ブログ

IVF-ETに必要な排卵誘発法

 

 

完全自然
排卵誘発剤を
使用しない方法

低刺激
(マイルド法)
セキソビット、
クロミッド、
フェマーラなどの
経口剤

中刺激
クロミッド+hMG
クロミッド+rFSH

高刺激
ロング法
ショート法
アンタゴニスト法

 

 

根拠
① 下垂体ホルモン(FSH・LH)

② 卵巣ホルモン(E2・P4)

③ ご年齢

④ 精子状態

⑤ 過去の不成功例

 

 

 

 

 

排卵誘発法の問題点

 

排卵刺激法について
排卵刺激については、そもそもCOH(Controlled ovarian hyper-stimulation)
(中国語では「超排卵」と訳)と称していた。

 

 

卵巣に過剰な刺激を与えることは良質な卵子を得るという本来の目的に逸脱している。

 

 

現在は、調節卵巣刺激(Controlled ovarian stimulation:COS)の主張が主流となっている。

 

 

※問題点:
卵巣の反応不良(Poor responder)
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の多発
卵の質・内膜同調性の低下
移植周期のキャンセル率と流産頻度の高さ、生児を得られない

 

私たちは漢方薬やサプリメントをつかって排卵誘発法の利点をいかしつつ、デメリットを最大限に軽減して妊娠・出産率を高めるために精一杯がんばっています。

 

 

不妊漢方実力薬局100選受賞 スガヌマ薬局

不妊漢方実力薬局100選受賞 スガヌマ薬局

  

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443 

 漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 


ページの先頭へ戻る