投稿者「スガヌマ薬局」のアーカイブ

妊娠しやすい生活養生について

 

 

 

 

 

 

今回は”妊娠しやすい生活養生について”をテーマにご紹介して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントは、糖質制限鉄分補給ビタミンD補給の3点です♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【妊娠と糖】

 

 

 

 

 

月間の食事回数は100回、食事をきちんとすることが妊娠の近道。

 

 

 

 

 

近年卵子の糖化も非常に注目されています。

 

 

 

 

 

糖質制限が必要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【糖質制限に賛成の一つの根拠】

 

 

 

 

 

糖質を利用し、血糖値を下げるホルモンはインスリンのみ。

 

 

 

 

 

一方で上げるホルモンは多数。

 

 

 

 

 

糖質は本来必要とする栄養素では無いのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【妊娠と鉄】

 

 

 

 

 

妊娠により急激に高まる鉄分の需要に追いつけないことが多くなります。

 

 

 

 

 

妊娠中と授乳中はとても鉄が消費されていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【鉄不足にとどまるか?貧血に至っているのか?】

 

 

 

 

 

•肩が凝る •頭が痛い

 

 

 

 

 

•走るとぜいぜいする

 

 

 

 

 

•駅の階段が登れない

 

 

 

 

上記の症状は貧血が原因かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【女性は鉄分が常に足りない!?】

 

 

 

 

 

女性は月経で常に鉄分が不足とも言われる。

 

 

 

 

 

また、鉄分不足は妊娠困難にも関係してくる。

 

 

 

 

 

鉄分不足を解消しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ビタミンDを取ろう!妊娠率そのものを向上】

 

 

 

 

 

体外受精の成績の改善。

 

 

 

 

 

着床環境を改善。

 

 

 

 

 

ビタミンD欠乏は習慣流産のリスクになりえます。

 

 

 

 

 

ビタミンDを取ることは重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【オススメの食べ物】

 

 

 

 

 

 

•肉や魚      

 

 

 

 

 

•しゃぶしゃぶ      

 

 

 

 

 

 

•お刺身 

 

 

 

 

 

 

•コンビニのサラダチキン      

 

 

 

 

 

 

•枝豆       

 

 

 

 

 

 

•たまご      

 

 

 

 

 

 

•缶詰 もオススメ。

 

 

 

 

 

タンパク質も十分にとる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個別のご相談も歓迎です。

 

 

 

 

 

漢方相談は、お電話•HP•LINEでの予約が可能です🔍

 

 

 

 

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 <

 

                         

子宝カウンセラー指導士

 

 

一般社団法人統合医療生殖学会から

 

子宝カウンセラー指導士の認定賞が送られて来ました。

 

クリスタルでとても素敵です。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子宝カウンセラー指導士

 

漢方相談スガヌマ薬局 菅沼真一郎殿

 

 

 

あなたは東西医薬学に対する学術の研鑽と多年に亙る経験を以って誠心誠意尽力し、子宝を望む多くの人々に大きく貢献されました。

 

 

よってその功績を称えると共に、子宝カウンセラー指導士である事を認定します。

 

 

 

#子宝カウンセラー指導士
#一般社団法人統合医療生殖学会

#妊活 #不妊 #漢方 #アトピー #不妊治療 #漢方相談 #オンライン相談 #茨城県 #坂東市 #スガヌマ薬局

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

(漢方体験談)第二子も漢方で授かることができました!!筑西市39歳

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

漢方相談スガヌマ薬局で漢方薬を飲んで第一子を出産された筑西市39歳のお客様が、無事に第2子を出産されました。

 

 

 

おめでとうございます。大変うれしいです。

 

 

 

丁寧な体験談をいただきましたのでご報告いたします。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル

 

 

 

第二子も授かることが出来ました!!

 

 

 

 

漢方体験前

 

 

 

 

35歳で第一子も授かり(漢方を飲んで)第二子もとも思い、第一子が1歳半になり、再度漢方を始めました。

 

 

 

最初は第一子と同じ漢方でしたが、顕微授精しても授からず、月日が経つばかり。

 

 

 

39歳になり、最後の採卵で2個出来ましたが、新鮮胚でも着床出来ませんでした。

 

 

 

年齢・第一子育児・不妊治療を考え残り最後の凍結胚1個。

 

 

 

これでダメなら、1人だけでも出来たのは奇跡なんだと、2人目は諦めムードでしたが、出来る限りの事をやって思い残さないよう漢方を変更しようと、今までのハイブリットな漢方から新しい漢方へ変更して移植を待ち、3ヶ月後に胚移植をしました。

 

 

 

 

漢方体験後

 

 

 

 

39歳と高齢の為、金銭面は”最後の世代”になりましたが、多かった漢方の量が3つとなりストレスが解消されました。

 

 

 

新しい漢方にしてから「ストレスはどう?」と聞かれても、その時は授かるかるかどうか不安だったので曖昧な答えをしていましたが、服用して3ヵ月後、気持ちが落ち着くようになり、散歩も始めていたので質の良い睡眠がとれるようになりました。

 

 

 

新しい漢方にして4ヶ月後、最後の1個が無事着床し、妊娠することが出来ました

 

 

 

新しい漢方もそうですが、約2年間 毎日飲み続け、自然と体が作られていたのもあったのだと思います。

 

 

 

 

☆補足

 

 

 

妊活は先が見えないから、喜怒哀楽が激しく怒涛の毎日です。

 

 

 

心の余裕すらも失っていきます。

 

 

 

第二子を授かるまでの2年間は特に、仕事・育児・妊活 全てが上手に出来なくて、沢山悩み 仕事を退職して妊活に専念しても1年は出来ず、お金をかけても出来ない喪失感は今でも語るときに涙が出てきます。

 

 

 

正直、この体験談を書くのも 妊娠出来ても 不妊治療の経験が長すぎて向き合えませんでした。

 

 

 

でも、一人で悩んでるよりは、スガヌマ薬局さんにお伺いしてカウンセリングしてもらい、漢方をやって良かったです。

 

 

 

漢方以外にも、食事や生活面も色々フォロー頂いた事も妊娠に結びついたのだと思います。

 

 

 

第一子から第二子出産まで、長い治療期間となりましたが、お世話になりありがとうございました。 

 

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

 

こちらのお客様は、一人目をご出産されて、二人目が欲しいとのことでご相談に来られました。

 

 

 

冷え性、潜在性高プロラクチン血症があったので、第一子の時と同じように、冷え性、潜在性高プロラクチン血症を改善する漢方薬卵子の質をよくする漢方薬をご服用いただきました。

 

 

 

なかなか着床がうまくいかなかったので、心のケアを考え、ストレスを減らす漢方薬を入れて、漢方薬の組み合わせを変えました。

 

 

 

服用して4ヵ月後、無事に着床して、ご懐妊されました。

 

 

 

出産まで、きちんと流産予防の漢方薬をご服用されてのご出産、大変うれしく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

                    

 

                     No9455

 

「不妊治療専門医が解説する最新の不妊領域の治療と情報」

 

 

 

「不妊治療専門医が解説する最新の不妊領域の治療と情報」

 

春木レディースクリニック院長
春木 篤 先生

 

 

 

 

春木レディースクリニック院長
春木 篤 先生

 

 

 

 

オンラインで開催された第54回子宝カウンセラーの会で春木レディースクリニック院長春木篤先生の最新の不妊治療について勉強しました。

 

 

 

最新の不妊治療として、卵管鏡下卵管形成術(FT)、培養装置EmbryoScope、胚評価-iDAScore、新規原因分子を標的にした抗リン脂質抗体症候群(APS)抗体検査を学びました。

 

 

 

良い胚芽を得るための工夫として顆粒膜細胞の重要性も学びました。顆粒膜細胞の質を高める漢方薬もございます。詳しくは漢方相談スガヌマ薬局漢方薬剤師までお尋ねください。

 

 

 

 

〇卵管鏡下卵管形成術(FT)

 

 

 

春木レディースクリニックでは、開院以来約2000件のFT手術を実施し、7000件以上が術後半年以内に妊娠している。

 

 

【FTが望ましい症例】

 

 

①HSG上、近位端の閉塞・狭窄症例

 

②不妊期間が長い症例

 

③第二子以降の不妊症例

 

④卵管因子以外に特定の原因が無い症例

 

⑤子宮内膜症が無い症例

 

 

 

 

〇Embryoscope

 

 

当院では2021年3月の移転に伴い、新しくEmbryoScopePlusを導入しました。

 

 

EmbryoScopePlusとは顕微鏡とカメラ及び解析ソフトが搭載されたインキュベーター(培養器)のことです。

 

 

EmbryoScopePlusでは胚の成長の様子を自動的に撮影し、撮影された画像を繋げることでタイムプラス画像として動画のように観察することができます。

 

 

このことにより、胚を培養器外に取り出して胚を外気のストレス(温度、酸素濃度、PHの変化や光への暴路)に曝することなく受精の有無や分割の様子を細かく調べることができ、治療成績向上が期待されます。

 

 

さらに、自動的な連続撮影により、従来の定点観察では得られなかった胚の詳細な状況までも確認でき、より妊娠しやすい胚の選別が可能となりました。

 

 

 

 

〇最新の胚評価-iDAScore

 

 

iDAScoreとは

 

 

AI(人工知能)を用いて開発したシステムが自動的に胚を評価し、点数化したもの
(つまり、iDAScoreの点数が高い胚ほど継続妊娠の可能性が高い)

 

 

そのAIの学習データは115,000個以上の胚のタイムプラス画像分析に基づいており、iDAScoreは着床の可能性に関わる胚の特徴を即座に識別し、順位付けする優れたツールであり、iDAScoreによって得られるスコアは経験豊富な胚培養士の判断とよく一致し、経験レベルに影響されることなく胚の優先順位付けを行うことが可能です。

 

 

 

 

〇新規原因分子を標的にした抗リン脂質抗体症候群(APS)抗体検査

 

 

 

・APSの検査方法比較

 

 ・β2GPI抗体:プレートに固相化:β2GPI単独

 

 ・カルジオリピン抗体:PL:β2GPI/リン脂質複合体

 

 ・β2GPIネオセルフ抗体:HLA-DR:β2GPI/HLA-DR複合体

 

 

 

・ネオセルフ抗原を応用したAPSの診断

 

*ネオセルフ抗体検査法
患者血清中の自己抗体β2GPI/HLA-DR複合体に対する自己抗体の有無を調べる検査

 

 

 

・不育症におけるネオセルフ抗体

 

 

不育症患者は日本で推計140万人、新規患者4~6万人/年。半数以上の患者は原因不明であり、治療法の選択が難しいです。

 

 

ネオセルフ抗体検査は新規原因分子(β2GPI/HLA-DR)を検出できる検査方法であり、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)での臨床研究を実施中です。臨床研究において、原因不明の不育症女性の20%で陽性となっています。

 

 

原因不明の不育症患者の20%を捉えることができ、かつAPS患者の84%をカバーできることから、スクリーニング検査または選択的検査としても使用可能です。

 

 

 

 

〇良い胚芽を得るための工夫

 

 

出産年齢の高齢化に伴い、女性の卵巣機能は徐々に低下するが、体外受精治療の成功は質の高い卵子と精子に依存しており、有効的な卵胞発育が必要です。

 

 

→低卵巣反応(poor ovarian response,POR)は、排卵誘発時に性腺刺激ホルモンに対する卵巣反応が刺激されにくい病理学的状態であり、性腺刺激ホルモンの使用量は多いが、成熟卵胞の数が少なく、E2レベルが低く、最終的に 体外受精の妊娠成績が悪くなります。

 

 

 

 

〇顆粒膜細胞は卵母細胞を成熟させる

 

 

 

顆粒膜細胞の増加に伴いより多く分泌されるエストロゲンは卵胞細胞の成長(成熟)と発達を助けます。顆粒膜細胞はとても妊娠において重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

10月のブログ読者サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

 

夏に比べるとずいぶんと日が短くなり、

 

 

 

 

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、実りの秋…

 

 

 

 

楽しみの多い季節がやってきました。

 

 

 

 

10月1日から31日まで使える

 

 

 

今月のキーワード

 

 

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

ご来店 又はお電話の際には

 

 

 

キーワードをお忘れなく♪

 

 

 

キーワードをおしゃっていただいた

 

 

 

お客様限定で、対象となる

 

 

 

健康薬・漢方薬を1万円以上(税別)

 

 

 

お買い上げで500円引きいたします。

 

 

 

店頭あるいはお電話でご注文の際に、

 

 

 

キーワードをおっしゃってください。

 

 

 

※おひとり様、月1回限り 

 

 

 

他のサービスとの併用はできません。

 

 

 

 

 

                                              

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 <

 

              

10月の定休日と日曜営業日のお知らせ

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

10月の定休日

 

 

10/3(日)、10(日)」、17(日)、24(日)は

 

 

お休みをいただきます。

 

 

日曜営業日は以下の通りです。

 

 

10/31(日)は休まず営業いたします。

 

 

営業時間は10:00~19:00

 

 

お間違えの無いように、お願いいたします。

 

 

*処方箋も受け付けております。

 

 

何か分からない事がございましたら

 

 

お気軽にお電話ください。

 

 

皆様のご来店

 

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

                                              

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 <

 

            

9月のフラワープレゼントセールのお知らせ

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

残暑の暑さもやわらぎ

 

 

 

少しずつ秋らしい爽やかな風が

 

 

 

吹くようになってきましたね

 

 

 

晴れているときの

 

 

 

風と陽光の心地良さは

 

 

 

今の時季ならではですね。

 

 

 

スガヌマ薬局

 

 

 

9月

 

 

 

フラワープレゼントセール

 

 

 

9/25(土)~29(水)の5日間

 

 

 

開催いたします。

 

 

 

今月の秋の花鉢は

 

 

 

 

ミニ シクラメン

 

 

 

 

 です。

 

 

 

セール期間中に

 

 

 

お買い物してくださった

 

 

 

会員様に1鉢プレゼントいたします。

 

 

 

更に

 

 

 

当日 5000円(税込)

 

 

 

お買い上げのお客様

 

 

 

(140名様限定)で

 

 

 

 

和歌山特産品

 

 

 

 

『紀州南高梅』

 

 

 

 

をご進呈!

 

 

 

 

 

和歌山県産【紀州南高梅】

 

 

 

 

和歌山県の南部に位置する田辺市は、

 

 

 

黒潮の影響で比較的

 

 

 

温暖な気候に恵まれています。

 

 

 

丹精込め日本一の梅の品種である

 

 

 

『紀州南高梅』です。

 

 

 

新米で握ったおにぎりとは

 

 

 

最高の組み合わせですね。

 

 

 

この機会に是非、ご賞味ください。

 

 

 

*まだ会員でないというお客様も

 

 

 

当日ご登録された上で

 

 

 

お買い物いただければ

 

 

 

プレゼント致します。

 

 

 

ご来店、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 <

 

                       

妊娠と顆粒膜細胞と妊娠しやすい5つの原則

 

 

こんにちは。認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

オンラインで開催された第54回子宝カウンセラーの会で妊娠と顆粒膜細胞について勉強しました。

 

 

顆粒膜細胞は妊娠にとても大切です。顆粒膜細胞の質を高めて、卵子の質を高める漢方薬もあります。

 

 

詳しくは漢方相談スガヌマ薬局にてお尋ねください。

 

 

 

 

第54回子宝カウンセラーの会:開会挨拶中の柳田学術理事

 

 

 

今回の子宝カウンセラーの会では、医学博士ショウキ先生にご講演いただきました。

 

 

妊娠と顆粒膜細胞が関係が深いことがよくわかりました。

 

 

講演の最後には妊娠しやすい5つの原則についてお話いただきました。

 

 

漢方、温灸、食事、運動、睡眠もとても大切です。私も不妊治療中のお客様にお話していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

医学博士Dr.ショウキ(邵輝)

 

 

 

〇卵巣予備能を評価する指標

 

 

 

・経腟超音波で見るAFC(胞状卵胞数でカウント)

 

 

・血中AMH測定(抗ミュラー管ホルモン)

 

 

 

胞状卵胞数カウント(AFC)

 

 

 

右卵巣5から6個 左卵巣5から6個 2~8ミリの大きさのものがみえるのがよい。多くみえればなおよい

 

 

 

〇AFC Antral Follicle Count 胞状卵胞数

 

 

 

月経3日目に経膣超音波で見える、左右の卵巣内にある小さな卵胞2-8mmの数の合計

 

 

 

*AFC 胞状卵胞数の基準 

 

 

 

4以下 極端に低い  卵巣刺激療法に対する反応は悪い。

 

 

 

4-6:低い

 

 

 

7-10:やや低い  卵巣刺激療法の量は比較的必要。

 

 

 

11-15:中間群卵巣刺激療法に対する反応は可

 

 

 

16以上:良い 卵巣刺激療法に対する反応は良好。

 

 

 

30以上: PCOタイプ , OHSS(卵巣過剰刺激症候群)に注意

 

 

 

 

〇AMH(抗ミュラー管ホルモン)

 

 

 

6㎜までの卵胞顆粒膜細胞から分泌され原始卵胞数と相関します

 

 

 

・年齢別AMHの中央値

 

 

 

1.00以下で反応不良が予想されます

 

 

 

 

〇顆粒膜細胞と卵子の質

 

 

 

採卵を経験された方は、卵子を手術室のモニターでご覧になったことがあると思います。

 

 

 

たいていの場合、卵子はモヤモヤしたものに囲まれていて あたかも小さな目玉焼きのように見えます。

 

 

 

このモヤモヤの正体は顆粒膜細胞(卵丘細胞)で、卵子を成熟させる大切な役割を持っています。

 

 

 

・卵子のグレードは顆粒膜細胞から判断される。

 

 

 

 

〇休眠状態の卵胞が目覚めるためのシグナル

 

 

 

・理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター個体パターニング研究チームの国際共同研究グループは、マウスを使って、卵巣内で休眠状態にある『原始卵胞』が成長するために必要な分子機構を発見しました。

 

 

 

この研究の成果によって、女性不妊の原因の一つになっている原始卵胞の不十分な活性化メカニズムへの理解と、将来的に不妊治療への応用が期待できます。

 

 

 

・哺乳類の母胎内では、生殖細胞である未熟な卵子(卵母細胞)が、体細胞である前顆粒膜細胞に囲まれた原始卵胞という形で眠っています。

 

 

 

性成熟後に原始卵胞は徐々に活性化して、卵胞細胞の成長と共に分裂をしながら前顆粒膜細胞が顆粒膜細胞に変化して、成熟した卵胞となります。

 

 

 

生殖サイクルの中で、一度に卵子を消費し尽くさないようにするには、原始卵胞の活性化が特に大切です。

 

 

 

・今回、国際共同研究グループの研究発表の中で、細胞分裂をして、前顆粒膜細胞から顆粒膜細胞に変化するには、前顆粒膜細胞が分泌したWnt、

タンパク質が自らの細胞に働くWntシグナル経路が大切という事が分かりました。

 

 

 

Wntシグナル経路は、抑制されると原始卵胞は活性化できず、不完全状態に。

 

 

 

そして、間接的に卵子の成長にも影響が出てしまいます。

 

 

 

このような結果から、Wntシグナルは、原始卵胞の活性化に関して「許容的な」役割を果たしています。

 

 

 

・顆粒膜細胞が機能しない卵巣は原始卵胞が活性化せず不妊を引き起こす

 

 

 

 

第54回子宝カウンセラーの会

 

 

 

(妊娠しやすい5つの原則)

 

 

 

 

◉ハーバード大学の薦める妊娠しやすい五つの原則

 

 

 

1)自信力

 

 

 

2)漢方サプリ、鍼灸

 

 

 

3)運動療法

 

 

 

4)日常生活の規則化

 

 

 

5)必要な栄養素

 

 

 

 

 

◉Drショウキの薦める妊娠しやすい5つの原則

 

 

 

・漢方サプリ

 

 

 

・毎日温灸:耳、人迎(首甲状腺両側)

 

 

 

・運動療法:階段を昇る

 

 

 

・睡眠7時間(ハーバードは8時間)が必要

 

 

 

・必要な栄養素:天然葉酸(活性葉酸)、鉄成分(隠れ貧血対策)など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

(漢方体験談)漢方のおかげで妊娠しました。つくば市31歳

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

漢方薬を飲んで、妊娠・出産されたつくば市31歳の方から体験談をいただきました。

 

 

 

おめでとうございます。とてもうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル

 

 

 

漢方のおかげで妊娠しました!

 

 

 

漢方体験前

 

 

 

1度 妊娠したも初期に流産してしまい、また妊活を始めましたが、

 

 

なかなか妊娠せず、インターネットで漢方の存在を知り、

 

 

スガヌマ薬局さんに相談させてもらったことから、漢方生活が始まりました。

 

 

 

 

漢方体験後

 

 

 

 

今まで漢方を飲んだことがなかったのですが、思っていたよりも飲みやすく毎日続けることができました。

 

 

飲んで数日して体がポカポカして低かった基礎体温が上がりました。

 

 

イライラすることが減った気がします。

 

 

そして、飲み続けて、1ヵ月で妊娠することができました。

 

 

不安なことや心配なことは先生に相談していました。

 

 

わかりやすく答えてくれて、先生の前向きな性格に こちらも前向きに妊娠生活を送ることができました。

 

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

 

こちらのお客様は、流産を2回経験されていて、不育症といわれていました。

 

 

ストレスを感じやすくイライラしやすい体質でした。

 

 

生理周期が28日から42日と長いことが多く排卵しにくかったです。

 

 

漢方薬は、次の3点を中心に処方いたしました。

 

 

 

1. 不育症 

 

 

2. ストレス 

 

 

3. 生理周期がながい(排卵しにく)

 

 

 

漢方薬を服用して、すぐに体がポカポカして、基礎体温が上がって、ストレスも軽減されていきました。

 

 

その後、1ヶ月でご懐妊、流産予防の漢方薬もご出産までしっかりご服用されて、流産することもなく、無事にご出産されました。

 

 

本当によかったです。おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 NO.10155

9月の祝・定休日と日曜営業日のお知らせ

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

今日から9月です。

 

 

 

9月の

 

 

 

祝・定休日は

 

 

 

以下の通りです。

 

 

 

9/5(日)・12(日)・19(日)

 

 

 

20(祝・月)・23(祝・木)

 

 

 

はお休みをいただきます。

 

 

 

日曜営業日9/26(日)は

 

 

 

休まず営業いたします。

 

 

 

営業時間は10:00~19:00

 

 

 

お間違えの無いよう

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

※処方箋も受け付けております。

 

 

 

何か分からないことがございましたら

 

 

 

お気軽にお電話ください。

 

 

 

皆様のご来店

 

 

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

                                              

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 <