 

骨をつくる働きを促す ビタミンK

・納豆・小松菜・油揚げ・ほうれん草

 

骨粗しょう症の人の推奨量(1日分)

250~300mg (納豆なら1パック)

 

 

骨のコラーゲン材料 たんぱく質

・肉・卵・大豆製品

 

骨粗しょう症の人の推奨量(1日分)

50g (鶏肉なら250g)

 

 

 

◯骨を弱くする栄養素

 

塩分

塩分を摂り過ぎると、カルシウムの利用が悪くなる。減塩を!

 

リン

加工食品に含まれるリンは、カルシウムの吸収を妨げる。

 

アルコール

アルコールは、カルシウムの吸収を悪くしビタミンDの働きも抑える。

 

ニコチン

ニコチンは、カルシウムの吸収を悪くする。禁煙が原則。

 

 

 

カップラーメン、ハムなど加工食品、スナック菓子、アルコール、たばこは骨を弱くします。食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

漢方相談スガヌマ薬局では、ボンエナC aとカルマジンを飲んでいるお客様が多いです。

 

 

〇ボンエナCa微粒

 

 

  • 人の骨の組成に近い精製牛骨粉と、骨基質を構成しているコラーゲンの生成に必要なビタミンCを配合した、吸収性の良いカルシウム剤です。

 

  • 2包中にカルシウム600mgとビタミンC100mgが含まれており、骨歯の発育を促進し、妊娠授乳期の骨歯の脆弱化(ぜいじゃくか)を防ぎます。

 

  • また、その他のミネラルとしてリン約270mg、マグネシウム約60mgを含有します。

 

 

  • 携帯に便利なスティックタイプ。
 

 

 

〇カルマジン

 

 

 

  • カルシウム不足をサポート!

 

  • カルシウムとマグネシウムが2:1で含まれるドロマイト配合。

 

  • カルシウムの吸収を促進するCPP配合。

 

  • 亜鉛、セレンも加えた新時代ミネラルサプリメント!
 

 

 

気になる方はご相談ください。

 

運動、食事など健康法も詳しく説明いたします。

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る