ブログ

平成28年度より初回不妊治療助成金が2倍

 

 

平成28年度より初回の不妊治療助成金(体外受精、顕微授精)の金額が15万円から30万円に増額されます。単純に考えると助成金が増額されると考えられますが、そうとばかりいえない面もあります。

体外受精対象年齢

 

初めて申請する人に限れば

 

もしその方が39歳までに最初の対外受精をおこなうとしたら、以前は90万円(15万×6回)助成されていたのが、今回は105万円(30万円+15万円×5回)となり、増額されます。

 

でも、40歳~42歳の人なら60万円(30万円+15万円×2回)となり、30万円の減額になり、43歳以上の方は助成対象外となり以前は90万円受けられていたのがゼロになります。

 

 

日本産婦人学会の2012年のデータでは43歳でのART(対外受精・顕微授精)での出産率は2.4%です。(42歳では3.6%)(日本産婦人科学会データより)

 

私どもの薬局では、43歳以上でも対外受精に成功した人はたくさんいます。日本産婦人科学会で13.6%に過ぎない40歳以上の方の妊娠率はスガヌマ薬局では約60%(2015年データ)ございます。(漢方薬を6カ月以上服用した方のデータによります)

 

体験談 第一子を授かりました①43歳乳腺症│黄体機能不全│高プロラクチン血症のT様

 

日本産婦人科学会

日本産婦人科学会データより

卵子の成長には180日以上かかるといわれています。40歳以上の方で体外受精を考えている方は、すくなくとも半年以上漢方薬を服用してから体外受精をすることをおすすめいたします。

 

詳しくは薬剤師の私どもにお電話ください。真剣にご相談いたします。

 

スガヌマ薬局 不妊カウンセラー薬剤師 菅沼真一郎 菅沼由美子

 

 

全国実力薬局子宝部門受賞

全国実力薬局子宝部門受賞 スガヌマ薬局

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443 

 漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 


ページの先頭へ戻る