ブログ

子宮内膜症、高プロラクチン血症、黄体機能不全のAMH1.2坂東市31歳女性

 

 

 

こんにちは。スガヌマ薬局で漢方薬をご服用の31歳のお客様が無事に妊娠され安定期に入りました。体験談を書いてくださったので皆様にご紹介したいと思います。

 

年齢が31歳と若かったのですが卵巣年齢の基準とされるAMH(抗ミュラーホルモン)1.2mg/mlと低く心配されていました。

 

子宮内膜症があり、高プロラクチン血症、黄体機能不全とのことで病院の不妊治療をうけられていらっしゃいました。いろいろなマイナス要因を乗り越えて無事に妊娠され安定期に本当によかったと思います。

 

無事に妊娠され安定期に入られ本当にうれしく思います。おめでとうございます。しっかり赤ちゃんを育てるために漢方は胎盤に栄養をあたえる漢方薬と早産予防の漢方薬をつづけてください。

 

冷えに注意することが大切です。体温以下の食べ物、飲み物はさけ、なるべく温かいものを召し上がってください。無事出産まで一緒にがんばりましょう。

 

 

体験談③P1050095(2)

 

 

漢方服用前

1人目は自然妊娠で授かりましたが、2人目がなかなか授からず、病院で不妊治療を開始しました。その後もなかなか授からずようやく妊娠するも、心拍確認後の流産。たまたま子宝相談の広告を目にして、すがる思いもありすぐに電話してみました。

 

 

漢方服用後

 

元々ホルモンバランスも悪く、夜も靴下を履かないと寝むれないほどのかなりの冷え症でしたが、不妊治療と供用しながら漢方を飲みはじめ、それから基礎体温も徐々に上昇し、元々は無排卵だったのにも関わらず、自然に排卵もおきる様になって来ました。漢方を飲み始めて約1年、体質改善を実感し始めたころ妊娠発覚をするも、また心拍確認後の初期流産。その後も漢方を続け、さらに1年後、再度妊娠。現在6ヶ月になり、胎動も感じる事が出来る様になりました。気付けば第1子出産後より、8年以上の月日が経ってしまいました。出産までまだまだ心配も絶えませんが、親身になって相談にのってくれる薬剤師さんが居たからこそ、諦めずにここまで来れたのだと思います。

 

 

 

全国実力薬局子宝部門受賞

全国実力薬局子宝部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬のご相談ならスガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 


ページの先頭へ戻る