ブログ

月別アーカイブ: 2015年1月

二人目不妊の32歳のお客様が妊娠されました。...

二人目不妊でお悩みの32歳のお客様、本日いつものようにカウンセリングのときに温灸をおこなってお話を聞きました。当店に9月に漢方相談におみえになり、4ヶ月漢方薬をご服用され懐妊されました。思ったより早く妊娠できたことたいそうお喜びのご様子でした。この度に妊娠されて大変うれしく思います。

ハワイのお土産

お正月明けには旅行にいってきたらとお土産もいただき、とてもうれしく思いました。お客様から色々なお土産をいただきますが、こういう気遣いは私たちも元気がいただけます。

 

病院の検査で胎児の心音も確認できて大変うれしく思います。寒い日がつづきます。流産予防の漢方薬と子宮に栄養を与える漢方薬を続けて飲んでいただくだけでなく、冷え対策として、外出時にはマフラーをつかったり、厚手の靴下をはくことなどをお話しさせていただきました。 インドメタシンは胎盤を通過しやすいことから、腰に貼る湿布なども気をつけるようにお話ししました。

 

無事に出産までお手伝いしていきたいと思います。

坂東市立岩井中学校で薬物乱用について講演しました...

こんにちは。今日は坂東市立岩井中学校で学校薬剤師の仕事で薬物乱用について三年生の生徒さんの前で講演してきました。 覚せい剤や大麻などの麻薬はもちろんのことタバコの害についてもお話ししました。

 岩井中学校薬物乱用教室

麻薬やたばこは妊娠中に服用すると胎児に重大な影響を与えます。たばこは直接吸わなくても妊婦さんの近くで喫煙するだけでもその副流煙による影響が懸念されます。 中学生など未成年の時から覚せい剤や麻薬やたばこなどを服用すると中枢神経系に悪影響を及ぼします。中学生にその害を伝え、未然に防ぐためのサポートになるように一生懸命お話ししてきました。

薬物乱用教室坂東市

最後に謝辞として生徒さんからいただいたのですが、「自分も親友に誘われたらたばこをやってしまうかもしれなかったけど、今回の講演を聞いて、もしそういうときはたばこの害を話して親友を説得しようと思います」とのコメントいただいて、自分のいいたかったことが伝わってよかったと思います。

 薬物乱用教室薬剤師菅沼真一郎

こういう薬物乱用防止活動も薬剤師としての重要な仕事の一つです。地域の皆様のための活動の一環としてがんばっています。                     薬剤師 菅沼真一郎

牛久市のお客様から出産のご報告をいただきました...

 

 

 

 

 

牛久市のお喜びの声

無事に出産された牛久市のM様から出産のご報告とお子様のお写真をいただきました。大変うれしく思います。お客様のお喜びのお手紙・お電話をいただくと、私も子宝相談をしていて本当によかったと思います。これからもよりいっそう不妊治療でお悩みのお客様のお役にたちたいと思います。

出産お手紙

 

菅沼真一郎様  妊娠前や妊娠中はあたたかいアドバイスを沢山いただき感謝しております。 お陰様で昨年12月○○日に無事に女の子を出産する事ができました。 名前は○○と名付けました。 日々元気に成長しております。暖かくなりましたらお店に伺いたいです!本当にありがとうございまいした。Mより

ラルフローレンのスタイ

M様 ご出産おめでとうございます。無事にすくすくと育っているいるご様子で大変うれしく思います。お写真を送っていただきありがとうございます。お礼としてささやかでございますが、ラルフローレンのスタイをお送りします。気にいっていただけるとうれしく思います。

M様も元気でいらっしゃることと思います。まだまだ寒い日が続きます。暖かい靴下をはいたり、外出時にはマフラーをつかったりして冷え対策をしっかりしておこなってください。あたたくなったらぜひ○ちゃんとお連れになってご来店ください。お待ちしています。 スガヌマ薬局 菅沼真一郎

筑波学園病院で不妊治療中の土浦市35歳のお客様が妊...

妊娠エコー写真

本日、病院にいって胎嚢がみえたと、筑波学園病院で不妊治療中の土浦市の35歳のお客様がエコーの写真をもっておみえになりました。大変うれしく思います。ご夫婦で漢方薬をお飲みになって約1年でした。

 

旦那様は、精子が元気がなく、奥様は病院での検査には異常がなかったとのことでしたが、ストレスがかかるとプロラクチンが高くなる潜在性高プロラクチン血症とのことで、病院では特にテルロンなどの薬は服用されていませんでした。

 

漢方を飲み初めて腰痛や基礎体温のギザギザも改善されました。旦那様の精子の方も仕事が忙しかったり、ストレスがかかると悪化するものの概ね状態はよくなってきた矢先の妊娠でした。 本当におめでとうございます。

 

寒い日が続きますので、外出時には厚手の靴下をはいたり、マフラーやマスクとつかうなど冷え対策をしっかりおこなうことと、重いものを持たないことなどをお話しさせていただきました。これから無事ご出産までフォローしていきたいと思います。

1月のフラワーセールのお知らせ

こんにちは。だいぶ寒い日が続いてきました。お元気で過ごされていることでしょうか。

風邪が流行っていますので、しっかりうがい手洗いをして予防をしましょう。

1月23日から1月27日までフラワーセールをおこないます。 期間中買い物をされた会員様に金額にかかわりなく無料でかわいらしいお花、ジュリアンハロウィン2鉢を差し上げています。

ジュリアンハロウィン当日会員登録をされてお客様も対象になります。 ぜひお友達と一緒にご来店ください。 寒いので暖かい服装でご来店ください。お待ちしています。

寒冷じんましんがよくなりました。

寒冷蕁麻疹11月におみえになったI様、毎年冬にじんましんが悪化してひどくなるとご相談においでになりました。11月になって寒い日がつづくと首筋や脇の下にかゆみがあるじんましんがでるとのことでした。寒冷じんましんではないかとおっしゃって、冷えると悪化するとのことでした。体を温める漢方薬とじんましんは免疫の過剰反応によるものなのでそれを改善する漢方薬を飲んでいただきました。

 

12月に一ヶ月服用してご来店いただいたときは、じんましんは、ひどいじんましんはでなくなって体も温まってきたとお喜びいただきました。今月(1月)にご来店いただいたときは、じんましんもでなくなってきて、脇の下のじんましん跡もだいぶよくなってきたけど、首筋の跡はまだあるとのことでした。

 

皮膚は入れ替わるにの28日周期ですが、奥の部分まで入れ替わるためには、時間がかかることを説明して、じんましんがおきなければだんだん皮膚の代謝(入れ替わり)が進んでよくなることをお話しました。まずは脇の下の跡だけでもよくなってよかったです。養生法としてかゆみがひどいときは温めすぎるとかゆみがますことがありますが、今はかゆみがないので半身浴をおこなって代謝をよくすることをお話しました。

20代後半妊娠周期が33日以上|坂東市27歳女性②...

 

 

 

S様より
漢方体験前
なかなか子供が出来なかったので、病院に通ったが、あまり成果が出ず悩んでいた時に、スガヌマの「子宝相談」という看板を見て飛び込みました。

 

漢方体験後
最初は本当かな?と不安でしたが、まさかこんなに早く子供が授かるとは思っていなかったのでビックリでした。不妊に悩んでいる方がいたら、ぜひ教えてあげたいです。それぐらい確かなものだとおもいました。

20代後半妊娠周期が33日以上|坂東市27歳女性①...

 

 

 

不妊治療で病院でなかなか治療しても結果がでないとのことでご相談いただきました。

基礎体温表をみるとガタガタしていて、35.5度以下になることもしばしばありました。漢方薬を飲み始めて体があたたかくなってきたとお喜びになられていました。「病院の先生よりも色んな事を教えてくれて、不安がなくなり漢方のおかげで体の調子もよくなりました。」とおっしゃっていただきました。

服用して3,4ヶ月で妊娠されました。大変うれしく思います。無事にご出産までフォローしていきたいます。

寒卵(かんたまご)を食べましょう

こんにちは。皆様は寒卵(かんたまご)という言葉をご存知ですか。

小寒(寒の入り)から節分までの間を寒中といいます。 その間に産まれた卵を、寒卵といいます。 昔からこの時期の卵は滋養に富むといわれていて、俳句の季語にもなっています。

今年は、1月6日から2月3日が寒の内です。 うちの家族も毎日卵を食べています (食べすぎは逆によくないので1日1個までにしてくださいね) ほぼ中間となる大寒は、1月21日です。

これからどんどん寒くなっています。 冷えは血行不良につながり、不妊症、生理痛、肩こり、腰痛などの要因になります。 当店では冷え性の改善のために半身浴をおすすめしています。この時期はどうしても肩が冷えると汗がでにくくなるため、乾いたタオルを肩にかけておこなうようにお話しています。

何かわからないことがあれば遠慮なくお電話ください。よろしくお願いします

手軽に七草がゆを食べましょう

1月7日は七草がゆを食べる日です。春の七草としては「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずじろ」を朝粥として、今年一年の無病息災を願って食べられてきました。しかし、これらの食材は今では手に入れるのが難しいものばかりです

。今年は、身近な材料をつかったオリジナルな七草がゆをご紹介いたします。年末年始の食べ過ぎ、飲みすぎで弱った胃を休めるのにも最適です。ぜひお試し下さい。

 

オリジナル七草がゆレシピ

春菊(しゅんぎく)-浄血作用、血液をきれいにして、コレステロールを下げたり、植物繊維による腸の調子を整える作用があります。

 

小松菜(こまつな)-胃腸の働きを良くし、便通を促します。 体の余分な熱を収めてイライラ、ストレスにもいいです。

 

水菜(みずな)-豊富なビタミンCよりシミやシワの改善をし、肌の若返りや美白効果があります。カゼ予防にもなります。

 

ネギ(ねぎ)-体をあたためて、疲労回復や風邪予防の効果もあるとされています。 カブ-消化を助ける。胃腸を温める。

 

大根(だいこん)-消化を助け、美肌効果・風邪予防・二日酔いにもいいです。葉は、ニキビや吹き出物にもいいとされています。

 

人参の葉(にんじんのは)(人参でもOK)-βカロチンが含まれていて、カルシウム、鉄分も多く含まれています。胃腸の働きを調和させてくれます。(葉の方がβカロチンが多いです)

ページの先頭へ戻る