ブログ

妊娠のための漢方薬について①

赤ちゃんを授かるためには、体の状態をととのえるとともに、さらに「余力」が必要です。

そのための漢方薬はについて紹介していきます。

 

 

 

妊娠は「血」にかかわりストレスで「気」が弱ることも

 

 

漢方では、妊娠・出産や月経は、気・血・水の「血」と、「精」が支えると考えます。

 

そして血をめぐらせるには、エネルギー(気)が必要です。

 

ストレスで生じる「気滞」が続けば気が消耗して「気虚」となり、月経不順が起こることもあります。

 

気の充実には、食事でエネルギーを補充することもたいせつです。

 

しかし、胃腸が弱いと栄養を十分にとり入れられないこともあり、生活環境も含めた体の状態をみてつかう薬を決めます。

 

ここでは、一般的に処方される薬を紹介します。個人の体質や不調によってつかう薬は異なります。

 

 

妊娠のための漢方薬について②へ つづく

 

 

 

全国実力薬局100選 子宝部門受賞 スガヌマ薬局

全国実力薬局100選             子宝部門受賞 スガヌマ薬局

 

無料漢方相談実施中!!

 

 

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

 

漢方相談スガヌマ薬局

 

電話 0297-35-0003

 

FAX 0297-35-2093 

 

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

ページの先頭へ戻る