ブログ

今年のインフルエンザ

 

パンダ

 

今年の風邪やインフルエンザの流行入りは暖冬の影響で 例年に比べて遅くなっています。気温の急激な変化に伴い、 患者数が増えています。

 

先週末に報道されたインフルエンザの流行状況では、2月 14日までの1週間に全国の医療機関を受診した患者は 推計で205万人に上り、今シーズン初めて200万人を超 えたとのこと。 専門家は「流行はピークを迎えた可能性があるが、今後も 患者の多い状態が続くので対策を徹底してほしい」と呼びか けています。

 

漢方には暖冬により『温病』(うんびょう)がはやるといわれています。 『温病条弁』には、 「冬温者,冬應寒而反温,陽不潜蔵,民病温也。」という 言葉があります。 これは、暖冬には温病がつきものであり、今年流行が遅く なる分、春まで続く可能性があることを示唆しているものです。

 

うがい、手洗い、マスクなどを徹底することはもちろんですが、 予防の段階から、抵抗力をあげて、インフルエンザにかからないために、漢方を利用するといいです。

 

うがい!手洗い!板藍茶(ばんらんちゃ)!

うがい!手洗い!板藍茶(ばんらんちゃ)!

 

最初にウイルスを体にいれないことが大切です。「板藍根」(ばんらんこん)を予防にのんでいるといいです。お茶タイプや飴タイプがございます。病弱あるいは疲労感が強い方 へは「衛益顆粒」(えいえきかりゅう)による衛気(えいき:体に免疫のバリアーをはる)作りもお勧めします。 ご高齢者やお子さんには、これ以外に「シベリア霊芝」や「キョーレオピンNEO」「レオピンファイブNEO」を服用するとさらに免疫力が高まります。

 

また、免疫力を高めるために、体を温める努力が必要です。 冷えから遠ざける「婦宝当帰膠」(ふほうとうきこう)「レオピンロイヤル」もお使いいただけます。 生活習慣上、よくお湯を飲む、夜更かしをしない、過労を 避けるなどの工夫も必要です。

2015年全国漢方相談部門実力薬局100選受賞 スガヌマ薬局 

2015年全国漢方相談部門実力薬局100選受賞 スガヌマ薬局

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com


ページの先頭へ戻る