ブログ

健康寿命を延ばす生活習慣のセミナーを行いました

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

令和元年5月14日(火)坂東市市街地活性化センター2Fで漢方相談スガヌマ薬局主催「健康寿命を延ばす生活習慣!」の健康セミナーを開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

講師は「湧永製薬(株)学術・営業薬制部 三浦智博先生」です。講演だけでなく、健康体操もあってとてもたのしくすごせたことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

参加された皆様からとてもよかった~というお声をいただきました。

 

 

 

 

セミナー参加者様のアンケートはこちら

 

 

 

講演内容

 

 

健康寿命について

 

 

 

日本人の平均寿命は右肩上がりになってきていますが

 

平均寿命と健康寿命に格差があります。

 

 

 

 

 

 

住んでいる地域や家族の人数などによって、健康格差がおこっていますが

茨城県の健康寿命は全国平均上位にきています。

 

 

 

 

また平均寿命には、都道府県で格差が生じてきているのも事実です。

 

 

 

 

女性は乳製品の取りすぎに注意。

体が冷えるので、温めて摂るようにしましょう。

 

 

 

 

男性は牛乳乳製品を摂取しましょう。

 

 

 

 

 

ストレスをためない事も重要

 

 

 

 

 

 

日本人の主な死因は癌で亡くなる方、

血管がかかわる疾患で亡くなる方が多いです。

 

 

 

では、日本人に多い疾患は何だと思いますか?

 

 

 

 

やはり圧倒的に多いのは高血圧・歯の疾患・糖尿病

 

 

 

このような疾患に注意しなければいけないのです。

 

 

 

 

 

人の血管を一本にまとめると,地球二週半にもなるのをご存じですか?

 

 

 

 

体の隅々に血管が通っていますが、加齢や生活習慣によって

スムーズに血液が通りにくくなります。

 

 

 

 

本態性高血圧症

 

 

 

日本人の9割はこのタイプで、原因となる生活習慣の改善が大切です。

 

 

 

原因は、食後の血糖値の急上昇・急降下が

血管を傷つけることにより起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康寿命には運動と歩数に関係があるのもご存じですか?

 

 

 

 

1日に4000歩+5分以上の運動している方には、

つ病や介護が必要な方はほとんどみられない。

 

 

 

 

 

 

また、7000歩+15分の運動の方は、

癌や動脈硬化などの症状がみられない。

 

 

 

 

 

 

運動ってこんなにも凄いことだったのですね~。

 

 

 

 

 

ポイントは、ただ歩くのでは無く、歩く+ちょっときつめの運動をすること

 

 

 

 

 

食後高血糖を防ぐには野菜を先に食べ、

便秘防止の為に食物繊維を多く摂ることも重要です。

 

 

目安は1日350gの野菜を摂取すること

 

 

 

日本では、長野県だけが達成できています。

 

茨城県はなんと、男性290gで18位、女性274・2gで20位

 

 

 

高齢者ほど便秘です。食事などの野菜だけで食物繊維をとるのが難しいのであれば、青汁などや滋養強壮剤などで補いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方相談スガヌマ薬局では、食物繊維などの野菜不足の方にはグリーン末をおススメしています。

 

 

 

 

 

 

 

また、高血圧に対する熟成にんにく抽出液の効果は、血糖値を下げる効果などがあります。こちらはレオピンをおススメしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度自分自身の食生活などを見直して、生活習慣病に気をつけながら、

より良い生活を一緒に心がけてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る