ブログ

健康雑誌ことぶきに漢方相談薬局として紹介されました

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

ことぶきに見開き1ページにわたって紹介されました。

 

私のインタビュー記事も掲載されています。

 

とてもうれしいです。

 

これからも健康漢方相談がんばります。

 

 

 

 

 

健康づくりのために半身浴や笑うこともお勧め

 

 健康を保つには、「暮らしの中での予防が肝心」と呼びかけている、スガヌマ薬局。

 

 「皮膚トラブルで相談にくる方も多く、みなさん、食生活の見直しが必要ですね。野菜を中心とした、具だくさんのスープをお勧めしています」と菅沼真一郎先生。

 

 さらに、健康づくりのためには、半身浴や笑うことも有効とアドバイスを。

 

健康漢方相談薬局”として、地域の方々の悩みを聴き続けています。

 

 

 

 

 

 

子どものころから両親に学んだ養生法継承

 

 家族連れから高齢者まで、幅広い客層が訪れる、スガヌマ薬局。

 

 それぞれの疾患への対応はもちろんですが、予防のために養生法のアドバイスにも注力しています。

 

 「子どものころ、両親から養生について学びました。

 

 やはり、そうしたものを次の世代にも受け継いでいき、病気にならないからだづくりが大切だと分っていただきたいですね」

 

 そう、菅沼真一郎先生はいつも願いながら店頭に立ち、日々、相談に応じています。

 

 最近は、子宝や、アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルで悩む方もたくさん訪れるそう。

 

「食生活が悪いため、皮膚に疾患があらわれるのです。

 

 肉や魚をとり過ぎないようにして、パンよりもごはんをお勧めしています。

 

 野菜を中心とした具だくさんのスープがいいでしょう」

 

 シニアでも皮膚疾患で困っている方が多く、お酒をのみ過ぎない、冷たいものはとらない、味つけは薄くなど、できることから実践するように、アドバイスしています。

 

 

“健康漢方相談薬局”としてこれからも地域に貢献を

 

 これから冬に向かい、体調管理が難しくなる時季です。

 

 そこで、菅沼先生は、半身浴を勧めています。

 

 「お湯の温度は好みに合わせ、多少は熱くてもいいので、のぼせない程度に。20分くらいは入っていられるようにしてください。血液がからだ中を巡り、新陳代謝もよくなっていきます。冷え症やむくみ予防にも、半身浴はいいですね」

 

 また、菅沼先生は、健康増進のために笑うことを実践しています。

 

「よくテレビでお笑い番組を観ますし、大阪へ行ったときには、ライブにも足を運びますよ(笑)。笑うことは健康に寄与するという研究データも発表されていますので、ぜひ、1日1回は意識して笑うようにしてください」

 

 今後も、“健康漢方相談薬局”として、地域の健康づくりに貢献していきたいという菅沼先生。

 

 

 相談スペースの充実など、店内の改造も視野に入れています。

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る