ブログ

こだわりのキョーレオピン工場

 

 

こんにちは。店長の漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

工場の皆様のお出迎えしてくれました。感動しました。

 

こだわりのキョーレオピンの湧永製薬広島工場見学にいきました。(こだわりの内容は以下に詳しく書いています)

 

ブログ読書サービスとして、レオピンシリーズ(キョーレオピン、レオピンファイブ、レオピンロイヤル)をどれでも(今回だけ特別に1番高級なレオピンロイヤルも)試飲してただけます。

 

レオピンシリーズ最高のレオピンであるレオピンロイヤル

 

店頭にてお気軽にブログをみたよとおっしゃって、お好きなレオピンの試飲をしてください。

 

一回飲んだだけでもその日の疲れ具合が違うと思います。

 

レオピン工場の中には世界で販売されているレオピンが陳列されています。

 

レオピンの生産をしている広島工場は、広島駅から車で1時間半くらいかかる水の綺麗な場所にあります。

 

 

工場内にある研究所

 

ダイオキシンや有害物質を絶対含まない自然薬であるレオピンの生産をするために水にこだわって、この山奥に作ったそうです。

 

 

レオピンは、北海道名寄にある専用の農場で作られた無農薬のにんにくを広島工場に空輸して作られています。

 

キョーレオピンの生産工程の講義

 

工場の中の生産ラインを見学しました。

 

1本1本、 目でキャップのかすかな汚れも確認していました。

 

万が一汚れがあった時は、丁寧に拭けるように、使い捨てのガーゼが用意されていました。(撮影写真禁止なのでお見せできないのが残念)

 

とてもこだわりと生産者の思いがある素晴らしい自然の薬だと思いました。

 

工場の皆様のお見送り。私たちのバスが見えなくなるまでお見送りしてくれました。

 

大変お世話になった工場の皆様ありがとうございました。

 

 

 

工場近くの湧永庭園

 

工場見学の後、湧永庭園を見学しました。きれいなバラがたくさん咲いていて癒されました。

 

一緒に工場見学した専門薬局の先生方。皆さん、工場見学がとてもよかったと笑顔です。

 

 

昨日のセミナーの食事会では野口五郎さんのディナーショーがありました。野口五郎さんはレオピンファイブを飲んでいるそうです。研ナオコさんもキョーレオピンを飲んでいるそうです。レオピンを飲んで元気でいられるとおっしゃっていました。

 

 

湧永庭園のバラ

 

私達もレオピンは家族で飲んでいます。私もレオピンで元気で長生きして、お客様の元気と健康を守るお手伝いをしていきます。

 

こらからも健康漢方相談がんばります。

 

 

関連のリンク

 

健康の維持増進における食の役割(寺尾純二先生)

 

 

折れない心(柔道家 野村忠宏さん講演)

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

健康漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る