ブログ

認知症予防の4つのポイント

 

 

こんにちは。認知症にならないためには生活習慣が大切です。4つのポイントとして、1.睡眠、2食事、3運動、4コミュニケーションがあげられます。それぞれ説明したいと思います。

 

 

 

1、睡眠

 

夜はぐっすり眠って認知症予防

睡眠が足りないと、日中にボーっとする時間が増え、認知症のリスクを高める一因になります。疲労回復やストレス解消にも質の良い睡眠は大切です。

 

 

アミロイドβは睡眠中に排出されます。

※健康長寿にも、認知症予防にも睡眠時間は7時間位が理想的です。

 

 

ぬるめのお風呂で体を温める

就寝前に37~40度のぬるめのお風呂で体を温める。

 

カフェインはなるべく摂らないように

夕食後のカフェイン摂取や寝酒は控える。

飲むならリラックス効果のあるハーブティーやホットミルクなどで体を温めるのがオススメ。

 

 

 

 

リラックスを心がける

軽めの読書、静かな音楽、アロマテラピー、ストレッチなどでリラックスする。

 

明るさを意識して

寝室を暗くする。青い光は避けて、橙色の電灯に変えましょう。

 

朝日を浴びる

朝日を浴びることにより、良い眠りに導くホルモン「メラトニン」が分泌されやすくなります。

 

 

 

 

日本人女性の睡眠時間が世界一短い!!

睡眠について意識する必要がありますね。

 

 

 

40歳代 女性:6時間28分

40歳代 男性:6時間43分

 

 

 

 

 

 

2、食事

 

食事に気をつけましょう ~栄養のバランスが大切です~

 

 

脳に良い食べ物

 

青魚

 

 

 

ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)が

含まれており、加齢に伴う記憶学習機能の低下を予防します。

 

 

緑黄色野菜

 

 

 

緑黄色野菜や緑茶に含まれる

葉酸が脳を若く保ちます。

 

 

 

大豆・大豆製品

 

 

 

イソフラボンやリン脂質などが

認知症の予防につながります。

 

 

 

 

その他

 

 

 

淡色野菜、果物、きのこ、海藻、

オリーブオイル、イチョウ葉、高麗人参

なども脳を若く保つことに役立ちます。

 

 

 

3、運動

 

歩くだけでも良い。脳に負荷をかけるとさらい良い

 

 

 

 

 

 

1日5000歩の歩行と1日7.5分の中強度の運動

 

 

 

 

それ以上の運動をしている人とそれ未満の人は、認知症の発症率に明らかな差があることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★中強度の運動とは、「何とか会話ができる程度」の速歩き

 

 

 

 

 

4、会話コミュニケーション

 

人と会って会話をすることは、相手の身振りや表情、声の抑揚、また相手や自分の感情などにも気づくことができるので、言葉以外のコミュニケーション機能を司る前頭葉、海馬、側頭葉など広範囲の脳を活性化します。いつも、同じ人との会話は刺激が少ないようです。

 

 

 

***ストレスにならない様に、自分で出来ることをトライして下さい***

~認知症にならないための12の予防法~

1.おしゃべりの輪を広げよう

2.料理のレパートリーを増やそう

3.バランス良く栄養をとろう

4.運動を習慣化しよう

5.ダンスを踊ろう

6.頭の体操をしよう

7.手先を使って創作しよう

8.園芸で五感を刺激しよう

9.旅行に出かけよう

10.車の運転を楽しもう

11.アロマで生活のリズムを整えよう

12.楽しいことにチャレンジしよう

 

 

 

認知症の4つのポイントを日々の生活習慣に取り入れて予防しましょう。なにかわからないことがございましたらお尋ねください。よろしくお願いいたします。

 

全国実力薬局「漢方相談」部門受賞

全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

不妊とアトピーの漢方薬のご相談ならスガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

おん


ページの先頭へ戻る