ブログ

排卵誘発法の問題点①

  

ホルモン剤、排卵誘発剤の本体は?

 

 

①作用が強く、短時間で効果を発揮させるため、体に対する刺激が大きい。

身体に不良反応が起こりやすい。

(OHSS、浮腫み、発熱、腹痛、吐き気など)

薬剤の影響は数日~数ヶ月までに残り、次の治療を妨げる場合もある。

 

 

②中医学的な観点から見れば、これらの薬剤は部分的に、一時的に効果を得られる一方、

「温燥陽盛、虚陽浮上、耗気傷陰、瘀生痰阻」

を生じやすいため、カラダ本来の力と自然なリズムが抑えられる可能性がある。

 

不妊漢方実力薬局100選受賞 スガヌマ薬局

不妊漢方実力薬局100選受賞 スガヌマ薬局

  

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443 

 漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 


ページの先頭へ戻る