ブログ

月別アーカイブ: 2024年4月

4月フラワープレゼントセール開催

 

 

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

4月の

 

 

フラワープレゼントセール

 

 

24日(水)~28日(日)

 

 

5日間開催!!

 

 

 

今月の花鉢

 

 

 

 

 

Members who shop will receive 2 pots of “petunia” ♡

お買い物された会員様に「ペチュニア」2鉢をプレゼント♡

 

 

 

 

です。

 

 

 

セール期間中に お買い物してくださった

 

 

 

会員様に 2鉢プレゼントいたします。

 

 

 

更に!!

 

 

ダブルプレゼント!!

 

 

 

当日、5000円(税込み)以上 お買い物で

 

 

1杯に1000億個の乳酸菌!入り

 

 

 

和歌山県有田市

 

 

伊藤農園日々みかん酢、

 

 

しらぬい酢、はっさく酢

 

 

の中から1つプレゼントいたします♡

 

 

 

 

 

Arita City, Wakayama Prefecture ``Ito Farm Mandarin Orange, Shiranui, Hassaku Vinegar'' as a gift ♡

和歌山県有田市「伊藤農園のみかん、しらぬい、はっさく酢」1つプレゼント♡

 

 

 

 

発送の場合もお酢はプレゼント

 

 

お楽しみに

 

 

 

ご来店が難しい場合は、

 

 

 

オンライン相談も受け付けています。

 

 

*オンライン相談はこちら

 

 

 

まだ会員でないというお客様も

 

 

 

当日ご登録された上で

 

 

 

お買い物いただければ

 

 

 

プレゼントいたします!!

 

 

 

何か分からない事がございましたら

 

 

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

明治4年11月30日創業

茨城で150年愛される

不妊・皮膚病・漢方専門薬局

 

 

 

漢方全国実力薬局100選受賞・漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

漢方相談スガヌマ薬局と近隣医療機関のゴールデンウィークの休み

 

 

 

 

●〇漢方相談スガヌマ薬局〇●

 

 

 

※ゴールデンウィークに伴う

発送のお知らせ

 

 

 

□■発送■□

 

 

 

営業日の午後1時までに

ご注文いただければ、

即日発送いたします。

 

 

 

以下の休みをご参照ください。

 

 

 

 

 

Chinese medicine consultation Suganuma Pharmacy Golden Week holidays and nearby medical institutions holidays

漢方相談スガヌマ薬局ゴールデンウィークの休みと近隣医療機関の休み

 

 

 

 

 

 

5月の日曜営業日

 

5/26(日)

 

*営業時間10:00~19:00


*処方箋も受け付けています。

 

 

 

◇ゴールデンウィークの休み◇

 

4/28(日)は営業しております。

*営業時間10:00~19:00

 

*処方箋も受け付けています。

 

 

 

4/29(月)

 

 

 

5/3(金)

 

 

 

4(土)

 

 

 

5(日)

 

 

 

6(月)

 

 

 

定休日

 

 

 

12(日)

 

 

 

19(日) はお休みです。

 

 

 

 

ラインやメール、お電話でのお問い合わせへの対応や発送も、ゴールデンウィーク休暇中はお休みさせていただきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

休み中にいただいたお問い合わせは、休み明けに対応させていただきます。

 

 

 

 


 

 

 

◇近隣医療機関の休み◇

 

 

 

 

 

吉原内科

電話0297-35-0008

 

 

 

4/28(日)

 

 

 

29(月)

 

 

 

5/3(金)

 

 

 

4(土)

 

 

 

5(日)

 

 

 

6(月)

 

 

 

存身堂医院

電話0297-35-1011  

 

 

 

4/28(日)

 

 

 

29(月)

 

 

 

5/3(金)  

 

 

 

4(土)  

 

 

 

5(日)  

 

 

 

6(月)

 

 

 

木根淵胃腸科病院

電話0297-35-3131

 

 

 

4/28(日)

 

 

 

29(月)

 

 

 

5/3(金)  

 

 

 

4(土)  

 

 

 

5(日)  

 

 

 

6(月)

 

 

  

高橋医院

電話0297-35-1026

 

 

 

4/28(日)

 

 

 

29(月)

 

 

 

5/3(金)

 

 

 

4(土)

 

 

 

5(日)

 

 

 

6(月)

 

 

 

天王前クリニック

電話0297-38-1711

 

 

 

4/28 (日)  

 

 

 

29(月)

 

 

 

30(火)

 

 

 

5/1(水)

 

 

 

 2(木)

 

 

 

3(金)

 

 

 

4(土)  

 

 

 

5(日)  

 

 

 

6(月)

 

 

 

いのもと整形外科

電話0297-47-5200

 

 

 

4/28(日)  

 

 

 

29(月)

 

 

 

5/3(金)

 

 

 

4(土)

 

 

 

5(日)  

 

 

 

6(月)  

 

 

 

7(火)  

 

 

 

8(水)

 

 

 

ホスピタル坂東

電話0297-44-2000

 

 

 

4/28(日)

 

 

 

5/3(金)

 

 

 

4(土)

 

 

 

5(日)

 

 

 

6(月)

 

 

 

 

*休日診療当番病(医)院*
※診療時間

午前9時~午後5時

 

 

 

4/29(月)昭和の日

内科

存身堂医院(岩井)

電話0297-35-1011

 

外科

存身堂医院(岩井)

電話0297-35-1011

 

 

 

5/3(金)憲法記念日

 

内科

ホスピタル坂東(沓掛)

電話0297-44-2000

 

外科

ホスピタル坂東(沓掛)

電話0297-44-2000

 

 

 

5/4(土)みどりの日

内科

木根淵外科胃腸科病院(岩井)

電話0297-35-3131

 

外科

木根淵外科胃腸科病院(岩井)

電話0297-35-3131

 

 

 

5/5(日)こどもの日

内科

ホスピタル坂東(沓掛)

電話0297-44-2000

 

外科

ホスピタル坂東(沓掛)

電話0297-44-2000

 

 

 

 


 

 

※お手元の処方薬の数をご確認のうえ

お早目の診察を受けられますよう

お願いします。

 

 

 

 

明治4年11月30日創業

茨城で150年愛される

不妊・皮膚病・漢方専門薬局

漢方全国実力薬局100選受賞・漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

he latest developments in infertility treatment and Chinese medicine at the Hanabusa Women's Clinic: The flow of treatment that respects nature

不妊治療の最新進展と漢方:自然を大切にする治療の流れと妊活漢方

 

 

 

 

不妊治療の世界では、常に進歩が求められています。

 

 

 

英ウィメンズクリニックの院長である苔口昭次先生の講演から、ART治療の最新の進展について学びました。

 

 

 

*英ウィメンズクリニック見学の様子はこちらリンク

 

 

 

特に注目すべきは、自然を大切にする漢方の考え方に沿った不妊治療の流れが今主流になっていることです。

 

 

 

主なポイント

 

 

 

1.不妊治療の進歩:ART治療は年々成功率が向上し、新技術の導入により、着床の窓、慢性子宮内膜炎、子宮内フローラ検査が可能になりました。

 

 

 

2.兵庫県のART治療施設:体外受精/顕微授精施設数30、胚・卵子の凍結保存施設数30、男性不妊治療に特化した施設数8。

 

 

 

3.保険適用による不妊治療の支援:2022年4月、不妊治療への保険適用を拡大。

 

 

 

4.妊娠前ケア(Preconceptional Care):妊娠前からの健康状態の改善を目指すケア。

 

 

 

5..栄養状態の現状:20代女性の約20%がBMI18.5以下、20代女性の平均エネルギー摂取量は1600kcalで、70代よりも少ない。

 

 

 

6.不妊専門施設の栄養/サプリメント情報:栄養外来、食へのこだわり、生殖栄養カウンセリングを提供する施設8/30、サプリメントの情報を公開している施設6/30。

 

 

 

7.漢方と妊娠前ケア:漢方では、妊娠前からの体質改善が非常に重要視されています。

 

 

 

8..凍結融解胚移植の進歩:凍結胚移植の出生児数は年々増加自然周期移植はホルモン補充周期移植に比べて癒着胎盤発生頻度が低い。

 

 

 

9.多嚢胞性卵胞の概要:生殖年齢女性の6-20%がPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)を有しています。

 

 

 

10.PGT-A(Preimplantation Genetic Testing for Aneuploidy):染色体異数性の検査により、妊娠に繋がらない移植や流産を避ける。

 

 

 

以上、苔口先生のご講演から学んだことの主なポイントです。

 

 

 

 

 

Hanabusa Women's Clinic Dr. Shoji Kokeguchi

英ウィメンズクリニック 苔口昭次先生

 

 

 

 

 

 

漢方的な視点から見ると、体質改善や栄養状態の改善、自然に従うことなどが重要視されています。

 

 

 

これらは、妊娠の成功率を高めるだけでなく、母体と胎児の健康に良い影響を与えます。

 

 

 

具体的な不妊治療の漢方薬やサプリメントの選択、妊活のための栄養や生活習慣の改善については、当漢方相談薬局の認定子宝カウンセラー漢方薬剤師にお尋ねください。

 

 

 

おひとりおひとりのお客様にあった最適な方法をご提案いたします。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

Shinichiro Suganuma asks a question at a Chinese medicine training session for pregnancy at the Hanabusa Women's Clinic.

英ウィメンズクリニックの妊活漢方研修会で質問をする菅沼真一郎

 

 

 

 

 

講演内容要旨

 

 

 

○保険適用後のART治療の現状 ・ART治療の進歩 ART治療は年々ごとに成功率が向上しています。

 

 

 

新技術の導入により、着床の窓、慢性子宮内膜炎、子宮内フローラ検査が可能になりました。

 

 

 

技術の進化は、着床率の向上や慢性子宮内膜炎のような問題の診断・治療に役立っています。

 

 

 

これらの進歩は、成功率の向上に影響を与え、不妊治療の分野における新たな希望をもたらしています。

 

 

 

・兵庫県のART治療施設 体外受精/顕微授精施設数:30 胚・卵子の凍結保存施設数:30 男性不妊治療に特化した施設数:8 施設数の増加は、地域社会における不妊治療サービスの利用可能性を示しています。

 

 

 

特に男性不妊に特化した施設は、まだまだ数がすくないものの、男性側の問題にも焦点を当てることの重要性が増していると思います。

 

 

 

・保険適用による不妊治療の支援 2022年4月、不妊治療への保険適用を拡大。

 

 

 

・タイミング療法、人工授精に年齢制限、回数制限なし。

 

 

 

体外受精法、顕微授精法、凍結胚移植法は以下の通り: 40歳未満の女性:最大6回まで 40歳以上43歳未満の女性:最大3回まで 保険適用の拡大は、不妊治療を必要とする多くのカップルにとって経済的な負担を軽減し、治療へのアクセスを改善しています。

 

 

 

これにより、治療を受けることが可能になる人々の範囲が広がり、ART治療の成功率の向上に寄与していると思います。

 

 

 

・Preconceptional Care(妊娠前ケア) 妊娠前からの健康状態の改善を目指すケア。

 

 

 

厚生労働省のデータによると、多くの女性がカロリー、蛋白質、鉄分、ビタミン不足に。

 

 

 

・栄養状態の現状 20代女性の約20%がBMI18.5以下。

 

 

 

20代女性の平均エネルギ摂取量は1600kcalで、70代よりも少ない。

 

 

 

葉酸の推定平均必要量に達していない女性が半数近く。

 

 

 

野菜摂取量の目標を達成しているのは15%程度。

 

 

 

・不妊専門医療機関の栄養、サプリメント情報 栄養外来、食へのこだわり、生殖栄養力カウンセリングを提供する施設:8/30 サプリメントの情報を公開している施設:6/30 不妊専門クリニックでも栄養、サプリメントのカウンセリングを行う施設が増えてきました。

 

 

 

漢方では、妊娠前からの体質改善が非常に重要視されています。

 

 

 

栄養状態の改善は、妊娠の成功率を高めるだけでなく、母体と胎児の健康にも寄与します。

 

 

 

不妊治療と併用して妊活によい漢方やサプリメントを使う重要性は増していると思います。

 

 

 

・凍結融解胚移植の進歩 凍結胚移植の出生児数は年々増加。

 

 

 

自然周期移植はホルモン補充周期移植に比べて癒着胎盤発生頻度が低い。

 

 

 

英ウィメンズクリニックでは自然排卵周期移植への移行が進んでいる。

 

 

 

 

 

Hanabusa Women's Clinic Entrance

英ウィメンズクリニックエントランス

 

 

 

 

 

自然周期移植の増加は、漢方の原則である「自然に従う」ことの重要性を反映しています。

 

 

 

これは、体への負担を減らし、自然な妊娠環境を促進することにつながります。

 

 

 

○多嚢胞性卵胞の概要 ・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群) 生殖年齢女性の6-20%がPCOSを有している。

 

 

 

PCOSは流産率の増加、妊娠高血圧症候群、子癇前症のリスクを高める。

 

 

 

PCOS女性は妊娠糖尿病になる可能性が3倍に。

 

 

 

・PCOSの診断基準(Rotterdam criteria) 無月経または稀発月経 高アンドロゲン血症 多嚢胞卵巣(PCOM)

 

 

 

・PCOSとAMHレベル PCOS女性は正常な卵巣を持つ女性と比較して血清AMH濃度が上昇。

 

 

 

AMHは卵巣予備能だけでなく、栄養状態とも関連。

 

 

 

PCOSの有病率と妊娠にともなう合併症のリスクは、不妊治療における重要な課題です。

 

 

 

治療法の改善とともに、PCOSの管理と治療に対する理解が必要です。

 

 

 

漢方では、PCOSのような症状は体内の「気」「血」「陰」「陽」の不調和と見なされます。

 

 

 

漢方はこれらのバランスを整えることでPCOSの不妊治療や妊娠中のケアがうまくいくように致します。

 

 

 

 

 

Dr. Shoki, MD (left), Dr. Shoji Kokeguchi, Hanabusa Women's Clinic (center), Shinichiro Suganuma (right)

医学博士ショウキ先生(左)英ウィメンズクリニック苔口昭次先生(中央)菅沼真一郎(右)

 

 

 

 

 

○PGT-A(Preimplantation Genetic Testing for Aneuploidy) 染色体異数性の検査により、妊娠に繋がらない移植や流産を避ける。

 

 

 

染色体異数性の検査は、妊娠成功率の向上と流産リスクの低減に寄与する重要なツールです。これにより、より健康な妊娠と出生が期待できます。

 

 

 

 

 

明治4年11月30日創業

茨城で150年愛される

不妊・皮膚病・漢方専門薬局

 

 

 

不妊漢方全国実力薬局100選受賞・漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

A step towards the future: Combining Chinese medicine and the latest medical care at Hanabusa Women's Clinic

英ウィメンズクリニックの最新不妊治療と漢方

 

 

こんにちは!

 

 

子宝に恵まれるためのお手伝いをする認定子宝カウンセラー漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

今回、英ウィメンズクリニックのクリニックの見学は3回目になります。

 

 

 

不妊治療の最前線に立つ英ウィメンズクリニックでの経験を通じて、漢方と最新の医療技術がどのように融合しているかをご紹介します。 

 

 

 

 

*1 1回目の見学会の様子 

 

 

https://www.suganuma-yakkyoku.com/3581.html 

 

 

 

*2 2回目の見学会の様子 

 

 

https://www.suganuma-yakkyoku.com/9988.html 

 

 

The building that houses Hanabusa Women's Clinic

英ウィメンズクリニックが入っているビルディング

 

 

 

不妊治療の新たな地平を切り開く、漢方の力 

 

 

 

私が目撃したのは、漢方の深い知恵と最新科学が結びついた、まさに革新的な治療法です。

 

 

 

英ウィメンズクリニックでは、漢方外来、男性不妊外来(英メンズクリニック)、そしてサプリメントセンターを通じて、患者様一人ひとりに合わせた多角的な治療を提供しています。 

 

 

 

 

 

 

*3 英ウィメンズクリニックの高度不妊治療 

 

 

SEET・二段階胚移植 IMSI(イムジー法)Piezo ICSI(ピエゾイクシー法) 

タイムラプス胚培養 ERA EMMA-ALICE 子宮内膜スクラッチ 子宮内フローラ検査 

 

 

 

 

 

 

Hanabusa Women's Clinic

英ウィメンズクリニックはビルの2階、4階、7階、8階を利用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

培養室の進化:漢方と科学の融合 

 

 

 

私が以前訪れた時から、培養室は大きく進化しました。

 

 

 

40人以上の専門の培養士と20人以上の医師が協力し、不妊に悩む多くのカップルに新しい希望をもたらしています。

 

 

 

東洋医学の伝統と現代科学の融合により、患者様に最適な治療オプションを提供しています。 以前見学した時にはなかったタイムラプス胚培養も導入されました。それによって熟練した培養士でなくても胚培養が順調にいくようになったそうです。

 

 

 

培養士さんがPGT-Aにおけるモザイク胚やAMHについて貴重な情報を教えてくださいました。詳しくは当漢方薬局の漢方薬剤師にお尋ねください。

 

 

Hanabusa Men's Clinic

英メンズクリニックはビルの4階にあります。

 

 

 

 

 

患者様を中心としたケアと透明性 

 

 

 

クリニックでは、患者様の心のケアを最優先に考え、治療に対する不安を和らげるための全面的なサポートを提供しています。

 

 

 

患者さんに丁寧に説明し、治療プロセスの透明性を保ち、患者様が治療に積極的に参加できる環境を整えています。 

 

 

 

 

Hanabusa Women's Clinic Culture Room Tour

英ウィメンズクリニックの培養室見学:とても緊張しました。

 

 

 

 

 

不妊治療の未来への貢献 

 

 

英ウィメンズクリニックの取り組みは、不妊治療の未来に大きな光を投げかけています。

 

 

 

私たちが見学した培養室の進歩は、技術的な向上だけでなく、患者様の夢を叶えるための情熱と努力の結晶です。 

 

 

 

Hanabusa Women's Clinic waiting lobby

英ウィメンズクリニックの待合ロビー

 

 

 

 

 

 

私は漢方薬剤師として、この貴重な経験から多くを学び、不妊で悩む患者様に最適な漢方と健康法を提供するために日々努力しています。

 

 

英ウィメンズクリニックの見学会は、不妊治療の未来に希望を与える価値ある体験でした。

 

 

この知識を漢方相談スガヌマ薬局で共有し、不妊で悩む方々に最適な漢方と健康法を提供します。どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。よろしくお願いいたします。 

 

 

Dr. Shoki, MD (left), Dr. Shoji Kokeguchi, Hanabusa Women's Clinic (center), Shinichiro Suganuma (right)

医学博士ショウキ先生(左)英ウィメンズクリニック苔口昭次先生(中央)菅沼真一郎(右)

不妊漢方全国実力薬局100選受賞・漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

pregnancy and sugar

糖尿病と妊娠:不妊治療における漢方の重要性

 

皆様、こんにちは。

 

 

 

認定子宝カウンセラーであり漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

この度は、神戸の英ウィメンズクリニックで開催された子宝カウンセラーの集いに参加し、糖尿病と妊娠の関連性について、同クリニックで漢方外来をされている医学博士ショウキ先生からの洞察に満ちた講演をお聴きしました。

 

 

 

 

 

〇●糖尿病が妊娠に与える影響

 

 

 

 

 

Pregnancy and Sugar

「妊娠と糖」医学博士ショウキ先生ご講演の様子①

 

 

 

 

 

糖尿病は、インスリンの作用不足や細胞のインスリンに対する抵抗性によって血糖値が上昇する疾患です。

 

 

 

この状態は排卵障害や不妊のリスクを増加させることが明らかにされています。

 

 

 

特に、肥満や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)との関連が深く、これらは排卵の問題をさらに悪化させる可能性があります。不妊治療の漢方での予防も大切です。

 

 

 

〇●食事と妊孕性(妊娠するための力)への影響

 

 

 

食事に含まれる糖質、食物繊維、加工糖の摂取は、妊孕性に重要な影響を及ぼします。

 

 

 

食後の血糖コントロールが妊娠に与える影響に関する研究(*1)は、特に日本人の痩せ型若年女性において、標準体重者と比較して耐糖能異常のリスクが高いことを示しています。

 

 

 

〇●体外受精とBMIの相関性

 

 

 

アメリカの研究(*2)によると、BMIが19.0kg/㎡~24.9kg/㎡の範囲にある女性が、体外受精において最も妊娠成功率が高いことが示されています。

 

 

 

極端なBMIは、妊娠の成果に否定的な影響を与えることが分かっています。

 

 

 

〇●食後高血糖と妊娠リスク

 

 

 

食後高血糖は、2型糖尿病の特徴であり、妊娠中の女性においても特に注意が必要です。食後のインスリン抵抗性の増加は血糖値を上昇させ、妊娠糖尿病のリスクを高めることが知られています。

 

 

 

 

 

Dr. Shoki, MD

医学博士ショウキ先生ご講演の様子②

 

 

 

 

 

〇●まとめ

 

 

 

糖尿病と妊娠の関連性、および不妊治療における血糖管理の重要性を強調するこれらの情報は、健康な妊娠をサポートするための食事や生活習慣の改善に対する理解を深めます。

 

 

漢方医学は、これらの知見を基に、不妊治療の新たな可能性を探求しています。

 

 

 

当薬局では、一人ひとりのお客様に合わせた最適な漢方薬と健康法をご提案しております。

 

 

 

病院で処方される薬とも安全に併用できる漢方薬を提供しています。

 

 

 

糖尿病や不妊に関するご相談は、いつでもお気軽にどうぞ。

 

 

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

参考文献

 

 

 

*1 Glycemic load, dietary fiber, and added sugar and fecundability in 2 preconception cohorts

 

 

 

 

*2 Extremities of body mass index and their association with pregnancy outcomes in women undergoing in vitro fertilization in the United States 

 

 

 

 

 

 

明治4年11月30日創業

茨城で150年愛される

不妊・皮膚病・漢方専門薬局

 

 

 

不妊漢方全国実力薬局100選受賞・漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

低AMH0.99でも妊娠成功!漢方薬で不妊を克服した茨城県八千代町36歳女性の妊活漢方体験談

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

八千代町36歳女性のお客様が妊活漢方を服用して、妊娠、無事に出産されました。

 

 

 

おめでとうございます。不妊で悩む方、不妊治療中の方にご報告致します。

 

 

 

 

 

(Infertility Chinese Medicine Experience) I was able to conceive and give birth safely even with low AMH. Yachiyo Town’s second infertile 36-year-old woman

(不妊漢方体験談)低AMHでも授かり無事出産できました。八千代町2人目不妊36歳女性

 

 

 

 

 

 

タイトル

 

 

 

低AMHでも授かり無事出産できました。

 

 

 

 

不妊漢方体験前

 

 

 

2人目をなかなか授からず不妊治療を始めるとAMHが0.99と低いことが分かりました。

 

 

 

そんな時スガヌマ薬局さんのHPを見つけすぐ連絡しました。

 

 

 

先生は不安がる私に「大丈夫、大丈夫」と言って下さりとても心が落ち着きました。

 

 

 

その言葉通り漢方を始めて半年後に授かる事ができました。

 

 

 

そして先日出産をし、今となりに愛しい娘がいます。

 

 

 

こんな時をむかえられ本当に感謝しています。

 

 

 

 

不妊漢方体験後

 

 

 

元々冷え性、頭痛、肩こりがありましたが、漢方服用してからはとても改善されました。

 

 

 

血流がよくなると体がすごく変わるんだなと実感しました。

 

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

 

こちらのお客様は、低AMH(0.99)を心配されて当漢方薬局に妊活漢方相談にお越しになりました。

 

 

 

血の流れが悪く、漢方でいうところの瘀血(おけつ)がありました。血の流れが悪いことは妊娠しにく要因になります。

 

 

 

冷え症もあって、寒がりでした。

 

 

 

漢方は、

 

 

 

1低AMH

 

 

2瘀血(おけつ)

 

 

3冷え性

 

 

 

の3点を中心に不妊のための漢方を処方致しました。

 

 

 

漢方を服用して、6カ月で妊娠されました。流産経験がございましたので、妊娠後も流産予防の漢方薬を出産までご服用いただきました。

 

 

 

無事に出産されて本当に嬉しいです。当薬局はAMHが低い方も多数妊娠されています。(リンク)

 

 

 

低AMHの方もお気軽のご相談ください。最適な不妊のための漢方と健康法をご提案いたします。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

明治4年11月30日創業

茨城で150年愛される

不妊・皮膚病・漢方専門薬局

 

 

 

 

 

Suganuma Pharmacy, one of the 100 best pharmacies in Japan for Chinese medicine consultation

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

 

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 

 

No.10886 S

 

 

 

4月定休日と日曜営業日

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

 

Closed in April and Sunday business days

4月定休日と日曜営業日

 

 

 

 

 

 

4月

 

祝・定休日は

 

 

 

7(日)・14(日)・21(日)

 

 

 

29(祝月)はお休みです。

 

 

 


 

 

 

日曜営業日

 

 

28(日)です。

 

 

※日曜営業時間10:00~19:00

◎通常営業時間9:00~19:30

 

 

 

※処方箋も受け付けております。

 

 

何か分からない事がございましたら

 

 

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

明治4年11月30日創業

茨城で150年愛される

不妊・皮膚病・漢方専門薬局

漢方全国実力薬局100選受賞・漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

4月ブログ読者キーワード

 

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

紅こうじの報道がなされています。

 

 

当薬局で紅こうじを使用している

 

 

健康食品はございません。

 

 

ご安心ください。

 

 

なにか気になることがあればご質問ください。

 

 

よろしくお願い致します 。

 

 

 

 

 

4月1日(月)~30日(火)まで使える

 

 

今月のキーワード

 

 

 

 

New semester

新学期

 

 

です。

 

 

 

*ご来店

 

 

*お電話

 

 

*LINE

 

 

*メール

 

 

の際にはキーワードをお忘れなく

 

 

お伝えください♪

 

 

キーワードをお伝えいただいた

 

 

お客様限定で、

 

 

対象となる

 

 

漢方薬・健康を

 

 

カウンセリング化粧品

 

 

1万円(税別)以上

 

 

お買い上げで500円引きいたします。

 

 

*おひとり様、月1回限り、

 

 

他のサービスとは併用できません。

 

 

 

 

明治4年11月30日創業

茨城で150年愛される

不妊・皮膚病・漢方専門薬局

漢方全国実力薬局100選受賞・漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る