ブログ

月別アーカイブ: 2019年5月

6月の定休日と日曜営業日のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

6月のスガヌマ薬局の定休日と、日曜営業日をお知らせします。

 

 

定休日は、以下のとおりになります。

 

 

2日(日)

9日(日)

16日(日)

23日(日)

お休み をいただきます。

 

 

 

日曜営業日は

6月30日(日)10時から19時まで営業します。

 

※処方箋の受付も行なっております!!

 

 

 

2018年度全国実力薬局
漢方相談部門受賞
スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

健康寿命を延ばす生活習慣のセミナーを行いました

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

令和元年5月14日(火)坂東市市街地活性化センター2Fで漢方相談スガヌマ薬局主催「健康寿命を延ばす生活習慣!」の健康セミナーを開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

講師は「湧永製薬(株)学術・営業薬制部 三浦智博先生」です。講演だけでなく、健康体操もあってとてもたのしくすごせたことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

参加された皆様からとてもよかった~というお声をいただきました。

 

 

 

 

セミナー参加者様のアンケートはこちら

 

 

 

講演内容

 

 

健康寿命について

 

 

 

日本人の平均寿命は右肩上がりになってきていますが

 

平均寿命と健康寿命に格差があります。

 

 

 

 

 

 

住んでいる地域や家族の人数などによって、健康格差がおこっていますが

茨城県の健康寿命は全国平均上位にきています。

 

 

 

 

また平均寿命には、都道府県で格差が生じてきているのも事実です。

 

 

 

 

女性は乳製品の取りすぎに注意。

体が冷えるので、温めて摂るようにしましょう。

 

 

 

 

男性は牛乳乳製品を摂取しましょう。

 

 

 

 

 

ストレスをためない事も重要

 

 

 

 

 

 

日本人の主な死因は癌で亡くなる方、

血管がかかわる疾患で亡くなる方が多いです。

 

 

 

では、日本人に多い疾患は何だと思いますか?

 

 

 

 

やはり圧倒的に多いのは高血圧・歯の疾患・糖尿病

 

 

 

このような疾患に注意しなければいけないのです。

 

 

 

 

 

人の血管を一本にまとめると,地球二週半にもなるのをご存じですか?

 

 

 

 

体の隅々に血管が通っていますが、加齢や生活習慣によって

スムーズに血液が通りにくくなります。

 

 

 

 

本態性高血圧症

 

 

 

日本人の9割はこのタイプで、原因となる生活習慣の改善が大切です。

 

 

 

原因は、食後の血糖値の急上昇・急降下が

血管を傷つけることにより起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康寿命には運動と歩数に関係があるのもご存じですか?

 

 

 

 

1日に4000歩+5分以上の運動している方には、

つ病や介護が必要な方はほとんどみられない。

 

 

 

 

 

 

また、7000歩+15分の運動の方は、

癌や動脈硬化などの症状がみられない。

 

 

 

 

 

 

運動ってこんなにも凄いことだったのですね~。

 

 

 

 

 

ポイントは、ただ歩くのでは無く、歩く+ちょっときつめの運動をすること

 

 

 

 

 

食後高血糖を防ぐには野菜を先に食べ、

便秘防止の為に食物繊維を多く摂ることも重要です。

 

 

目安は1日350gの野菜を摂取すること

 

 

 

日本では、長野県だけが達成できています。

 

茨城県はなんと、男性290gで18位、女性274・2gで20位

 

 

 

高齢者ほど便秘です。食事などの野菜だけで食物繊維をとるのが難しいのであれば、青汁などや滋養強壮剤などで補いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方相談スガヌマ薬局では、食物繊維などの野菜不足の方にはグリーン末をおススメしています。

 

 

 

 

 

 

 

また、高血圧に対する熟成にんにく抽出液の効果は、血糖値を下げる効果などがあります。こちらはレオピンをおススメしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度自分自身の食生活などを見直して、生活習慣病に気をつけながら、

より良い生活を一緒に心がけてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

5月フラワープレゼントセールのお知らせ

 

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

 

 

 

23(木)・24(金)・25(土)・26(日)・27(月)

 

の5日間、毎月恒例のフラワーセールを開催致します。

 

 

 

 

 

 

 

今月のお花は「ニチニチ草」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セール期間中にお買い物をしてくださった会員様に、2鉢プレゼントします。

 

 

まだ会員でないというお客様も、当日登録された上でお買い物いただければプレゼント致します。

 

 

ご来店お待ちしています。

 

 

 

2018年度全国実力薬局
漢方相談部門受賞
スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

(体験談)第2子を考え、友人の紹介で漢方を飲み始め、無事出産しました。坂東市36歳

 

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

二人目不妊で漢方相談スガヌマ薬局でご相談されて、無事にご懐妊・ご出産された方から体験談をいただきました。

 

おめでとうございます。本当にうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル

 

 

第2子を考え、友人の紹介で漢方を飲み始め、無事出産しました。

 

 

 

 

 

 

漢方体験前

 

 

冷え症もすごく、夜も睡眠は浅かったです。

 

第2子を考え、なかなか授かれず4年が経ち友人からスガヌマさんを紹介してもらい、相談に行ったことがきっかけです。

 

 

 

 

 

漢方体験後

 

 

私に合う漢方を飲み始め、3ヶ月ですぐ妊娠したのですが、上手く育たず。

 

それからは漢方と病院を通い、3年後妊娠、出産することができました。

 

第1子の時は私の体調も悪く、寝たきり、入院生活だったんですが、今回はずっと漢方を飲んでいたこともあり、とても体調よく仕事も続けられ、家族も驚いていました。

 

小さな不安や悩みも親身に聞いてくださり、なかなか授かれない間はいつもポジティブな気持ちにしてもらえてました。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

流産を乗り越えてのご出産本当にうれしいです。

 

こちらのお客様は、冷え性と睡眠が浅いことを心配されていました。

 

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)があって排卵しにくい傾向もありました。

 

ご主人様は精索静脈瘤があって精子が作りにくい状態でした。

 

 

漢方の改善ポイントとしては

 

1.冷え性

 

2.睡眠の質

 

3.男性不妊(精索静脈瘤

 

の3点を改善を中心に漢方薬をお渡しして、健康法もお話しました。

 

 

 

冷え性は、2~3ヶ月くらいで改善しました。

 

漢方薬を飲み始めてすぐに夜も良く眠れるようになってきたとお話されていました。

 

精索静脈瘤があって手術も考えられていました。

 

漢方薬を飲んで3ヶ月くらいで、不妊治療専門の病院で再度検査しました。

 

検査後、精子に問題がないので、手術は必要ないと医師にいわれて、とても喜んでいました。

 

3ヶ月くらいでご懐妊されたのですが、流産され、その後は、卵の質を改善する漢方薬と流産予防の漢方薬を中心にお渡ししました。

 

2年後にご懐妊、妊娠後も流産予防の漢方薬をしっかり飲んでいただいて3年後に無事にご出産されました。

 

3年間がんばってくださってありがとうございます。おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

                                                No.1846

 

 

 

 

 

 

                       

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方のスガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

後鼻漏対策の講演を広島でしました。

 

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

令和元年5月12日に広島グランドインテリジェントホテルで開催された日本専門薬局同志会中国連合会研修会で専門薬局の先生方の前で講演して参りました。

 

講演会場の広島グランドインテリジェントホテル

 

タイトルは「店頭で明日からできる鼻疾患に対する予防・養生の提案」です。

 

専門薬局の約70人の先生方が聞いてくださいました。

 

講演では、特に5月から徐々に増えてくる後鼻漏(こうびろう)に対する店頭でのカウンセリング方法、漢方薬の提案、予防法・養生法(健康法)の提案についてお話しいたしました。

 

慢性副鼻腔炎の4つのタイプ

 

 

後鼻漏(慢性副鼻腔炎の4つのタイプを説明しました。

 

 

1 化膿型(かのうがた)

 

細菌、ビールス、真菌などが感染によって膿が洞内に貯留しているタイプです。

 

粘膜のむくみがすくないです。

 

化膿しているので、鼻水が緑っぽくなったり、黄色になったりします。

 

 

2 浮腫型(ふしゅがた)

 

粘膜内に水分を多量に貯留して、ぶよぶよ腫れるタイプです。

 

鼻たけに代表されます。

 

 

3 肥厚型(ひこうがた)

 

粘膜が固く肥厚しています。

 

化膿型、浮腫型から治癒する過程の中で固まってしまうものが多いです。

 

鼻閉が主で、頭痛などは少ないです。

 

 

4 混合型(こんごうがた)

 

上記の3つのタイプの混合型です。

 

店頭においでになる方は、1つの理由だけというより複数の理由がある方が多いです。

 

鼻水、鼻づまり、頭重など様々な症状があらわれます。

 

,

前頭洞(ぜんとうどう)、上顎洞(じょうがくどう)、 篩骨洞(しこつどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の説明

 

 

後鼻漏かもと思われる症状は次のようなことがあります。

 

 

・頭がすっきりしない、よく頭痛がおこる。

 

・のどが渇く、痛みが出やすく熱も出やすい。

 

・身体がだるく、栄養剤やドリンクを飲みたくなる。

 

・イビキをかく。

 

・耳がおかしい。(中耳炎・耳鳴り・耳管狭窄症)

 

・痰がのどにからんだり、よく吐き出す。

 

・咳払いや咳をよくする。(気管支炎・是喘息)

 

・目が疲れたり、肩・首がこりやすい。

 

・のどが渇き、水分を飲みたくなる。

 

・集中力がなく、物忘れをする。

 

・胃腸の調子が良くない。(胃腸障害・便秘)

 

・クシャミ・鼻水と、目・鼻・のど・耳・顔がかゆい。

 

 

漢方相談スガヌマ薬局の後鼻漏のチラシ

 

 

気になる点があるお客様は、漢方相談スガヌマ薬局店頭にてご相談ください。

 

ご来店お待ちしています。

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

横浜ランドマークタワーで漢方カウンセリングの講演をしました

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

平成31年4月21日 TKPガーデンシティPREMIUM横浜ランドマークタワーでおこなわれた専門薬局の春季ゼミナールで講演してまいりました。

 

 

 

 

タイトルは「お客様を元気にし、信頼を得る店頭コミュニケーション」です。

 

 

 

漢方相談スガヌマ薬局でおこなっている漢方カウンセリング方法などをお話しいたしました。

 

 

お客様のお話をよく聞いて、お客様に寄り添っておこなうカウンセリング方法をお話しました。

 

 

お客様に必要な食事や運動などの健康法や養生法をお伝えして、お客様にあったレオピン群や漢方薬などをお渡しする上で、大切なことやポイントをお話しいたしました。

 

 

日頃、勉強をされている専門薬局の先生方の前でお話しすることは、大変緊張いたします。

 

 

また、お話しすることによって、自分たちのカウンセリングの整理することができました。

 

 

 

これからもご来店いただいたお客様に感謝して、漢方カウンセリングがんばります。

 

 

また、このような貴重な機会を得ることができた日本専門薬局同志会に感謝いたします。

 

 

ありがとうごがいました。

 

 

私はいつも日本専門薬局同志会(日専同)で勉強しています。

 

 

これからも日専同、組織に感謝してがんばります。

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

専門薬局の研修会で高血圧の勉強をしました

 

 

 

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

専門薬局の勉強会で水戸に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に私が開会の挨拶をしました。漢方カウンセリング、運動、食事など健康法について勉強しました。

 

 

高血圧

 

高血圧の勉強もしました。

 

高血圧は、死亡リスクを高める大きな原因です。

 

高血圧の患者さんは、4300万人と試算されています。

 

実に国民の約3人に1人が高血圧症です。

 

高血圧は、肥満、糖尿病、脂質異常症、塩分過多、ストレス、運動不足などが要因として考えられています。

 

予防に努めましょう。

 

 

高血圧対策の漢方薬はその原因によって違います。

 

漢方相談スガヌマ薬局では、漢方薬をお渡しするでけでなく、お客様ひとりひとりにあった食事と健康法をお話しています。

 

詳しくは薬局店頭にてお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●基本は生活習慣の改善

 

日本高血圧学会がまとめた高血圧に関わる生活習慣改善のポイントです。

 

食塩の過剰な摂取は高血圧症のリスクを高めることが指摘されています。

 

食塩摂取量を3g減らすと血圧が平均1~4mmHg下がることが期待できるといいます。

 

日本人の血圧が平均で2mmHg下がると、日本全体の脳卒中や心臓病などの死亡率を年間30万人減らせるとの推計もあります。

 

また運動もナトリウムの排泄に効果的であり、定期的な運動習慣を持つことが推奨されています。

 

飲酒は一時的に血圧を下げますが、飲酒後は逆に血圧が上がりやすくなります。

 

過度な飲酒は控え、休肝日を設けましょう。

 

 

 

①減塩

 

6g/日未満(WHO推奨:5g/日未満)

 

 

②食塩以外の栄養素

 

・野菜、果物の積極的摂取

 

・コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える

 

・魚(魚油)の積極的摂取

 

 

③減量

 

BMI(体重[kg]÷身長[m])25未満

 

 

④運動

 

心血管疾患のない高血圧症患者が対象で、中等度の有酸素運動を中心に定期的に(毎日30分以上)行なう

 

 

⑤禁酒

 

エタノールで、男性20~30ml/日以下、女性10~20ml/日以下

 

 

 

⑥禁煙

 

喫煙は高血圧症だけでなく、様々な疾患のリスク要因です。

 

 

 

●主要降圧剤は5種類

 

生活習慣の改善で血圧が下がらないケースや、心血管疾患のリスクが高いケースでは、降圧剤による治療が行なわれます。

 

 薬物療法には、Ca拮抗薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、利尿薬、β遮断薬(含αβ遮断薬)の5種類が主に使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

●妊娠高血圧症候群とは

 

 妊娠中期以後になって、高血圧症、蛋白尿、浮腫にいずれかが現れた場合を、以前は「妊娠中毒症」と呼んでいました。

 

これは、母体や胎児に様々な障害を起こすことが多いことから、昔から産婦人科医が妊婦の診察において一番注意を払ってきた妊娠中の異常です。

 

しかし、研究が進むにつれ、母体や胎児へ直接関係する異常は「高血圧症」が中心であることがわかってきました。

 

このことから、現在は「妊娠高血圧症候群」と病名が変更されています。

 

 妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧症がみられる場合、または高血圧症に蛋白尿を伴う場合に妊娠高血圧症候群と診断します。

 

この疾患は妊婦さんの約20人に1人の割合でおこります。

 

 

 

 

妊娠高血圧症候群の診断

 

血圧

 

【収縮時】

140mmHg以上、160mmHg未満

(重症)160mmHg以上

 

【拡張期】

90mmHg以上、110mmHg未満

(重症)110mmHg以上

 

蛋白尿

 

≧300mg/日

 

 

 

妊娠高血圧症候群を起こしやすい人

 

 

・高血圧、糖尿病、腎疾患

 

・妊娠前から肥満

 

・40歳以上

 

・前の妊娠時に妊娠高血圧症候群だった

 

 

 

なにかわからないことがあればお尋ねください。よろしくお願いいたします。

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る