ブログ

(妊活漢方体験談)肥満と子宮内ポリープのある方の不妊治療休止中の自然妊娠「39歳で出産しました。」

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは!

 

 

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師の菅沼由美子です。

 

 

千葉県流山市39歳女性の方が、不妊漢方を服用して妊娠、出産されました。

 

 

おめでとうございます。不妊治療中の方、妊活中の方にお伝え致します。

 

 

 

 

(妊活漢方体験談)39歳で出産しました。千葉県流山市39歳

 

 

 

 

 

 

 

 

妊活漢方体験前

 

 

妊活をはじめた時が、30代後半だったので、できることはやろうと相談させてもらいました。

 

 

不妊治療と並行しながら、その都度病院での過程や私の体調面も親身に聞いてくださり、その時に合った漢方を紹介していただきました。

 

 

また漢方以外のことでも不安に思っていることや仕事と治療を両立する悩みなども相談でき、月に一度お話できることで、また、頑張ろうと思うことができました。

 

 

 

 

不妊漢方体験後

 

 

これまでは年齢とともに体もガタがきているのだろうと、自分の体に気をつかっていませんでしたが漢方を飲んでから、ひどい便秘も良くなり身体のだるさも改善され、寝つきも良くなるのを実感しました。

 

 

体の内側から調子を整えてもらったおかげで、体外受精のお休み期間中にタイミング療法で授かることができ、何がおこるか分からないから続けていて本当に良かったと思いました。

 

 

先日、無事に3600gの大きい子を出産でき、感謝しています。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

 

おめでとうございます。無事にご出産されて本当によかったです。

 

 

不妊漢方のポイントは、以下の3点の不妊要因を考えて、漢方薬を考えました。

 

 

 

卵子の老化:年齢が35歳を過ぎると卵子の質が低下し、体外受精の妊娠率も低下します。卵子の質の向上もできるように漢方を考えました。

 

 

肥満:体重が80kgありました。体重が重いと妊娠しにくくなります。ダイエットは難しいとのことでしたので、肥満の方でも着床しやすくなる漢方をつかいました。(ダイエットを成功した妊活漢方体験談はこちら

 

 

子宮内ポリープ:子宮内ポリープがあって着床しにくいことが想像されたので、着床率をあげる漢方をつかいました。

 

 

 

お客様は、漢方を服用してから14か月で自然妊娠されました。

 

 

漢方の効果だけでなく、お客様が妊娠への生活改善のアドバイスを実行していただいたおかげだと思います。

 

 

これからも、お子さんと一緒に健やかにお過ごしください。よろしくお願いいたします。

 

 

 

参考資料

日本経済新聞「女性が妊娠する能力は35歳で本当に急降下するのか?」(リンク)

喫煙・飲酒・肥満・性感染症・ホルモン異常・子宮筋腫などの疾患も不妊要因

 

 

 

不妊漢方全国実力薬局100選受賞・漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

 

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中

 

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 


ページの先頭へ戻る