ブログ

生活情報誌プレステンから不妊の漢方について取材を受けました

 

こんにちは。生活情報誌プレステンの記者さんから取材をうけました。2017年1月3日(火)号に掲載されました。本年も不妊相談がんばります。スガヌマ薬局 菅沼真一郎

 

 

IMG_20161229_0002_NEW

IMG_20161229_0001_NEW

 

プレステン もりや・とりで版

(配布エリア:守谷市 取手市 坂東市 常総市 境町 つくばみらい市 龍ヶ崎市 稲敷市 利根町 河内町)

 

 

 

教えて先生!! 独自の漢方で、妊娠しやすい体に  

 

 

スガヌマ薬局(坂東市岩井)は、明治4年に創業。「現在は『統合医療生殖学会』茨城県代表店として、不妊領域のトップドクターと最新の不妊治療を研鑽し、最新の薬学的知識を提供しています」と店長・薬剤師の菅沼真一郎先生。特に「半年以上、不妊治療を続けている」「35才以上」の方々を妊娠に導くのを得意としており、雑誌などへの掲載も多数。市内はもちろん、常総市、つくば市、古河市のほか、県外からの来店も多い。  ところで、漢方薬と西洋医学の薬の違いは何だろうか。

 

「例えば相談が多い『体外受精で治療中だが、なかなか着床しない』というケースは、血液の質と流れをスムーズにし、子宮内膜の状態を良くすれば改善すると考えられます。これは漢方の得意分野です。西洋医学では血流を良くする薬はありますが、質までは改善できません」と菅沼先生。「このケースに限らず、当店では、その方の状態に合ったものをご紹介し、同時に食生活や睡眠などのアドバイスもさせていただきます。 さらに、不妊治療の豊富な知識を持った薬剤師が親身に相談乗り、独自の漢方で、妊娠しやすい体づくりをご提供しています」とのこと。その結果、この9月には48才の方が出産。不妊治療で悩んでいる方には朗報だろう。

 

なお、1月14日(土)には、同薬局主催のセミナーを開催(下記参照)。完全予約制なので、お申し込みはお早めに。

 

 

妊活支援市民講座 赤ちゃんがほしい!!子宝セミナー 完全予約制

 

 

 日時:平成29年1月14日(土) 時間13:30~15:30

会場:坂東市商工会館 2階 会議室 坂東市岩井230-1

講師:(社)総合医療生殖学会 柳田 浩二先生 参加費無料

※お子さま連れの方はご遠慮ください。※セミナー内での物販や勧誘活動は一切ありません。

 

ご予約 

スガヌマ薬局 0297-35-0003 坂東市岩井4443 営業時間 9:00~19:30 

日曜・祝日定休 ※1月3日(火)は休業

IMG_20161229_0003_NEW

 

 

全国実力薬局子宝部門受賞

全国実力薬局子宝部門受賞 スガヌマ薬局

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る