ブログ

妊娠のための漢方薬⑧(子宮内膜症)

余分な血の滞りととらえ 瘀血の治療を行う  

 

子宮内膜症は、本来子宮の内側にある内膜組織が、子宮の筋層や卵巣、腹腔内などで発育する病気です。

 

月経のたびに出血して、子宮や卵巣の機能に悪影響を及ぼしたり、癒着を起こして卵管の働きが悪くなることで、不妊の原因になります。

 

漢方では子宮内膜症は余分な血の滞りととらえ、瘀血をとる漢方薬を服用します。

 

 

 

 

一般的に使用する漢方薬

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…瘀血の治療の基本薬。

 

疎経活血湯(そけいかっけつとう)…血虚と瘀血、水滞と、子宮内膜症に伴う痛みに効く生薬が配合されている、おすすめ漢方薬。

 

 

 

全国実力薬局100選 子宝部門受賞 スガヌマ薬局

全国実力薬局100選             子宝部門受賞 スガヌマ薬局

 

無料漢方相談実施中!!

 

 

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

 

漢方相談スガヌマ薬局

 

電話 0297-35-0003

 

FAX 0297-35-2093 

 

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

ページの先頭へ戻る