ブログ

月別アーカイブ: 2018年12月

健康雑誌ことぶきに漢方相談薬局として紹介されました

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

ことぶきに見開き1ページにわたって紹介されました。

 

私のインタビュー記事も掲載されています。

 

とてもうれしいです。

 

これからも健康漢方相談がんばります。

 

 

 

 

 

健康づくりのために半身浴や笑うこともお勧め

 

 健康を保つには、「暮らしの中での予防が肝心」と呼びかけている、スガヌマ薬局。

 

 「皮膚トラブルで相談にくる方も多く、みなさん、食生活の見直しが必要ですね。野菜を中心とした、具だくさんのスープをお勧めしています」と菅沼真一郎先生。

 

 さらに、健康づくりのためには、半身浴や笑うことも有効とアドバイスを。

 

健康漢方相談薬局”として、地域の方々の悩みを聴き続けています。

 

 

 

 

 

 

子どものころから両親に学んだ養生法継承

 

 家族連れから高齢者まで、幅広い客層が訪れる、スガヌマ薬局。

 

 それぞれの疾患への対応はもちろんですが、予防のために養生法のアドバイスにも注力しています。

 

 「子どものころ、両親から養生について学びました。

 

 やはり、そうしたものを次の世代にも受け継いでいき、病気にならないからだづくりが大切だと分っていただきたいですね」

 

 そう、菅沼真一郎先生はいつも願いながら店頭に立ち、日々、相談に応じています。

 

 最近は、子宝や、アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルで悩む方もたくさん訪れるそう。

 

「食生活が悪いため、皮膚に疾患があらわれるのです。

 

 肉や魚をとり過ぎないようにして、パンよりもごはんをお勧めしています。

 

 野菜を中心とした具だくさんのスープがいいでしょう」

 

 シニアでも皮膚疾患で困っている方が多く、お酒をのみ過ぎない、冷たいものはとらない、味つけは薄くなど、できることから実践するように、アドバイスしています。

 

 

“健康漢方相談薬局”としてこれからも地域に貢献を

 

 これから冬に向かい、体調管理が難しくなる時季です。

 

 そこで、菅沼先生は、半身浴を勧めています。

 

 「お湯の温度は好みに合わせ、多少は熱くてもいいので、のぼせない程度に。20分くらいは入っていられるようにしてください。血液がからだ中を巡り、新陳代謝もよくなっていきます。冷え症やむくみ予防にも、半身浴はいいですね」

 

 また、菅沼先生は、健康増進のために笑うことを実践しています。

 

「よくテレビでお笑い番組を観ますし、大阪へ行ったときには、ライブにも足を運びますよ(笑)。笑うことは健康に寄与するという研究データも発表されていますので、ぜひ、1日1回は意識して笑うようにしてください」

 

 今後も、“健康漢方相談薬局”として、地域の健康づくりに貢献していきたいという菅沼先生。

 

 

 相談スペースの充実など、店内の改造も視野に入れています。

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

年末年始のお休みと坂東市休日当番医

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

12月28日は仕事納めという方も多いと思いますが、年末寒波のピークで全国的に寒くなるそうです。

 

お休みの前に風邪など引かないように、お気をつけ下さい。

 

 

スガヌマ薬局及び周辺医療機関のお休みをおしらせいたします

 

スガヌマ薬局は12月30日(日)から1月3日(木)まで、お休みをさせていただきます。

 

今年一年、大変お世話になりました。 来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

新年は1月4日(木)より元気に営業いたします

 

 

周辺医療機関の年末年始のお休み

 

木根淵外科胃腸科病院 12/29午後~1/3

 

吉原内科 12/29午後~1/3

 

存身堂医院 12/29午後~1/3

 

天王前クリニック 12/29午後~1/3

 

高橋医院 12/30~1/3

 

木村クリニック 12/30~1/6

 

 

休日診療当番医

 

1/1元旦 内科・外科共に 高橋医院

 

1/3年始 内科・外科共に 木根淵外科胃腸科病院

 

1/3年始 内科 ホスピタル坂東  外科 石塚医院

 

薬物乱用防止の講演

 

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

平成30年12月14日に、岩井中学校で薬物乱用防止の講演をおこないました。

 

薬物乱用防止教室は学校薬剤師の重要な仕事です。

 

私は、担当の岩井中学校の他、境第一中学校でも依頼をうけて講演したことがあります。

 

今回で6回目の講演になります。

 

薬物乱用は大変危険なことです。

 

その危険を訴え、薬物乱用防止に努めることはとても大切です。

 

特にその入り口となるのは、たばこです。

 

たばこを吸っている人は、禁煙をおすすめしています。

 

禁煙したい方、禁煙はできないけどたばこの害を減らしたい方は

 

ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

薬物の科学的な知識に詳しくなることと、薬物の恐ろしさを知ることは別なので、詳細な説明はいたしませんが、薬物にはそれぞれ種類があります。

 

 

 

興奮系薬物

 

・覚醒剤

 

・MDMA

 

・コカイン

 

 

上記のクスリが効いている間は、食べなくても、眠らなくても、興奮状態のままとなるドラッグです。

 

 

抑制系薬物

 

・麻薬(アヘンなど)

 

・向精神薬(精神安定剤など)

 

・有機溶剤(シンナー、トルエンなど)

 

 

 

上記のクスリが効いている間は、夢見心地となり、多幸感や酩酊感を感じさせるドラッグです。

 

 

幻覚系薬物

 

・LDS

 

・大麻

 

・マジックマッシュルーム

 

 

上記のクスリが効いている間は、別次元の世界にいるような感覚になるため、幻聴や、幻覚などを呼び起こすドラッグです。

 

 

その他の薬物

 

・違法ドラッグ

 

法律で麻薬や覚醒剤として、まだ禁止されていない物質から合成されるドラッグで、作用はさまざまです。

 

興奮、抑制、幻覚などがあらわれます。

 

最近までは合法ドラッグと言われていましたが、もちろん法律で認められているわけではなく、法律をかいくぐっている脱法ドラッグです。

 

医薬品としてはもちろん、薬事法という法律でどんどん禁止している違法ドラッグです。

 

 

では、下記のどれが危険なドラッグになるか皆さんはわかりますか?

 

 

・鎮痛剤

・風邪薬

・咳止め薬

・ガスライター

・酒

・タバコ

・スピード、エス、タマ

 

こちらは、岩井中学校の生徒さんにも出題いたしました。

 

 

答えは・・・全部

 

 

 

スピード、エス、タマは覚醒剤やMDMAの別名ですが、みなさんの身近にある鎮痛剤、風邪薬、咳止めなども使い方(用法・用量)を間違えると、危険なドラッグになるのです!!

 

 

例えば、頭をスッキリさせたくて、毎日少量の鎮痛剤を飲んでいたが、大量の鎮痛剤を飲まないと効かなくなってしまい依存症になってしまった。

 

お酒で気分を変えたいや、タバコで気分を落ち着けたいなども依存症になり得るためドラッグです。

 

スピード、エス、タマ以外は、身近で売っているものですね。

 

結局、薬物とは何でしょうか?

 

種類は関係なく、自分の気持ちを変えられるものならば何でもドラッグになりうるということです。

 

スッキリしたり、落ち着いたりと簡単にできるから癖になってしまい、麻薬や覚醒剤を手に入れなくても、ドラッグ中毒になってしまう危険性があるということ

 

つまりクスリは、治療薬として用いることもできるし、危険ドラッグとして用いるこ

も可能なわけです。

 

 

怖いですね。

 

薬物に手を出してしまうときはどのような時なのでしょう?

 

 

自分を好きになれない、自分の居場所がないと感じるような環境にいることがもっともおこりうる時。

 

このような心の状態のときにドラッグへの誘惑があると、「少しなら」「自分はすぐやめれるし」「今だけなら」と思ってしまうのです。

 

ドラッグをやれば確かに一時的に全ての不安を忘れられるのですから、魅力的に思えてしまいます。この魅力的な世界に誘ってくる人は、恋人、友人、親しい先輩などが多いと薬物乱用者の方が語っています。

 

薦めてくる人は「僕(私)だって大丈夫」と言い、薦められる人も「別に変わった感じはしないし、大丈夫なんだ」と思ってしまいます。

 

でも大丈夫に見えるのはその時だけで、ドラッグが切れている時、あるいは数ヶ月後は正常ではないはずです。数年後にはこの世にいないかもしれないし、塀の中かもしれません。

 

それでも、その誘いにのってしまったら、そのうち皮膚の下に無数の虫を感じるようになります。

 

それが幻覚です。苦しみはずっと続きます。

 

しばらくドラッグからとおざかっていても、心と体に刺激が加わると、その刺激を体がドラッグの刺激と勘違いして、ドラッグをやったのと同じ症状を現すようになります。それがフラッシュバックと言って一生苦しむのです。

 

 

ドラックに手をだしてしまう生活の7項目

 

次の7つの項目にあてはまるか、中学生にお聞きしました。

 

・起床と就寝の時間が一定していない

 

・朝食を食べる習慣がない

 

・家族そろって夕食をとることが少ない

 

・悩み事は親、先生、友人に相談しない

 

・学校生活が楽しくない

 

・部活に積極的ではない

 

・自分を高める親友がいない

 

薬物乱用者の多くはこの7つの項目にも該当する生活を送っていました。

 

皆さんの中にも現在の状況に何となく不満、でも出口がないという状況などそんな方はいませんか?

 

 

たばこの害

 

また、薬物乱用者の多くがタバコから入門しているのです。麻薬や覚醒剤などのドラッグの入口になりうるドラッグ。つまりタバコのニコチンです。

 

タバコの恐ろしさはニコチンによる依存性と、タールなどの有害物質による健康被害です。

 

タバコを吸ってその人の体に入る煙を主流煙、タバコの先端からゆらゆら立ち上がる煙が副流煙です。

 

この副流煙は一酸化炭素4.7倍、アンモニア46倍、タール3.4倍、カドミウム3.6倍、窒素酸化物3.6倍、ニトロソアミン52倍、ホルムアルデヒド50倍、ニコチン2.8倍、ベンゼン10倍と副流煙の方(吸っている本人より、周りの人)が、健康被害が大きいことが分ります。

 

中高生の時から喫煙を始めると、喫煙しない人や大人になってから喫煙し始める人に比べて、高い確率で肺がんで死亡すると言う結果が出ています。だから日本は、タバコは20歳以上と決められているんですね。

 

ニコチン依存は病気です。依存症にならないために、また病気のリスクを低くするためにも、最初の1本を吸わないことが大切です。と中学生の皆様に伝えました。

 

 

 

質問では、アイコス(電子たばこ)なら大丈夫か?ということを聞かれました。

 

確かにアイコスは、タールはありませんがニコチンは、同じようにあります。

 

ニコチンの害はなくならないし、副流煙も同じようにあって、周りの人に害を

 

与えるのでやめましょうとお話しました。

 

 

 

 

 

タバコを吸ってるみなさんも、自分を見つめ直し、もう一度周りの人の事を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

12月 冬の大抽選会開催中!!

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

寒さが一層厳しくなってきましたが皆様お元気にお過ごしでしょうか。

 

 

 

スガヌマ薬局では毎年恒例の冬の大抽選会が開催されます

 

期間は本日12/20~25日までの6日間です。

 

景品は自転車、新巻鮭、ボトルブレンダー、日高昆布、ホットプレート、バスタオルなどさまざまです。

プレゼントを多く用意してお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私はくじ運が無いから…」とよくお客様がおっしゃいますが、スガヌマ薬局の抽選は空くじはありません。

必ず景品をお持ち帰りいただけます。

 

3500円につき1回、500円お買い物ごとに差し上げている補助券は7枚で1回

皆様のご自宅にお届けした、ピンクのお手紙をお持ちいただけましたら、さらに1回追加で抽選にご参加頂けます。

昨年や一昨年の抽選券もお持ちでしたら、こちらの券も有効ですので捨てずに一緒に出して下さいね!

 

楽しいスガヌマ薬局の抽選会、皆様のご来店をお待ち申し上げます!!

 

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

不妊とアトピーの漢方薬

漢方のスガヌマ薬局

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

大阪の子宝カウンセラーの会に不妊治療の勉強に行って来ました。

 

 

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

2018年12月9日(日)大阪 東洋医療専門学校でおこなわれた第46回子宝カウンセラーの会に不妊治療の勉強会に参加してきました。

 

邵 輝先生に講演後、不妊治療についてお聞きしました

 

 

妊娠とストレス、妊娠とサプリメントの関係について、とても勉強になりました。

 

不妊治療中のお客様のために、ストレスを減らしたり、足りないサプリメントを補うことは重要です。

 

今回勉強したストレス軽減する漢方薬やサプリメントを使って、多くの方を妊娠、出産に導けるように頑張ります。

 

 

◎不妊治療とストレス

 

第1部 医学博士 邵 輝(しょうき)先生から、反復移植失敗患者の漢方と治療の最新情報についてお聞きました。

 

講演中のショウキ先生

 

 

ショウキ先生は、繰り返し体外受精における胚移植が失敗する患者さんは、ストレスが多い人が多いとのお話しをされていました。

 

ストレス軽減には、松康泉と抑肝散を合わせて使うといいとのことです。

 

ストレス軽減は、中国の不妊治療の第1人者である国医大師の夏先生も心腎子宮学説(よい卵子をつくるためには心と腎を漢方薬を使って補うことが大切)を唱えています。

 

私も不妊治療で悩むお客様のストレスを減らして、妊娠していただけるように、日々、漢方カウンセリングをしています。

 

 

◎不妊治療に必要な栄養素

 

第2部 英ウィメンズクリニック部長の土倉陽子先生からは、体外受精の患者さんにサプリメントを使うことがとても大切だというお話しをお聞きしました。

 

英ウィメンズクリニック部長 土倉陽子先生

 

働く女性が増えて、ストレスが増えて、食事もバランスよく食べるは難しくなっているそうです。

 

食生活を確認したり、検査したりして、足りない栄養素をサプリメントで補うことが大切だそうです。

 

 

妊娠に必要なサプリメント

 

1 葉酸

 

2 ビタミンD

 

3 亜鉛

 

4 イノシトール

 

5 コエンザイムQ10

 

6 ラクトフィリン

 

7  メラトニン

 

8  DHEA

 

 

 

 

私も不妊で悩むお客様のお話をよく聞いて、食生活や体調を確認して、必要な栄養素を補うようにお話ししていこうと思います。

 

 

◎不妊治療と温灸

 

第3部 1 メディカルサロン M 岐阜漢方センター  高橋産婦人科鍼灸院天使の産声 薬剤師 鍼灸師 野崎利晃先生から、不妊治療に使うツボをお聞きしました。

 

野崎利晃先生

 

不妊治療には、妊娠三穴(神闕(しんけつ)、関元(かんげん)、気衝(きしょう))に鍼灸をすると妊娠率があがるそうです。

 

先生は、毎日、通院はできないので、三闕に温灸をしていただいているそうです。

 

妊娠三穴(神闕(しんけつ)、関元(かんげん)、気衝(きしょう))

 

私もお客様にこれからは、温灸をご紹介していこうと思いました。

 

 

 

◎不妊治療とショウキTー1と松康泉

 

第3部2   英ウィメンズクリニックサプリメントセンター長 山口庸仁先生から、

 

ショウキTー1エキスを用いた胚盤胞取得率及び妊娠率の年齢別比較検討についてお話しいただきました。

 

ショウキTー1を服用すると妊娠率が優位に向上するそうです。

 

英ウィメンズクリニックサプリメントセンター長 山口庸仁先生

 

男性不妊についてもお話しいただきました。

 

 

初期の流産の9割は、男性の精子の質が悪いようです。繰り返し初期流産をされる患者さんには、精子の質をあげることが大切です。

 

精子の質をあげるためには、松康泉を使うそうです。

 

松康泉を4ヶ月男性に飲んだら、今まで胚盤胞まで育たなかった方が胚盤胞まで育つようになって、妊娠、出産できた例もあるという例をお話しされていました。

 

 

 

そのほかにも第4部では、日本国際中医薬振興会指定国際薬膳師早川先生から薬膳のお話、橋下実沙樹先生からは、胃腸に効くツボ(陰陵泉(いんりょうせん)、足三里(あしさんり)、胃兪(いゆ))への温灸のお話をお聞きしました。

 

 

今回、子宝カウンセラーの会に参加して、漢方と不妊治療の勉強ができてとても良かったです。

 

今回学んだことを、これからの漢方カウンセリングに役立てていきたいと思います。不妊治療で悩む方のためにがんばります。

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

(体験談)無事に子宝に恵まれました。PCOS桜川市29歳

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)(PCOS)で自然に排卵することが難しかった桜川市29歳の方が、ご出産され漢方体験談をいただきました。

 

 

おめでとうございます。無事に妊娠、出産して本当にうれしく思います。

 

 

無事子宝に恵まれました

 

 

 

漢方体験前

 

 

元々生理が不順で、20代の前半から多のう胞性卵巣症候群だろうと診断を

 

うけていたので、結婚後早めに漢方の治療を受けました。

 

ほっておくと、3、4ヶ月生理もこず、生理がきても少量で排卵はおきておらず、子宮内膜もうすい状態でした。

 

病院で排卵誘発剤を使って、排卵しても内膜がうすく着床も中々できませんでした。

 

 

 

漢方体験後

 

 

漢方を飲みはじめて、最初はあまり変化を感じませんでしたが、徐々に体が温まる感じがしたり、肩こりが楽になりました。

 

そのおかげか、飲みはじめて3ヶ月で着床もできて、無事に妊娠することができました。

 

排卵誘発剤を使うと内膜がうすくなってしまうと聞いていたので、それを漢方が補って内膜をあつくしてくれたのかなと思います。

 

無事に6ヶ月をむかえ産まれてくるのが楽しみです。

 

 

 

漢方薬剤師より

 

漢方薬を服用して3ヶ月で無事にご懐妊され、ご出産されて本当に良かった思います。

 

ご来店された時は、生理が3、4ヶ月こなくて、病院でリセットをしたりすることをとても心配されていました。

 

冷え性や肩こりもありました。漢方を服用され、冷え性や肩こりも改善されてきた矢先のご懐妊、とてもうれしかったです。

 

スガヌマ薬局では、冷え性、生理痛は、ほぼ改善します。出産後も冷え性や生理痛がある方もお気軽にご相談下さい。

 

 

スガヌマ薬局の子宝相談は、多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)(PCOS)の方にも、漢方を服用して、ご懐妊、ご出産されています。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの方はご相談ください。気持ちを楽にして妊娠、ご出産できるようにお手伝いいたします。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)のその他の漢方体験談こちらをクリック

 

 

 

 

 

 

全国実力薬局子宝部門受賞

全国実力薬局子宝部門受賞 スガヌマ薬局

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

茨城県坂東市岩井4443 

 漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 

                        No.1829

冬の脳梗塞・心筋梗塞を漢方で対策

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

平成30年12月1日13時30分から15時まで坂東市中心市街地活性化センターで

 

「冬の脳梗塞・心筋梗塞を漢方で対策」の健康セミナーを行ないました。

 

今回ご協力をいただいたのは、中国伝統医学 中医学講師の王愛延先生です。

 

 

脳梗塞、心筋梗塞の予防に冠元顆粒(かんげんかりゅう)はとてもよいそうです。

 

実は、私も予防で寝る前に1包必ず飲んでいます。

 

私が40歳のとき、私の中のよかった先輩が心筋梗塞で亡くなりました。

 

お通夜にいったとき、私の尊敬している漢方の先生が、冠元顆粒をのんでいれば心筋梗塞にならなかったかもしれないねとおっしゃっていました。

 

私はそのお話を聞いて以来、ずっと寝る前に飲んでいます。

 

 

 

 

 

王先生が 心筋梗塞、脳梗塞の予防について色々お話して下さったのでご紹介致します。

 

 

まず初めに

 

 

血管の硬化は何歳から?

 

 

答えは30歳からです。

 

 

 

心筋梗塞になる要因は?

 

・運動不足

 

・お酒の飲みすぎ

 

・食事が塩辛いものが多い

 

王愛延先生も塩辛い物の摂取を気をつけているとの事でした。

 

 

脳の細胞と心臓の細胞は同じように再生できないものがあります。

 

細胞が死んでしまうと再生できません。

 

新しいものが出来ないから心筋梗塞は怖いのです。

 

 

人は、30歳から動脈硬化が始まる為、誰でも血の巡りが悪くなります。

 

 

 

 

ここでご紹介したい漢方薬!!

 

その名は「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」

 

 

 

冠元顆粒は薬ではなく漢方ですと王先生はおっしゃっていました。

 

漢方の1番すばらしいところは、病気などを未然に防ぐという所です。

 

 

 

 

血、水、気この3つのバランスが大切

 

水が多い→浮腫む

 

気が足りないと元気が出ない→気が滞ると鬱になる、更年期による苛々

 

血が足りないと、貧血になる→立ち眩み、冷え性になる、顔が青白くなる

 

心臓の血が滞ることによって、心筋梗塞や脳卒中になります。

 

肩こり、腰痛、血の巡りの悪さから、瘀血(おけつ)による色々な症状があります。

 

※瘀血(おけつ)とは・・・血が滞ること

 

 

例えば・・・

 

冬は「寒邪」が盛んでいる

寒邪は血を「凝固」する

血行が悪くなる瘀血(おけつ)になる

 

瘀血(おけつ)になると赤血球がドロドロになる

 

血がドロドロになることによる動脈硬化

 

といったような事がおきる時期でもあります。

 

 

 

冠元顆粒の主成分の丹参(たんじん)の効用

 

夜は魚、昼はお肉といった食事改善などの心がけも必要です。

 

 

 

 

ヨーロッパ、アメリカなど食事は濃いが、運動は好きなのでカロリーの消化が出来ますが、アジア人は食べても動かない方が多いため運動が足りていません。

 

 

 

みなさんは食事の後など、適度な運動はされていますか?

 

 

まずは、生活改善の見直しと一緒に冠元顆粒を飲んで脳梗塞・心筋梗塞予防対策をはじめてみませんか?

 

 

 

参加された皆様の感想

 

https://www.suganuma-yakkyoku.com/seminarinfo/9342

 

 

 

 

次回は、風邪の予防法と風邪薬の選び方を平成31年1月8日(火)13:30から15:00でおこないます。皆様のお申込お待ちしています。

 

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

健康漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

12月のブログ読者サービス

茨城県坂東市からこんにちは。

 

いよいよ今月は師走です。

 

忙しい時期です。ストレスがたまりやすくなっています。

 

リラックスを心がけましょう。

 

深呼吸を腹式呼吸ですると気持ちが楽になることが多いです。

 

ストレスを感じたら深呼吸をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

ということで今月のキ-ワードは「深呼吸」です。

 

ご来店の際には、キーワードをお忘れなく♪

 

 

 

 

キーワードをおしゃっていただいたお客様限定で、

 

対象となる健康薬・漢方薬を1万円以上お買い上げで500円引きをいたします。

 

店頭あるいはお電話でご注文の際におっしゃってください。

 

よろしくお願いいたします。

 

*お一人様一回限り 他のサービスとの併用はできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

        

 

 

 不妊とアトピーの漢方薬なら

健康漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

12月の定休日と日曜営業日のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

今年もあと1ヶ月をきりました。早いですね-。

年末にかけて、お忙しい日々も増えてきますよね。

疲れや風邪など引かないように、レオピンを飲んで今年を元気に乗り切りましょう!!

 

 

 

 

 

 

さて、12月のスガヌマ薬局の日曜営業日をお知らせします。

 

定休日は、以下のとおりになります。

 

2日(日)・9日(日)・16(日)・30日(日)・31(月)は お休み をいただきます。

 

12月23日(日)・24(祝)は10時から19時まで営業します。

(処方箋の受付も大丈夫です)

 

 

 

2018年全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

健康漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る