ブログ

(体験談)子どもは作るものではなく、授かるもの。土浦市31歳

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

漢方相談スガヌマ薬局で不妊漢方相談をされていた土浦市31歳の方から体験談をいただきました。

 

この度、無事に出産されたご報告をいただいたのでご報告いたします。

 

 

 

 

 

タイトル

 

 

子どもは作るものではなく、授かるもの。

 

 

漢方体験前

 

私の都合で子作りのタイミングを調整し、時期を見計らって励み始めました。

 

最初は、すぐに出来るだろうと考えていましたが、なかなか上手くいかず・・・。

 

元々、生理不順や冷え性がありましたが、はっきりと原因を知りたくて、産婦人科へ通うようになりました。

 

そこでは、排卵機能障害の診断が下されました。

 

内服薬を飲んだり、ヨガを始めたり、人工受精を試したりしましたが、毎月生理が来て、悲しい思いをしていました。

 

友人から妊娠の報告を受けるのも辛い時期でした。

 

 

漢方体験後

 

友人からスガヌマ薬局を紹介して頂き、初回は夫婦で訪ねました。

 

正直、金銭面や漢方の苦さが負担でしたが、毎回食前に漢方を準備してくれる夫に支えられ、なんとか続けられました。

 

「卵子が発生してから育つまでに半年かかる」という説明を何度も反すうし、漢方を飲み始めてから7ヶ月、ようやく我が家にも赤ちゃんが来てくれました。

 

「子どもは作るものではなく授かるもの」と痛感させられた時間でした。

 

出産まであと100日。

 

お腹の中で動く新しい命を夫と共に大切にしていきます。ありがとうございました!

 

 

漢方薬剤師より

 

こちらのお客様は、高プロラクチン血症があって、排卵機能障害があって生理不順がありました。

 

不正出血があったり、排卵が認められなかったりしていました。

 

冷え性もありました。

 

 

改善ポイントとしては

 

1.不正出血

 

2.生理不順(高プロラクチン血症)

 

3.冷え性

 

の3つを改善するように漢方薬をお渡ししました。

 

 

冷え性は、3ヶ月くらいで改善してき、不正出血もなくなりました。

 

3ヶ月たったら、冷え性と不正出血を改善する漢方薬を減らして、高プラクチン血症の改善のためにストレスを改善する漢方薬をお渡ししました。

 

脳腫瘍や薬剤性など主な原因が見つからない時は、ストレスがプロラクチンに影響をあたえてると考えられてきているからです。

 

参考 小塙医院 不思議なホルモン・プロラクチン(http://www.ivf-ibaraki.or.jp/20131221/1339.htmll)より

 

最初、不妊治療の病院で高プロラクチン血症の薬として、ご来店時、テルロンを朝夕1錠服用していました。

 

なかなか生理周期が安定していなかったのでストレスによいという漢方薬を一緒に服用してもらいました。

 

だんだん生理周期も安定してきて、服用して3ヶ月でテルロンは夕食後1錠にへりました。

 

漢方薬を服用して7ヵ月後にご懐妊しました。

 

流産予防の漢方薬、その後、早産予防の漢方薬を服用されてのご出産大変うれしく思います。

 

 

 

出産後、お子様をつれてご来店いただきました。その後、お手紙をいただきました。とてもうれしいです。これからも子宝相談がんばります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

                           No.1841 

ページの先頭へ戻る