ブログ

高齢での妊娠出産を応援します。

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

最近、不妊治療で病院やクリニックにいかれた年齢の高い方が、治療を断られるケースが増えているそうです。

 

「良い卵子が採卵出来なかった」

 

「長期間にわたる不妊治療に疲れた」

 

「お医者さんにそろそろ諦めてはと、やんわり伝えられた」

 

漢方相談スガヌマ薬局は、そんなアラフォーアラフィフ世代の妊活を全力で応援致します。

 

身体にもココロにも優しい妊活の方法をお教え致します。

 

 

第50回子宝カウンセラーの会で講演中のショウキ先生

 

令和元年12月8日に開催された第50回子宝カウンセラーの会では、ショウキ先生からも44歳を超えると不妊の治療を断る例が多いとのお話しがありました。

 

医療機関の中には、卵胞が育ちが悪くなった患者さんには、卵胞が育ちがよくなったら来てくださいと言われてしまった例もあるそうです。

 

前回、令和元年9月8日に開催された第49回子宝カウンセラーの会でも柳田学術理事からも、

 

高齢の方(43歳以上の方)が不妊治療専門病院やクリニックでも、不妊治療を断られるケースが増えているというお話がありました。

 

48歳の方がご出産された赤ちゃんをだっこしてうれしそうな担当の菅沼由美子薬剤師

 

私たち漢方相談スガヌマ薬局でも体外受精で47歳でご懐妊され、48歳でご出産された方もいらっしゃいます。

 

(体験談はこちらをクリックk)→「あきらめなければ夢は叶う」と願い続け、48歳で第1子を出産」

 

 

また、私が所属する子宝カンセラーの会(生殖医療学会)では、自然妊娠で47歳でご懐妊され、48歳でご出産された方もいらっしゃいました。

 

 

 

当薬局は、つくば市、守谷市、古河市など坂東市近隣だけでなく、

 

遠いところでは茨城県北部の日立市(日立市の方の体験談はこちら)や栃木県壬生町などからもご相談いただいています。

 

 

 

私たち漢方相談スガヌマ薬局の認定子宝カウンセラー薬剤師は、年齢の高い方の不妊治療を全力で応援いたします。

 

もちろん、絶対に妊娠すると申し上げられませんが、できる限りのことをするつもりでおります。

 

西洋の不妊専門病院の不妊治療と東洋の漢方薬に精通した薬剤師が、あなたにあったベストのご提案をいたします。

 

不妊治療のお悩みをお聞きした後に、お客様に「気持ちが楽になった。ありがとう」とおっしゃっていただくことがとてもうれしいです。

 

無料漢方カウンセリング実施中です。お話だけでもお聞かせください。お待ちしています。

 

 

 

漢方相談専用の相談室で、誠心誠意、ご相談いたします。

 

*プライバシーに配慮した漢方相談室(写真はこちら

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ゆっくり相談できる漢方相談室をつくりました!

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

新しい漢方相談室を作りました。健康漢方相談がんばります。

 

漢方相談スガヌマ薬局では、このたび新しい漢方相談室を作りました。

 

 

プライバシーに配慮した漢方相談室でゆっくりとお話をお聞きしたいと思います。

 

漢方相談室

 

子宝相談だけでなく、アトピー性皮膚炎など皮膚病相談、慢性病などの漢方相談でおいでになったお客様がより安心してご相談できるようになりました。

 

スライド式のドアを閉じるとプライバシーもしっかり守られます。

 

 

ご相談されたお客様は、以前より落ち着いて相談できるようになったと口々におっしゃっていただいて大変うれしく思います。

 

漢方相談室内

 

 

無料漢方カウンセリング実施中です。

 

 

お話だけでもお聞かせください。お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

あなたにあった不妊治療専門のクリニックをご紹介します

 

 

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

漢方相談スガヌマ薬局では、当薬局で不妊漢方相談をしていただいているお客様に、お客様にあった不妊治療専門のクリニックをご紹介しています。

 

 

不妊治療クリニックへの診療情報提供書見本

 

 

 

私たちは不妊治療の手助けになるように、お客様おひとりおひとりにあった当店独自のオリジナル漢方薬をお渡ししています。

 

 

 

同時に病院での治療を希望されるお客様には、専門の病院やクリニックをご紹介しています。

 

 

 

実年齢や卵巣年齢(AMH(抗ミュラーホルモン値))

 

不妊の原因となる婦人科疾患(多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、高プロラクチン血症、黄体機能不全、子宮内膜症、チョコレートのう胞、子宮腺筋症、子宮筋腫)や

 

男性不妊の有無によってご紹介する病院は違います。

 

 

 

私たちは、丁寧なカウンセリングによって、病院の不妊治療に対するお客様に疑問点にも常にお答えいたしています。

 

 

 

「この不妊治療は、どういうことをするのでしょうか?」

 

 

 

「この検査結果は、大丈夫といわれたけど、どうですか?」

 

 

 

「病院にいこうと思っていますが、どの病院がいいと思いますか?」

 

 

 

などなどの疑問に、お客様の状態を確認しながら丁寧にお答えしています。

 

 

 

 

病院の不妊治療に疑問や質問のある方は、漢方相談スガヌマ薬局の漢方カウンセリングを受けてみませんか。

 

 

 

 

日々、生殖医療学会(子宝カウンセラーの会)と日本中医薬研究会不妊専門講座で研鑽をつみ、

 

中国でも漢方不妊治療研修を受けている認定子宝カウンセラー薬剤師が、不妊治療でお悩みのあなたの疑問に丁寧にお答えいたします。

 

 

 

 

当薬局は、ただいま、無料漢方相談実施中です。一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

ご紹介病院の例

 

 

 

 

 

 

茨城県(体外受精のできる病院)

 

 

 

 

 

つくば木場公園クリニック(茨城県つくば市研究学園5-5-1 Liebe研究学園501 電話 029-886-4124)

 

 

 

つくばARTクリニック(茨城県つくば市竹園1-6-1-4F 電話 0297-35-8111)

 

 

 

筑波学園病院(茨城県つくば市上横場2573-1 電話029-836-1355)

 

 

 

いがらしクリニック(茨城県龍ヶ崎市栄町4659-3 電話 0298-62-0936)

 

 

 

 

 

茨城県(不妊治療の検査のできる病院)

 

 

 

 

茨城県西南医療センター病院(茨城県猿島郡境町2190 電話 0280-87-8111)

 

 

 

はなみずきクリニック(茨城県牛久市中央1-6-22 電話 029-871-1711)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県(体外受精のできる病院)

 

 

 

 

三秀会中央クリニック(栃木県下野市薬師寺3154 電話 0285-40-1121)

 

 

 

 

 

 

東京都(体外受精のできる病院)

 

 

 

 

ファテリティクリニック東京(東京都渋谷区東3-13-11 電話 03-3406-6868)

 

 

ファテリティクリニック東京での研修はこちらのブログを御覧ください。

 

 

 

 

ローズレディスクリニック(東京都世田谷区等々力2-3-18 電話 03-3703-0114)

 

 

 

 

リプロダクション東京(東京都港区東新橋1丁目5番2号汐留シティセンター3階 電話 03-6228-5351)

 

 

 

 

はなおかIVFクリニック品川(東京都品川区大崎1丁目11-2ゲートシティ大崎EO
1F-0101B号室)

 

 

 

 

あいだ希望クリニック(東京都千代田区神田鍛冶町3-4oak神田鍛冶町ビル2階 電話 03-3254-1124)

 

 

 

 

新橋夢クリニック(東京都港区新橋2-5-1 EXCEL新橋 電話 03-3593-2121)

 

 

 

 

加藤レディスクリニック(東京都新宿区西新宿7-20-3ウエストゲート新宿ビル 電話 03-3366-3777)

 

 

 

 

 

兵庫県(体外受精のできる病院)

 

 

英ウィメンズクリニック(兵庫県神戸市中央区三宮町1-1-2三宮セントラルビル7・8階 電話 078-392-8723

 

 

英ウィメンズクリニックでの研修はこちらのブログを御覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

(体験談)病院ではできない漢方による妊娠しやすい体づくりで妊娠できました!生理周期が長い常総市39歳

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

スガヌマ薬局で処方した漢方薬を服用し、無事に妊娠、ご出産された常総市の39歳の方から体験談をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル

 

 

病院ではできない漢方による妊娠しやすい体づくりで妊娠できました!

 

 

 

 

漢方体験前

 

 

35歳で結婚、36歳から本格的に不妊治療を始めました。

 

 

主人側は問題なしで、私の方が生理不順で排卵しにくい体質でした。

 

 

生理周期が長め(32~46日)で、低温期が長く、毎回周期日数がまちまちでいつ排卵するのか分りづらく、タイミングが取りにくいため、タイミング法はうまくいかず、人工授精にステップアップしました。

 

 

人工授精は6回行ないましたが、妊娠せず、今度は体外授精へステップアップすることになりました。

 

 

体外授精に向けて排卵の準備をしている時に義母からスガヌマ薬局様の子宝相談の折り込みチラシを紹介され、ワラをもすがる思いでスガヌマ薬局様を訪れたのが奇跡の始まりでした。

 

 

 

漢方体験後

 

 

2017年1月、採卵日の数日前にスガヌマ薬局様にお伺いしました。

 

本来であればもう少し早い段階から漢方を飲み始めて、卵子の質を高めてから採卵するのが理想でした。

 

しかし時間がなかったため、急ぎでその日から自分の状態に合わせた漢方薬の服用が始まりました。

 

そして漢方だけでなく、妊娠しやすい体づくりのための食生活や生活習慣の改善についてもご指導いただきました。

 

 

 

今まで妊娠しやすい体づくりとは全く逆の事をしており、自分の食生活や生活習慣が妊娠から遠ざけていた事を痛感しました。

 

それか採卵した結果、7個の卵子が採れました。

 

その受精卵が4個でき、3個を凍結して、1個は初期胚で採卵当日に移植しました。

 

初めての移植は妊娠せず、その後1個の凍結胚を移植しました

 

しかし、妊娠しませんでした。

 

 

 

結果が陰性のたびに落胆していましたが、諦めずに最後残り2個の凍結胚を一気に移植しようと決断しました。

 

その頃ちょうど漢方薬を飲み始めてから1年が経とうとしていました。

 

そして移植の結果、なんと2個とも着床していました。

 

その後、2個とも心拍確認ができましたが、7週目で片方が消えてなくなってしまいました。

 

とても悲しい出来事でしたが、もう片方の子に譲ってあげたのだろうと思い、残った子を大切に育てようと思いました。

 

そして現在35週目に入り、来週には臨月を迎えます。

 

 

 

病院での治療は「精子と卵子を近づける事」しかしません。

 

漢方薬は、「精子と卵子の状態を妊娠しやすい状態へ持っていく事」をします。

 

私の着床率の向上は漢方薬によって体質が改善されたからだと思います。

 

 

 

漢方薬を飲んでいなかったり、食生活や生活習慣の改善のご指導がなかったら、こんなに早く結果が出ていなかったと思います。

 

ですので、ぜひ、病院ではできない漢方による妊娠しやすい体づくりと病院の治療を併用される事をおすすめします。

 

 

漢方薬に出会えて本当によかったと思います。

 

菅沼先生、長い間大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

こちらのお客様は、生理周期が長め(32日から46日)で低温期が長く、排卵しにく状態でした。

 

左の卵巣に4cmの卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)があり、大きくなれば手術といわれていました。

 

ご主人様の精子の状態は、運動率や精液量が基準値を下回ることもございました。

 

 

 

漢方相談スガヌマ薬局では、

 

 

1. 排卵の改善(長い生理周期を短くする)して、よい卵子ができるようにする。

 

 

2. 着床しやすい子宮にすると同時に卵巣嚢腫を大きくしないようにする。

 

 

3. 精子の質を高める。

 

 

という三点を中心に、ご夫婦ともに漢方薬をご服用していただきました。

 

 

 

健康法

 

奥様は、生クリームを使った洋菓子がお好きでしたが、甘いものを食べる時は、和菓子にしていただいて、食べすぎに注意していただくようにしました。

 

冷えを改善するために半身浴をしていただき、下半身や足元を冷やさないように長めの靴下を履いていただいたりもしました。

 

ご主人様は、お仕事がらストレスが多い状態だったので、ストレスを改善して、精子の質を高める漢方薬を服用していただきました。

 

 

 

1年間服用されての妊娠、ご出産、本当におめでとうございます。大変うれしく思います。

 

これからも子宝漢方相談がんばります。

 

 

 

 

 

 

No.1847

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 

 

 

12月ブログ読者サービス

 

 

 

 

 

坂東市からこんにちは。

 

12月1日から30日まで使える今月のキ-ワードは

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来店の際には、キーワードをお忘れなく♪

 

キーワードをおしゃっていただいたお客様限定で、対象となる健康薬・漢方薬を

1万円以上お買い上げで500円引きいたします。

 

店頭あるいはお電話でご注文の際に、キーワードをおっしゃってください。

 

 

 

お一人様、月一回限り 他のサービスとの併用はできません。

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

12月の定休日と日曜営業日のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月のスガヌマ薬局の定休日と、日曜営業日をお知らせします。

 

 

定休日は、以下のとおりになります。

 

 

8日(日)

15日(日)

29日(日)

31日(火)大晦日

 

お休み をいただきます。

 

 

 

日曜営業日は

 

12月1日(日)・12月22日(日)

 

10時から19時まで営業します。

 

※処方箋の受付も行なっております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年度全国実力薬局
漢方相談部門受賞
スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

11月フラワープレゼントセールのお知らせ

 

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

 

 

27(水)・28(木)・29(金)・30(土)・12/1(日)

 

の5日間、毎月恒例のフラワーセールを開催致します。

 

 

 

ビオラ

 

 

 

今月のお花は「ビオラ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セール期間中にお買い物をしてくださった会員様に、2鉢プレゼントします。

 

 

まだ会員でないというお客様も、当日登録された上でお買い物いただければプレゼント致します。

 

 

ご来店お待ちしています。

 

 

 

2018年度全国実力薬局
漢方相談部門受賞
スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

第5回つくば子宝セミナーを開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

このたび、第5回つくば妊活セミナーを開催しました。

 

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師・菅沼真一郎

 

 

 

 

 

<子宝カウンセラー漢方薬剤師×健康運動指導士×フードコーディネーターのコラボセミナー>

 

 

日時 2019年11月15日19時~21時

 

 

場所 マンマビレッジ/つくばのフィットネス×料理教室のお店(つくば市横町368-4(駐車場あり))

 

 

 

 

子宝漢方セミナーでは、会場の皆様から質問をお受けして丁寧に説明します。

 

 

 

不妊治療における病院の治療と漢方治療の違い(リンク)

 

 

 

 

 

 

 

好評につき、第5回目の子宝セミナーでは、講師にマンマビレッジ代表・トレーナー、健康運動指導士の川谷 響先生ご指導の下 運動も食もプロならではの”体験型セミナー”で、楽しい時間を共有できたと思います。

 

 

 

運動療法士の川谷響先生

 

 

 

 

運動体験『妊活と運動』

 

 

 

 

 

 

 

①体温の向上・冷え防止

 

 

 

 

②ホルモンや自律神経のバランスが整う

 

 

 

 

 

 

 

③ストレスの軽減

 

 

 

 

 

 

妊娠するための身体作りをしましょう!ということで、体温を高めましょう!冷えから身体をまもりましょう!をテーマにお話いただきました。

 

 

 

 

 

 

運動することで、ストレス解消につながり自律神経が整います。

 

 

 

 

 

 

運動習慣のある人とない人では、運動習慣のある人の方が、妊娠しやすいというデータもあり、子宮の体温を高めるためのトレーニングをしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

川谷先生は、女性は有酸素運動、男性は筋トレをメインにしていいただくと、相乗効果がでてきやすいと仰っていました。

 

 

 

 

運動体験メニュー

 

 

 

<体幹トレーニング:インナーマッスルを鍛え、お腹を温める>

 

 

胸式&腹式呼吸/お腹ほぐし/カールアップ/赤ちゃん腹筋/プランク

 

 

<筋トレ:下半身の大きい筋肉を鍛え、ホルモンバランスと血流をよくする>

 

 

スクワット/スロースクワット

 

 

<ストレッチ:首・背骨周りをほぐし、自律神経のバランスを整える>

 

 

首のストレッチ/背中のストレッチ/背骨のストレッチ

 

 

 

を、おしえていただきました。

 

 

 

運動実施のポイント

 

運動中は呼吸を止めない。(動くときに息を吐く)

 

◎ピラティスは週に3~4回、筋トレは週2回、ストレッチはできれば毎日行いましょう

 

◎全部やる必要はないので、自分の体力に合わせてできるところから始めてみるとよいでしょう

 

◎男性は筋トレから、女性はストレッチから始めるとよいでしょう

 

◎加えてウォーキングさらにが効果的です!

1日30~40分を週に3~4回を目標に行ってみましょう!(15~20分を2回に分けてもOKですよ)

 

 

 

川谷先生の素晴らしいトレーニングの後は、みなさまお楽しみの、『特製妊活弁当』をいただきました。

 

 

 

 

 

フードコーディネーター田野島万由子先生

 

 

こちらは、野菜ソムリエプロでフードコーディネーターの田野島万由子先生にご用意していただきました。

 

 

みなさんは、妊娠しやすくなる食べ物があるって知っていますか?

 

 

排卵しやすくなる食べ物って知っていますか?

 

 

ということで、食材選びのポイントなどをおしえていただきました。

 

 

①旬の食材を使う

 

 

 

②白糖、サラダ油はNG

 

 

 

③脂質の多いものは控えましょう

 

 

 

④大豆たんぱく質を活用しましょう

 

 

 

⑤白米より玄米や雑穀、パン(小麦)よりごはん(米)を食べましょう

 

 

 

⑥添加物を控えましょう

 

 

 

 

 

⑦がんばりすぎない事も大切です

 

 

 

 

 

 

 

気になるお弁当の中身をご紹介いたします!

 

 

 

田野島万由子先生特製妊活弁当

 

 

特製妊活弁当のお品書き  

 

 

 

白菜と油揚げの豆乳スープ

 

 

鶏むね肉のピカタ  カレー風味

 

 

大根と柿のなます

 

 

人参とセロリのきんぴら

 

 

カミアカリ玄米の菜飯

 

 

 

彩りも栄養のバランスも味も絶品の素晴らしいお弁当でした。

 

 

 

今回もご参加された皆様が満足されてとてもよかったです。

 

 

 

次回は2020年2月1日(土)13時30分から15時30分まで坂東市で子宝セミナーが参加されます。

 

 

不妊でお悩みの方が、少しでも気持ちが楽になるようなセミナーを開催いたします。

 

 

セミナーへのお申込、漢方相談スガヌマ薬局での個別相談をお待ちしています。

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

玄米と秋のデトックスの健康セミナーを開催しました。  

 

 

 

 

最初に漢方薬剤師菅沼真一郎が挨拶しました。

 

 

 

 

玄米と秋のデトックス

 

 

 

2019年11月12日火曜日13時30分から15時まで坂東市市街地活性化センターで漢方相談スガヌマ薬局健康セミナーを開催しました。

 

 

野菜ソムリエプロの田野島万由子先生

 

 

今回の健康セミナーは、

 

 

 

野菜ソムリエプロでフードコーディネーターの田野島万由子先生に、玄米と秋野菜でデトックスについてお話いただきました。

 

 

 

その後には、美味しい玄米ご飯の試食会もあり、会場は和やかな雰囲気でした。

 

 

 

 

 

玄米の魅力

 

 

 

 

 

稲を脱穀して、玄米ができます。

 

 

 

玄米を精米すると、最後に、ぴかぴかのお米ができます。これが白米です。

 

 

 

玄米専用米カミアカリは、普通のお米より胚の部分が3~4倍大きくミネラルたっぷり!!

 

 

玄米は白米に比べて不溶性食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6、葉酸などなど、豊富な栄養が詰まっている食べ物だそうです。

 

 

 

これは食べなきゃ勿体ない!凄いですね。

 

 

 

デトックスについても興味深いお話がありました。

 

 

 

1ヶ月前の食事が今の体調にでるそうですよ。

 

 

 

 

季節の変わり目の起こりやすいからだの不調は、特に女性が多いとの事です。

 

 

 

 

何となくわかるような気がしました。。。

 

 

 

 

 

 

自律神経の乱れについて

 

 

 

 

 

交感神経は日中の神経。副交感神経はねるときの、リラックスの神経のことです。

 

 

 

 

副交感神経が働いてるときに腸がうごきます。

 

 

 

 

 

自律神経の乱れている方の約9割りが首がこる症状をうったえるそうです。

 

 

 

 

 

 

朝は、日光を浴びたりして、ちゃんとスイッチをいれてあげましょう。

 

 

 

 

 

女性はたんぱく質をしっかりとりましょう。

 

 

 

 

 

必須アミノ酸トリプトファンが、赤身の魚 マグロとかつおに多く含まれているそうです。

 

 

 

 

 

寝る前にホットミルクをのむのもトリプトファンが豊富に含まれているのでオススメと仰っていました。

 

 

 

 

 

プラス、ビタミンB6もしっかり摂取しましょう。マグロとかつおなど赤身の魚、さつまいも、パプリカ等々です。

 

 

 

 

マグネシウムは玄米に入ってます。

 

 

 

 

 

一食でも玄米を取り入れると豊富な栄養を身体に取り入れることができますね。

 

 

 

 

 

 

デトックスとは?解毒のことです。

 

 

 

 

 

 

特に外食や市販の食べ物により、食品添加物や保存料や着色料など知らず知らずのうちに体内に摂取されているそうです。

 

 

 

 

 

そのためデトックス=解毒をしましょう

 

 

 

 

 

腸内環境をよくして、秋の食材で解毒しましょう。

 

 

 

 

 

今、話題の腸活。

 

 

 

 

 

何でそんなに腸が話題になってると思います?

 

 

 

 

 

腸と脳は一対になっていることが最近の研究でわかったそうです。

 

 

 

 

 

多くの免疫の機能は腸が作ってる。

 

 

 

 

 

腸活は健康、美容にも良いとわかってきたそうです。

 

 

 

 

 

環境の悪い人は、便秘、いらいら、顔色が悪い、下痢、おならが臭い、おなかが張ってる、吹き出物、感染症にかかりやすい、風邪にかかるとなかなか治らない、アトピー、痩せにくいなど身体の不調を起こすことが多いとの事です。

 

 

 

 

 

腸内環境のいい人は、美肌、快便、感染症の予防、免疫が強い、血色が良い、元気がいい

 

 

 

 

 

カミアカリの試食

 

 

 

 

 

日本で4名しか作っていない大変希少なお米です。

 

 

玄米専用米カミアカリのチャーハンは、ミネラルたっぷり!!

 

 

 

カミアカリ玄米を使ってチャーハンを作っていただきました。

 

 

田野島万由子先生のチャーハンつくりは、さすがプロの手捌き

 

 

 

油は、米油を使いました。米油は酸化しにくく、胃もたれしない良質の油で、田野島先生オススメの油です。

 

 

 

 

 

チャーハンの具材は、卵とコンビーフを使いました。

 

 

 

コンビーフも赤身の牛肉なので最近また見直されています。

 

 

 

ご参加された皆様の感想はこちらをクリック

 

 

 

 

参加された皆様が楽しんでくれたようで本当によかったです。

 

 

 

次回の漢方相談スガヌマ薬局の健康セミナーは、12月10日(火)におこないます。

 

 

詳しくはこちらをクリックください。

 

 

多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

(体験談)子宝相談で2ヶ月で授かりました!ダイエットつくば市32歳

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

75kgと体重が重く(BMI 28.6)不妊症でお悩みだったつくば市の32歳のお客様が、漢方薬を飲んでご懐妊され、無事にご出産されました。

 

このたび体験談をいただいたので、ご報告いたします。

 

おめでとうございます。大変うれしいです。

 

 

 

 

 

 

タイトル

 

子宝相談で2ヶ月で授かりました!

 

 

 

 

 

漢方体験前

 

 

結婚してから子供の事を考えるようになり、中々授からず、姉がこちらの漢方を

 

飲んでいる事を聞いていたので相談させていただきました。

 

2ヶ月後に早くて効果があるとの事でした。

 

本当にその通りで驚きました!

 

個人差はあると思いますが漢方は代謝を上げてくれるので体の不調がある方や、

 

少しでも不安な事や悩みがある方にはオススメだと思います。

 

 

 

 

 

漢方体験後

 

 

私は、安定期の頃まで漢方を飲んでいました!

 

流産予防をその頃には飲んでいました。

 

つわりがあって毎日は飲めませんでしたが

 

できるだけ飲める日には飲むという気持ちでいました。

 

順調に育ってくれて10月、無事に出産する事が出来ました。

 

今は、毎日授乳やおむつ替えをくり返す日々で忙しいです。

 

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

こちらのお客様は、生理痛があり、BMIが28.6と高く、体重が重いことを気にされていました。

 

おりものの量も、排卵時のおりものだけでなく、いつも多くでていました。

 

体重が重いことや、おりものが出すぎていることは妊娠しにくい要因になります。

 

 

 

漢方相談スガヌマ薬局では

 

 

1. 生理痛の改善

 

2. 体重が重いことによる着床しにくことの改善

 

3. おりものが出過ぎることによる着床しにくいことの改善

 

 

を重点に漢方薬をお渡ししました。

 

 

 

 

生理痛は、漢方薬をご服用して最初の生理のときに、とても軽くなったとおっしゃっていました。

 

 

妊娠しやすいBMIは20~25といわれています。

 

スガヌマ薬局では、体重90kg(BMI 33.1)の方も妊娠しています。

 

体重が重くても妊娠しやすくなる漢方薬をお渡ししました。

 

 

日常的におりものが出過ぎると、痰湿(カラダの中にある余分な水)で着床がよくないことから、痰湿を取りのぞく漢方薬もお渡ししまいた。

 

 

 

妊娠しやすいカラダつくりとして、

 

 

ダイエットのための体幹トレーニング

 

痰湿をとりのぞくため、甘いものや水分の取りすぎを注意して、

 

余分な水をぬく半身浴をおすすめしました。

 

 

 

健康法もがんばっていただいてのご懐妊・ご出産、大変うれしく思います。

 

これからも日々勉強して、子宝漢方相談がんばります。

 

 

 

* 詳しい漢方薬や健康法については、漢方相談スガヌマ薬局薬剤師までお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

No.1849

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 

ページの先頭へ戻る