ブログ

(体験談)赤ちゃんを授かることができました。つくば市38歳

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

 

当薬局で、漢方薬を服用して妊娠され、無事にご出産されたつくば市38歳のお客様から体験談をいただきました。

 

 

 

おめでとうございます。大変うれしいです。皆様にご報告いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方体験タイトル

 

 

 

赤ちゃんを授かることができました

 

 

 

 

漢方体験前

 

 

 

2年ちょっと妊活をしていて、病院の検査をしても特に問題もなく、原因不明の2人目不妊でした。

 

 

ずっと普通の産婦人科でタイミングをしていたのですが、授かれませんでした。

 

 

途中、体質改善に漢方薬が良いと知り、違う漢方薬局に半年弱通いましたが、あまり先生が信じられず、実感も感じられず、やめてしまいました。

 

 

その後、不妊の病院に行くようになり、タイミングを試している時に ‘’子宝相談‘’ のセミナーを知り「実力薬局100選」にも入っていて、年齢的にも時間がないので、ダメもとでもう1回漢方をやってみようと思って始めました。

 

 

 

 

漢方体験後

 

 

 

最初は高温期があまり長く続かず、体温が上がっていくのにも何日もかかっていたのですが、漢方を飲み始めてだんだん改善されていきました。

 

 

体の実感はあまり感じなかったのですが、体温に表れてくるので実感できました。

 

 

ちょうどリウマチを発症してしまった年だったのですが、それに合う漢方を処方して頂き体にも合ったのか、ありがたいことに飲み始めて4ヶ月弱くらいで、人口受精で授かることが出来ました。

 

 

漢方が効くかどうかは個人差があると思いますが、現状が変わらずにあせっている方は試してみるといいと思います。

 

 

 

 

漢方薬剤師より

 

 

 

他の漢方相談薬局からご縁があって、当薬局にきてくださって、ご懐妊・ご出産大変うれしいです。

 

 

こちらのお客様は、高温期が低い。高温期が短いという黄体機能不全気味ということがございました。

 

 

不妊治療中に、自己免疫疾患のリウマチを発病されました。

 

 

 

当薬局では、次の3つの点を考えて漢方薬をお渡ししました。

 

 

1. 高温期が低い。

 

 

2. 高温期が短い。

 

 

3. リウマチによる免疫のみだれ。

 

 

 

黄体機能不全気味で、高温期が短かったり、高温期が低かったりしたので、低温期の充実をはかり、よい卵が排卵できるように漢方薬をお渡ししました。

 

 

リウマチによる免疫の乱れの心配があったので、そのための漢方薬もお渡ししました。

 

 

お客様が体外受精を考え始められたので、体外受精専門のクリニックをご紹介しました。

 

 

リウマチもあるのでクリニックでは人工授精は難しく、早く体外受精をするべきというお話もある中で、人工授精でご懐妊されて本当に良かったと思います。

 

 

今後も健康漢方相談がんばります。何かございましたらお気軽にお尋ねください。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

全国実力薬局100選 漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

                  NO.7830  *59

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る