ブログ

『これこそが健康長寿のカギ!漢方と中医学の知恵』

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

令和2年1月21日㈫13時30分から15時まで坂東市中心街地活性化センター2階会議室で、

 

 

 

『これこそが健康長寿のカギ!漢方と中医学の知恵』漢方相談スガヌマ薬局健康セミナーを行いました。

 

 

 

 

参加された皆様のご感想はこちら

 

 

 

 

 

 

 

終始和やかな雰囲気でセミナーに参加された方々からも、たくさん質問もあり、大変有意義な時間を過ごせたかと思います。

 

 

今回の講師の先生は、中医学講師*婦人科、不妊症、内科、小児科*中国山西省出身 北京中医学医薬大学卒業 1994年に来日され、2005年東京医科歯科大学にて博士号を取得されている、王 愛延(おう あいえん)先生にお話いただきました。

 

 

 

王 愛延(おう あいえん)先生

 

 

 

 

今回の健康セミナーの内容をご紹介いたします。

 

 

 

「最近物忘れが激しい」「足腰がだるい」「周りでガンの話も多く不安」などなど、それはもしかすると重大な病気のサインかもしれません。

 

 

年齢を重ねても楽しく健康に毎日過ごすための秘訣を教えいただきました。

 

 

冠元顆粒+シベリア霊芝で健康寿命を伸ばそう!ということを熱心にお話されていました。

 

 

 

 

皆さまはご存知でしょうか?

 

 

・平均寿命と健康寿命の違い

 

 

 

日本人の平均寿命は2018年のデータによると

 

男性の平均寿命81.25才

 

女性の平均寿命87.24才

 

 

本人が一番平均寿命が長いことが分かりますね。

 

 

平均寿命とは自立した日常生活が送れる方、病気で寝たきりの方、認知症の方々など全ての方々の生存期間のことです。

 

 

本では人口の実に28%が高齢者が占めているのが現状です。

 

 

それでは、健康寿命とはどういう事なのでしょうか?

 

 

健康寿命とは、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分自身の心身で生命維持し、自立した生存期間のことです。

 

 

 

高齢者の方々に元気で長生きしていただくためにも、「健康寿命」が大事ですね。

 

 

 

 

・加齢と老化の違い

 

 

 

加齢:自然のもので、赤ちゃんから始まります。

 

 

1年に1才ずつ年を重ねていきますね。加齢はみんな平等です

 

 

老化:大人になってから、加齢に伴って生理機能の低下することを老化といいます。加齢とは違ってみんな平等ではありません。

 

 

 

 

 

・瘀血と活血

 

 

鏡を見ながらチェックしてみてください。

 

 

瘀血(おけつ)のチェックリスト

 

痛み

 

しみ しわ 瘀斑

 

塊 腫瘍

 

舌の色が紫色、於斑がある

 

 

あてはまるものはありますか?

 

 

あてはまるものがあったら、それは「瘀血」ですよ。

 

 

 

 

冠元顆粒の中の成分の「丹参(シソ科タンジンの根)」は、瘀血が改善や、加齢による酸化ストレスや、脳機能改善剤として脳の血流改善し、認知症などにも効果があるという研究結果があるそうです。

 

 

 

シベリア霊芝には免疫を調整する働きがあるそうです。

 

 

 

冠元顆粒+シベリア霊芝で老化を遅らせることができるかもしれませんね!

 

 

 

認知症や漢方のことなど、なにかわからないことがあれば漢方相談スガヌマ薬局の薬剤師にお気軽にお尋ねください。

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

全国実力薬局100選受賞 漢方相談スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る