ブログ

(体験談)妊娠することができました。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)筑西市32歳

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

このたび、不妊治療中で漢方相談スガヌマ薬局で漢方薬を服用されて、

 

ご懐妊・ご出産された筑西市の32歳の女性のお客様から、体験談をいただきました。

 

大変うれしく思います。おめでとうございます。

 

 

 

 


 

 

 

 

タイトル

 

妊娠することができました。

 

 

 

 

漢方体験前

 

なかなか子宝に恵まれず、3年程病院へ通っていました。

 

そこで「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診断され、薬を飲み、

 

排卵させタイミング法を行ってきました。

 

薬が効きにくくなると、自己注射をして排卵させる治療を行ってきました。

 

漢方の情報を知り、通院しながら、

 

体質改善をしていきたいと思い飲み始めました。

 

 

 

 

漢方体験後

 

5ヶ月程、処方して頂いた漢方を飲み、

 

体が冷えないよう意識して取り組んだことで、

 

妊娠することができました。

 

今、7ヶ月になり、順調です。

 

漢方の処方だけでなく、

 

食生活についてのアドバイスも親身になって頂き、

 

見直しながら体質改善していくことができました。  

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

こんにちは。こちらのお客様は「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」が、あって排卵しにくい状態でした。

 

プロラクチンも高めで、テルロンやパーロデル、カバサールなど病院の薬をのむほどではないけれど、潜在性高プロラクチン血症かもといわれていました。

 

冷え性で手足がつめたいということもおっしゃっていました。

 

 

漢方相談スガヌマ薬局では、

 

1. 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善

 

2. 潜在性高プロラクチン血症の改善

 

3 冷え性の改善

 

の3つの改善をメインに漢方薬をお渡ししました。

 

 

 

生活の改善のポイントは

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)のための食事として脂を減らすこと、

 

潜在性高プロラクチン血症の改善のために、ストレスをへらして、リラックスを心がけること、

 

冷え性の改善のために、温かいものを中心に食事をしたり、半身浴をすすめました。

 

 

体質改善のための生活もおこなってくださっての、ご懐妊・ご出産、本当におめでとうございます。

 

お客様の体験談は、とても励みになって、私たちも元気になります。

 

これからも不妊症で悩むお客様に寄り添って、がんばります。

 

 

 

 

                    No.1832

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る