ブログ

坂東市第9回子宝セミナーを開催しました

 

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

第9回坂東市妊活セミナーを開催しました。

 

 

 

セミナーの開催のご案内はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

生殖医療学会学術理事・美馬レディースクリニック主任の柳田先生にご講演いただきました。

 

 

楽しい講演で、出席された皆様はとても参考になったと口々におっしゃっていました。

 

 

今回、新しく漢方相談スガヌマ薬局とご縁をいただけたお客様もいらっしゃいます

 

 

半年後の妊娠をめざして、私たちも精一杯がんばります。

 

 

生殖医療学会学術理事柳田先生

 

 

講演の一分

 

 

 

 

愛妻の日

 

 

 

・1月31日は愛妻の日です

 

 

妊活は夫婦の協力がカギです。

 

 

 

 

 

7割妊娠

 

 

 

・講演を聴いた方は半年で7割妊娠するそうです。

 

 

・半年後のお盆ごろには、今回ご出席の方の7割の方が妊娠します。

 

 

・ただ、まっていても妊娠しません。妊娠するには、努力が必要です。

 

 

 

猫背

 

 

 

・猫背の人は、妊娠しにくい。

 

 

・猫背は甲状腺の異常になりやすい。

 

 

 

ルイボスティー

 

 

 

・ルイボスティーを飲むと妊娠しにくい。

 

 

 

口角

 

 

 

・口角が下がっていると妊娠しにくい。

 

 

・口角が上がると、幸せになって、妊娠しやすくなるホルモンがたくさんでます。

 

 

・昔からニコニコ笑っていると赤ちゃんがくるのよ~といわれていました。

 

 

・ホルモンは、肉・魚などからできている。

 

 

・女性ホルモンは、ストレスなどを受けると、コルチゾールという抗ストレスホルモンができて、女性ホルモン(エストラジオールなど)ができにくくなります。

 

 

・笑顔でいるといいですよ。

 

 

 

基礎体温

 

 

 

・生理期や低温期の基礎体温が高いと妊娠しにくい。

 

 

・低温期と高温期の幅が大きい方が妊娠しやすい。

 

 

・生理期や低温期の基礎体温が高い人はストレスが多い。

 

 

・基礎体温のバランスをとるには漢方薬を使ったほうが早い。

 

 

・高温期は、黄体ホルモンの量によってきまります。

 

 

 

足首

 

 

 

・手で素肌の状態で足首をつかんだとき、手の温度と足首の温度が一緒なら3ヶ月で妊娠します。

 

 

・手の温度の方が足首の温度より高いと妊娠するまでに半年以上、かかります。

 

 

・足首が冷えている方は、早く妊娠するためには、漢方薬を多く服用する方がいい。

 

 

 

ホルモン

 

 

 

・女性ホルモン、男性ホルモンは、寝ているときにでます。

 

 

・夜の12時に寝るとしたら、夜の10時以降はスマホをみると妊娠しにくくなります。

 

 

・スマホのブルーライトをみると女性ホルモン・男性ホルモンは、2時間はでにくくなります。

 

 

 

 

質問 妊娠しやすい食生活はどうすればいいですか?

 

 

 

答え 下記の5つのものは食べたり飲んだりしないでください。

 

 

1  ?

 

2 マーガリン

 

3 生クリーム

 

4 サラダ油

 

5 コーヒーフレッシュ

 

 

 

1の答えは漢方相談スガヌマ薬局の漢方薬剤師にお尋ねください。と柳田先生がおっしゃっていました(笑)

 

 

 

角砂糖

 

 

 

・タピオカミルクティーを飲むと半年は妊娠しません。

 

 

・タピオカミルティーには角砂糖20個分の糖分が入っています。

 

 

・甘いものはインシュリン抵抗性を高めます。

 

 

・インシュリン抵抗性があがると卵子の質が低下します。

 

 

・甘いものはやめましょう。

 

 

 

男性不妊

 

 

精子損傷率が22パーセント以上は自然妊娠しにくい。

 

 

・2016年以降 不妊の原因は、男性の方が多くなっています。

 

 

・女性に女性ホルモンは、注射したり、内服することはできます。

 

 

・精子損傷率が30パーセント以上いると妊娠しない。

 

 

・精子損傷率が22パーセント以上は自然妊娠しにくい。

 

 

・男性に男性ホルモンを、注射することはできません。

 

 

・男性に男性ホルモンを注射すると精子は作れなくなります。

 

 

・病院では、女性は女性ホルモンを注射したりして、治療できます。

 

 

・男性の治療は、男性ホルモンを注射することができないので、精子の質をあげるような治療は病院ではできません。

 

 

・男性精子は漢方薬を利用すると3ヶ月でよくなります。

 

 

・妊活は男性がすると妊娠率があがります。

 

 

・男性は、缶コーヒー、コンビニ弁当、カップめんをのんだり、食べたりしない。

 

 

・男性は、熱い長風呂もしない。スマホを前ポケットに入れない。

 

 

・精子は出せば出すほど質はよくなります。

 

 

・射精の数が多いほど、量は減りますが、質は向上します。

 

 

・睾丸の中で精子は72時間で成長します。

 

 

・逆にいうと72時間たったら、死んでしまいます。

 

 

・72時間以内に射精しましょう。

 

 

 

妊娠しやすい食べ物

 

 

 

・さつまいも かぼちゃ を食べると妊娠しやすくなります。

 

 

・春の七草、いちごは妊活にいいです。

 

 

 

質問 かぼちゃも糖分がありますが妊活にいいのはなぜですか?

 

 

・GI値が高いものが妊活にはよくないです。

 

 

・そばとうどんはどっちがいいと思いますか?

 

 

・後で漢方薬剤師の菅沼先生に聞いてください。

 

 

 

質問 妊活によい運動はありますか?

 

 

 

・筋肉がついたり、心拍が上がるような運動は妊活にはよくないです。

 

 

・ヨガ、水泳、ウォーキングなど、心拍をあげない運動がいいです。

 

 

・ご夫婦仲良くウォーキングをするようにしましょう。

 

 

 

 

 

今日は、みなさんとご縁をいただきました。

 

 

半年後の妊娠をめざして、ご夫婦でがんばりましょう。

 

 

 

妊活のためのお話、皆様とても参考になったようでした(下記に感想があります。)

 

 

 

私たち漢方相談スガヌマ薬局の薬剤師も柳田先生同様、多くの妊活のための研修会に参加して、妊活のための健康法にとても詳しいです。

 

 

今日、お聞きになれなかった健康法について知りたい方は、当店の漢方カウンセリングを受けてみてください。

 

 

ただいま、無料漢方相談実施中です。

 

 

一人で悩まずにお気軽にご来店ください。

 

 

お待ちしています。

 

 

妊活セミナーに不妊治療で悩む多くの方にご参加いただきました。半年後の妊娠をめざして、精一杯お手伝いいたします。

 

 

 

子宝セミナーアンケート

 

 

 

◎牛久市 男性 53才

 

【感想】

 

妻が月1回スガヌマ薬局へ通わせていただいています。

 

以前に柳田先生のDVDをお借りして見ておりました。

 

内容を(大切なところ)忘れていたりして、再度赤ちゃんを授かるための学びとなりました。

 

なにより先生から強いメッセージ、勇気を頂き妻ともどもやっていく自信がつきました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

◎牛久市 女性 44才 

 

 

【感想】

 

 

日々、子供がいないことを気にしている自分がいましたが、一人の人間として能力を下げなくてもよいと言うお話に励まされました。

 

先生の熱い思いに妊娠したいと強く思いました。

 

 

 

◎守谷市 男性 28才

 

 

【感想】

 

 

男性ですが、妊活の基本的な考えから変えられました。

 

認識不足で、妻が悩んでいる時に何もしてあげられなかったので、勉強になりました。

 

 

 

◎守谷市 女性 28才 

 

 

【感想】

 

 

体に良い食べ物や、ダメな食べ物など知れてよかった。

 

これからも漢方を飲んで体を温めていきたいと思う。

 

一番大好きなチョコレートを止めて、半年以内に妊娠したいと思う。

 

 

 

◎古河市 女性 38才

 

 

【感想】

 

 

妊活初心者の私は、ネットで情報を得るばかりでした。

 

病院は大学病院で若手の医師で、質問してもふわっとした答えばかりだったので、今日は本当に勉強になりました。

 

早速、夫にも話して実行したいと思います。 

 

 

 

◎常総市 女性 39才

 

 

【感想】

 

 

たくさんの知識を持った先生なので、もっとという感じがしました。

 

今日、柳田先生のセミナーは2回目でしたが、ちがう話もきけて参考になりました。

 

気持ちもひきしまるので、来てよかったと思います。

 

 

 

◎下妻市 女性 39才

 

 

【感想】

 

 

おもしろくて、感動する場面もあった。夫を連れて来れば良かったと思った。

 

 

 

◎土浦市 女性 38才

 

 

【感想】

 

 

とてもお話が分かりやすくて勉強になりました。

 

 

 

◎猿島郡 女性 39才

 

 

【感想】

 

 

初めてでしたがとても勉強になりました。

 

 

 

◎つくば市 女性 30才

 

 

【感想】

 

 

単的で分かりやすくタメになりました。

 

キツイ言葉で言っていただけたことが、より頭に残って良かったと思います。

 

 

 

 

全国実力薬局100選 漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

生活情報雑誌に不妊漢方相談で掲載されました。

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

 

 

今日(1/4)から仕事はじめです。よろしくお願いいたします。

 

 

たくさんの年賀状をいただきました。ありがとうございます。

 

 

ご出産された方から年賀状をいただきました。とてもうれしく思います。今年もがんばります。

 

 

 

 

令和2年1月3日号の生活情報誌プレステンもりや・とりで版に、漢方相談スガヌマ薬局が掲載されました。

 

 

 

 

日々の子宝相談のことを取材に来た記者さんにお話すると、気持ちがとてもたかまります。

 

 

 

 

私たち子宝カウンセラー薬剤師が、皆様がご懐妊する日までマンツーマンで徹底的にサポートいたします。

 

 

 

 

ぜひあきらめずにご相談ください。

 

 

 

 

スガヌマ薬局 子宝カウンセラー薬剤師 菅沼真一郎・由美子

 

 

 

 

 

 

 

スガヌマ薬局は創業150年。

 

 

 

 

ウェブ版の「不妊・子宝部門全国実力薬局100選」に選出されており、

 

 

 

 

主婦の友社発行の妊活ガイドブックにも県内で唯一紹介されている。

 

 

 

 

また、店長・薬剤師の菅沼真一郎先生は、最新の薬学的知識を提供することに努めており、講演や雑誌掲載などでも活躍している。

 

 

 

 

そうした評判から、近隣、県内はもちろん、県外からのご来店も多い同店。

 

 

 

 

 

特に

 

 

「半年以上、不妊治療を続けている」、

 

 

「卵子の質が下がる35才以上」、

 

 

「男性不妊」

 

 

で悩む方から定評があり、的確なアドバイスにより出生率0.2%といわれる48才の方が出産に至ったこともある。

 

 

 

 

「現在の漢方は病院での経過や検査結果を基にすることが主流です。

 

 

 

 

ですから、”西洋と東洋のいいとこ取り」で皆様をサポートいたします。

 

 

 

 

「例えば体外受精で着床させるために、

 

 

子宮内膜の状態と卵子の質を良くしたい場合、

 

 

西洋医学の薬で内膜の状態は改善できますが、

 

 

卵子の質までは良くできません。

 

 

そこで、漢方薬で卵子そのものの質を良くしていくということです。」

 

 

 

 

 

 

個別相談は随時受付中。

 

 

 

 

プライバシーに配慮した個室もあり、

 

 

 

 

豊富な知識を持つ薬剤師が、食生活や睡眠のアドバイスもするなど、

 

 

 

 

親身に¨妊娠しやすい体づくり¨を手伝ってくれる。

 

 

 

 

 

「諦めずにご相談ください。一緒に解決の糸口を見つけましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9回坂東市子宝セミナー(妊活支援市民講座)

 

 

 

 

日時 2020年2月1日(土) 13時30分から15時30分

 

 

 

 

場所 坂東市市街地活性化センター(スガヌマ薬局隣り)

 

 

 

 

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国実力薬局100選 漢方相談スガヌマ薬局

 

 

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

p>

 

 

 

第5回つくば子宝セミナーを開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

このたび、第5回つくば妊活セミナーを開催しました。

 

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師・菅沼真一郎

 

 

 

 

 

<子宝カウンセラー漢方薬剤師×健康運動指導士×フードコーディネーターのコラボセミナー>

 

 

日時 2019年11月15日19時~21時

 

 

場所 マンマビレッジ/つくばのフィットネス×料理教室のお店(つくば市横町368-4(駐車場あり))

 

 

 

 

子宝漢方セミナーでは、会場の皆様から質問をお受けして丁寧に説明します。

 

 

 

不妊治療における病院の治療と漢方治療の違い(リンク)

 

 

 

 

 

 

 

好評につき、第5回目の子宝セミナーでは、講師にマンマビレッジ代表・トレーナー、健康運動指導士の川谷 響先生ご指導の下 運動も食もプロならではの”体験型セミナー”で、楽しい時間を共有できたと思います。

 

 

 

運動療法士の川谷響先生

 

 

 

 

運動体験『妊活と運動』

 

 

 

 

 

 

 

①体温の向上・冷え防止

 

 

 

 

②ホルモンや自律神経のバランスが整う

 

 

 

 

 

 

 

③ストレスの軽減

 

 

 

 

 

 

妊娠するための身体作りをしましょう!ということで、体温を高めましょう!冷えから身体をまもりましょう!をテーマにお話いただきました。

 

 

 

 

 

 

運動することで、ストレス解消につながり自律神経が整います。

 

 

 

 

 

 

運動習慣のある人とない人では、運動習慣のある人の方が、妊娠しやすいというデータもあり、子宮の体温を高めるためのトレーニングをしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

川谷先生は、女性は有酸素運動、男性は筋トレをメインにしていいただくと、相乗効果がでてきやすいと仰っていました。

 

 

 

 

運動体験メニュー

 

 

 

<体幹トレーニング:インナーマッスルを鍛え、お腹を温める>

 

 

胸式&腹式呼吸/お腹ほぐし/カールアップ/赤ちゃん腹筋/プランク

 

 

<筋トレ:下半身の大きい筋肉を鍛え、ホルモンバランスと血流をよくする>

 

 

スクワット/スロースクワット

 

 

<ストレッチ:首・背骨周りをほぐし、自律神経のバランスを整える>

 

 

首のストレッチ/背中のストレッチ/背骨のストレッチ

 

 

 

を、おしえていただきました。

 

 

 

運動実施のポイント

 

運動中は呼吸を止めない。(動くときに息を吐く)

 

◎ピラティスは週に3~4回、筋トレは週2回、ストレッチはできれば毎日行いましょう

 

◎全部やる必要はないので、自分の体力に合わせてできるところから始めてみるとよいでしょう

 

◎男性は筋トレから、女性はストレッチから始めるとよいでしょう

 

◎加えてウォーキングさらにが効果的です!

1日30~40分を週に3~4回を目標に行ってみましょう!(15~20分を2回に分けてもOKですよ)

 

 

 

川谷先生の素晴らしいトレーニングの後は、みなさまお楽しみの、『特製妊活弁当』をいただきました。

 

 

 

 

 

フードコーディネーター田野島万由子先生

 

 

こちらは、野菜ソムリエプロでフードコーディネーターの田野島万由子先生にご用意していただきました。

 

 

みなさんは、妊娠しやすくなる食べ物があるって知っていますか?

 

 

排卵しやすくなる食べ物って知っていますか?

 

 

ということで、食材選びのポイントなどをおしえていただきました。

 

 

①旬の食材を使う

 

 

 

②白糖、サラダ油はNG

 

 

 

③脂質の多いものは控えましょう

 

 

 

④大豆たんぱく質を活用しましょう

 

 

 

⑤白米より玄米や雑穀、パン(小麦)よりごはん(米)を食べましょう

 

 

 

⑥添加物を控えましょう

 

 

 

 

 

⑦がんばりすぎない事も大切です

 

 

 

 

 

 

 

気になるお弁当の中身をご紹介いたします!

 

 

 

田野島万由子先生特製妊活弁当

 

 

特製妊活弁当のお品書き  

 

 

 

白菜と油揚げの豆乳スープ

 

 

鶏むね肉のピカタ  カレー風味

 

 

大根と柿のなます

 

 

人参とセロリのきんぴら

 

 

カミアカリ玄米の菜飯

 

 

 

彩りも栄養のバランスも味も絶品の素晴らしいお弁当でした。

 

 

 

今回もご参加された皆様が満足されてとてもよかったです。

 

 

 

次回は2020年2月1日(土)13時30分から15時30分まで坂東市で子宝セミナーが参加されます。

 

 

不妊でお悩みの方が、少しでも気持ちが楽になるようなセミナーを開催いたします。

 

 

セミナーへのお申込、漢方相談スガヌマ薬局での個別相談をお待ちしています。

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

第4回つくば妊活セミナーを開催しました。

 

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

第4回つくば妊活セミナーを開催しました。

 

 

 

<子宝カウンセラー漢方薬剤師×健康運動指導士×フードコーディネーターのコラボセミナー>

 

 

日時 2019年9月6日19時~21時

 

 

場所 マンマビレッジ/つくばのフィットネス×料理教室のお店(つくば市横町368-4(駐車場あり))

 

 

 

 

 

 

 

皆さんの疑問質問などをお答えする子宝セミナー。

 

 

 

なぜ漢方がよいのか?病院は?など、わからない方もいると思いますので、

 

 

西洋と漢方の違いを説明させて頂きました。

 

 

 

 

 

病院(西洋)

 

 

1.排卵を一時的に誘発する

 

2.卵管癒着などを治療する

 

3.ホルモンを一時的に補充する

 

4.エコーや検査数値から原因を探す

 

5.妊娠のタイミングを見極める

 

6.人工授精や体外受精、顕微授精で精子と卵子の受精率を高める

 

 

 

 

 

漢方(東洋)

 

 

1.質のよい卵子をつくる

 

2.血液循環を高め、妊娠しやすい環境をつくる

 

3.受精卵が着床しやすい環境をつくる

 

4.男性ホルモン・女性ホルモンのバランスを整える

 

5.生理や排卵のリズムを維持する        

 

 

 

 

 

また、ご参加された皆様からの質問や、病院でのことなどを聞きながらお話ししました。

 

 

 

妊活で、ストレスは良くありません。

 

 

 

病院での説明の意味がわからなかったり、不安なこと、些細なことなどなんでもお答えいたします。

 

 

 

分かりやすく説明いたしますので、お気軽に聞いてください。

 

 

 

 

 

続いて、川谷先生に妊活運動について、ご説明していただきました。

 

 

 

 

妊活が運動が効果的な3つの理由

 

 

 

・ 体温の向上・冷え予防する。

 

 

 

・ホルモンや自律神経のバランスを整える。

 

 

 

・ ストレスを軽減する。

 

 

 

 

実際におこなった3つの妊活運動例

 

 

 

 

・インナーマッスルを鍛え、お腹を温める体幹トレーニング

 

 

 

・下半身の大きい筋肉を鍛え、ホルモンバランスと血流をよくする筋トレ

 

 

 

・首・背骨周りをほぐし、自律神経のバランスを整えるストレッチ

 

 

 

 

実際におこなった運動について詳しく知りたい方は、川谷先生、または菅沼にお訪ねください。

 

 

 

運動を行う上で、特に注意すること

 

 

 

・運動中は、呼吸を止めない。(動く時は、息を吐くようにする)

 

 

 

 

 

 

妊活講義と妊活運動が終わった後は、野菜ソムリエ田野島先生お手製の妊活おやつを食べました。

 

 

 

 

 

 

本日のプチ薬膳おやつ

 

 

豆乳パンナコッタ 〜梨の黒糖ソース〜

 

 

 

 

 

美味しい妊活おやつを食べて、皆さま元気がでたことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ご参加された皆様が1日も早く御懐妊・ご出産されますように。

 

 

 

 

 

23.8年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 

 

妊活セミナービデオ貸し出します

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

令和元年5月11日(土)13時30分から第八回坂東市子宝セミナー(妊活支援市民講座)を坂東市市街地活性化センターにて開催されました。

 

内容は柳田先生に、みなさんの普段のお悩みを聞きながらアドバイスや説明をする質問形式で行いました。講演内容の一部を報告します。

 

 

今回特別に柳田先生にご許可いただいて、

漢方相談スガヌマ薬局にて子宝相談をしていただいている方限定で、

今回の妊活セミナーの録画ビデオを申込み順に貸し出しいたします。

お気軽にお申しつけください。

 

 

 

 

 

 

奥様40歳、ご主人様46歳、男性不妊の方が体外受精を2回失敗してしまった方からのご質問です。

 

 

Q、今後どうしたら良いのか?

 

 

 

東尾理子さんの39歳の例で見てみましょう。

 

妊娠率27.4%、流産率30%、出産率10.3%

 

 

今回は奥様が40歳とのことなので、出産率は7.7%
つまり100分の7%、13人に1人、もしくは13回に1回。
これを計算すると、13回×約30万=約390万円が病院代です。

 

 

 

女性40歳 7.7%

女性41歳 5.3%

女性42歳 3.7%

女性43歳 2.0%

女性44歳 1.3%

女性45歳 0.6%

 

 

 

この約360万の病院代をかからないようにするために、

漢方薬を飲むことをすすめると柳田先生はおっしゃっていました。

 

 

男性は歳とともに、良質は減りますが亡くなるまで精子を作り続けます。

 

病院では女性にはホルモン剤を使った治療はありますが、

男性に対しての治療がありません。

(男性に男性ホルモンを投与すると精子が死んでしまうから)

 

 

男性不妊は病院でどうにもならないのが現状です。

 

なので、漢方薬で精子の質を改善しましょう。

 

 

 

 

 

精液検査は問題ないといわれた場合

 

 

80%が良い精子でも20%が悪い精子だと自然妊娠しにくいのが最近の医学でわかりました。そのほとんどの理由がDNA損傷です。

 

 

改善策は、射精回数を増やすこと。

 

排卵日より3日前に1度精子を出して、排卵日に新鮮な精子を送り出すこと。

 

漢方薬を服用し、精子の質を良くすること。

 

 

 

 

薬を否定する病院で、病院選びにつまづいた方からのご質問です。

 

Q,病院について教えて欲しい

 

 

なぜ病院は漢方薬などを否定するのか?

 

論文などを発表する際に、血液のデータがつかえなくなるからです。

 

全国的に戦えるクリニックは漢方も利用して妊娠率が上がっています。

 

 

 

培養士さんが多い(10人以上)病院は良い病院と考えてよいでしょう。

培養士さんの人数はホームページなどで分かりますよ。

 

 

 

妊活をはじめたばかりの方からのご質問です。

 

Q,どのぐらいの期間で次のステップに行った方がいいか教えて

 

 

①自分で婦人体温計などを使いタイミングを計る(半年)ダメなら次へ

 

 

②病院でタイミング(半年)ダメなら次へ

 

 

③人工授精(5回まで)ダメなら次へ

 

人工授精で妊娠するなら5回までで90%人は妊娠します。

6回以上人工授精して妊娠する人は10%もいません。

 

 

 

④体外受精

 

 

 

 

病院の薬を長く飲み続けることはおすすめしない

 

(6ヶ月は妊娠率をあげるが、それ以降は妊娠率を下げる効果があるから)

 

クロミッド、フェマーラ、プレマリン、レトロゾールなど

 

 

 

Q,病院や漢方薬以外になにかできることはある?

 

 

鍼灸は、妊娠率が20%あがるのでおすすめします。

 

ですが!!

 

 

針が痛いと思う方、怖いと思う方は逆効果になるのでお勧めできない

 

 

 

その場合には温灸をおすすめしています。

 

 

 

 

 

 

 

今回の柳田先生のお話は、病院では聞けない内容となっていました。

 

 

参加された皆様の感想

 

 

 

今回特別に柳田先生にご許可いただいて、

漢方相談スガヌマ薬局にて子宝相談をしていただいている方限定で、

今回の妊活セミナーのビデオ録画を申込み順に貸し出しいたします。

お気軽にお申しつけください。

 

 

 

*次回の子宝セミナーは9月につくば市で開催予定です。

 

個別相談は漢方相談スガヌマ薬局で受け付けています。

 

相談無料です。お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

生活情報誌に不妊漢方で漢方相談スガヌマ薬局がご紹介されました

 

 

茨城県坂東市からおはようございます。

 

4/27(土)号のプレステンにスガヌマ薬局が

掲載されましたのでその記事をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 スガヌマ薬局は創業150年。

 

 

 

 

 

ウェブ版の独自の「不妊・子宝部門 全国実力薬局100選」に選出されており、近隣、市内はもちろん、県外からの来店も多い。

 

 

店長・薬剤師の菅沼真一郎先生は、講演や雑誌掲載などでも活躍。

 

地域のトップドクターと研鑚し、最新の薬学的知識を提供することに努めており、不妊治療のドクターからの信頼も厚い。

 

 

特に「半年以上、不妊治療を受けている」、「卵子の質が下がる35才以上」、「男性不妊」の相談で定評があり、的確なアドバイスにより精神的な負担も軽減。

 

出産率0.2%といわれる48才の方が出産に至ったこともある。

 

 

 「例えば相談が多い『体外受精ではなかなか着床しない』というケースでは、子宮内膜の状態と卵子の質を良くすれば改善すると考えられます。

 

ここで知っていただきたいのは、西洋医学の薬は内膜の状態は良くできますが、卵子の質そのものは漢方薬でなければ良くできないということです」と菅沼先生。

 

「とはいえ現在の漢方は、病院での経過や検査結果を基にすることが主流です。ですから”西洋と東洋のいいとこ取り"”で皆さんをサポートいたします」。

 

 

 

個別相談は随時受付中。

 

豊富な知識を持つ薬剤師が1人ひとりに合った漢方薬を紹介し、食生活や睡眠のアドバイスもするなど、親身に手伝ってくれる。

 

 

 

「諦めずにご相談ください。一緒に解決の糸口を見つけましょう」。

 

 

 

 

5月11日に第8回坂東市子宝セミナーを行います。

 

 

セミナーについての詳しいご案内はこちら

 

 

2019年5月11日(土)13:30~15:30

坂東市中心市街地活性化センター2階 会議室

 

完全予約制なのでお申し込みはお早めに!

 

 

漢方相談スガヌマ薬局までご申し込みください。

 

 

お申込はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

全国実力薬局「漢方相談」部門受賞

全国実力薬局漢方相談部門受賞 スガヌマ薬局

 

不妊とアトピーの漢方薬のご相談ならスガヌマ薬局へ

 

 

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

 

 

 

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

 

 

 

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

第3回つくば子宝セミナーが開催されました

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

 

第3回つくば子宝セミナーが3月15日19時から21時まで暮SHIFTスタジオ(つくば市柴崎1050-1 大豊グランディー2階)で開催されました。

 

 

第2回つくば子宝セミナーの様子はこちら

 

 

 

最初に、私が、妊娠しやすい身体つくりについて、漢方相談スガヌマ薬局で、漢方薬をご服用されて、ご懐妊、ご出産された方を例にしてお話しました。

 

 

病院の不妊治療と薬局の漢方薬の違いについて

 

妊娠しやすい身体づくりのための食べ物について

 

男性の精子を元気にするための生活について

 

 

次に運動療法士の川谷響先生が妊娠しやすい身体つくりのための運動法について教えてくれました。

 

 

 

運動しておなかがすいたところで、妊活によい食事の実践例についてフードコーディネーター田野島万由子先生が作ってくれた妊活弁当を食べながらお話を聞きました。

 

 

妊活弁当を食べながら、参加者からは、漢方や運動、食事に対する質問に三人の講師が答えました。

 

 

みなさんとても参考になったようでよかったです。

 

 

 

参加された皆様の声

 

 

女性 つくば市 30歳

 

とても充実でした!! 知識をつけることができたし、何よりもとても楽しかったです

 

 

女性 守谷市 26歳

 

・妊娠の成功例を詳しく聞くことができて、勉強になりました。 また体を動かしたり、食からのアプローチを体感することができて、参加してよかったと思いました。

 

 

女性 境町 28歳

 

初めてこのようなセミナーに参加しました。 とても和やかな雰囲気で、安心して参加できました。 今回“食”について知りたかったので、とても勉強になりました。 ありがとうございました。体操も毎日できそうなもので良かったです。

 

 

女性 常総市 44歳

 

とても勉強になりました。妊活についての知識だけでなく、 運動やお料理についてもいろいろと知ることができ、参加して良かったです。

 

今日のことを、参加できなかった夫や、同じ不妊に悩む友人に 教えてみたいと思いました。

 

 

男性 柏市 39歳

 

科学的な検証を元にお話が聞けて良かったです。

 

 

女性 柏市 39歳

 

とてもためになりました。

 

子供がほしいと思ったばかりで、これから色々始めようとしているところで、 正しい知識がえられて、本当によかったです!

 

 

 

 

 

次回のセミナーは坂東市で開催されます。

 

 

2019年5月11日(土)坂東市第8回子宝セミナーのご案内

 

 

妊活している皆様の一日も早いご懐妊・ご出産のためにがんばります。

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

 

第7回坂東市子宝セミナーをおこないました。

 

 

茨城県坂東市からこんにちは。

 

漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

平成31年1月12日(土)13時30分から15時30分まで第7回坂東市子宝セミナーをおこないました。

 

講師は、統合医療生殖学会学術理事の柳田浩二先生です。

 

講演に先立ち、私が自己紹介と病院の治療と漢方の治療の違いと

 

 

不妊治療における病院の治療と漢方治療の違い(リンク)

 

 

なぜ漢方薬を使うと妊娠するのかということをお話いたしました。

 

 

 

 

 

 

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師 菅沼真一郎の不妊治療のための研鑽の履歴

 

不妊治療講演

 

 

「今日は妊娠しない理由を覚えて帰りましょう」と言った柳田先生のセミナーを、ブログを読んで下さる皆様に少しだけご紹介しますね。

 

 

クリニックについて

 

高くても、予約が取れにくくても良いクリニックをおすすめします。

 

みなさんは、専門医制度と言うのを知っていますか?

 

たとえば、医者は医師免許を持っていれば、今日は耳鼻科でも、明日は内科になることも可能なのです。

 

専門にやっているクリニック、専門医のクリニックが良いでしょう。

 

 

子宝クイズ

 

次にクイズがいくつか出されました。

 

Q,一生の内で妊娠しやすい年齢は何歳だと思いますか?

 

A,17歳

 

17歳で妊娠する方の割合は少ないですよね。

 

人間は誰でも衰えてくるので、どうしようもないことなのです。

 

病院では、35歳までは結果が出やすいとされています。

 

菅沼先生のとこでは、48歳、英ウィメンズでは50歳の妊娠症例もあります。

 

年齢が高くても諦めずに菅沼先生に相談してみましょう。

 

 

 

Q,40歳の体外受精の妊娠率は何%?  

 

A、7.7%

 

参加者様の回答はざまざまでした。30%、10%、20%など

 

ちなみに43歳では2%、45歳は0.6%と確率は減少していきます。

 

今のあなたは赤ちゃんに顔向けできる状態ですか?

 

1歳未満の赤ちゃんに、はちみつを食べさせたら亡くなってしまいます。

 

病気にかからない為には、ワクチンを20~30本打つ必要があります。

 

体調によってはできない場合もあるので、すべてを打つのは大変なこと。

 

そんなことを今から学ぶことが大切なのです。

 

体外受精は13回(人)に1回(人)の確率と出ていますが、実際はもっと悪いのが現実です。

 

40歳では93%失敗する。厳しい状況だということをみなさん理解しましょう。

 

 

多嚢胞性卵巣

 

ここで参加者さまの中で、多嚢胞性卵巣について聞きたいことがある方がいらっしゃいましたのでご紹介します。

 

多嚢胞性卵巣は、卵巣の壁が分厚くなっているので外に出れないか、卵子が未成熟のどちらかが原因です。

 

はっきり言うと、多嚢胞性卵巣は病院では治らない。なぜなら治療薬がないからです。

 

手術をしても3ヶ月で元通りになってしまいます。それが人間のしくみなんです。

 

多嚢胞性卵巣は以下の5つが好きだとなりやすい。あなたは当てはまりませんか?

 

チョコレート、××××、△△△△△△△、◇◇◇◇◇、☆☆☆☆

 

(伏字の4つの食べものについては、当薬局の薬剤師にお尋ねくださいね)

 

妊娠したいなら、基本は食べないこと。

 

イライラしてしまうなど、ストレスは良くありません。

 

どうしても食べたいなら、この日と決めた1日だけいっぱい食べる。

 

その他は、1欠片などにしましょう。

 

 

壁が厚い原因→油を分解できない

 

体から油が出ないで、卵巣に巻きついている状態です。

 

 

卵子が未成熟の原因→ホルモンバランスが悪い

 

 

極端な話になりますが、運動を極度に頑張ると生理がなくなります。

 

生理がなくなるということは、男性に近づくことと同じです。

 

 

病院でステロイドは最後の手段です。

 

医者がステロイドを出したときは、「さじを投げたと思え。」

 

そうなった時は容赦なく、病院を変えましょう。

 

 

次に男性の参加者様から、男性として何か出来ることはないか?という意見がありましたのでご紹介します。

 

検査に参加する以外に病院で出来ることはない

 

・マカは飲むな(女の人に飲ませるもの)

 

バイアグラと成分が似ているので男性に飲ませると言われているが、男性に男性ホルモンを打った瞬間に精子が死滅します。

 

この情報を聞いたあなた!それでもマカを飲みますか?

 

・カップラーメン(容器がよくない)

 

ビスフェノールAという物質、環境ホルモンが入っていて、熱湯を注いで溶けた物質が麺に付着するため

 

・缶コーヒー

 

・コンビニ弁当

 

・長風呂、サウナ

 

・ボクサーパンツ(精子は34度を超えると死滅するため、通気性を良くすることが大切)

 

・黄色ブトウ球菌(精子を4日以上溜めてしまうと黄色になります。それは膿んでしまうのと同じ)

 

女性が原因の不妊だとしても、男性がそれを補うことが必要です。

 

 

漢方とサプリメント

 

間違えると逆効果になるため、選薬が大切。

 

病院では70億人にクロミッドだしても、人それぞれ違う病状なので合えば妊娠するし、あわなければ妊娠しないのは当然ですよね。

 

そこで、オーダーメイドの東洋医学が、人それぞれ違う人病状に向け、それぞれ違う漢方薬を出す、選薬ができるのです。

 

菅沼先生は、非常に漢方に詳しい先生です。相談してみましょう。

 

 

 

妊娠しにくい体質

 

以下の5つが1つでも当てはまるなら、病院だけでは妊娠しない。漢方や生活改善が必要です。

 

1、〇〇〇〇

 

2、△△△

 

3、◇◇

 

4、×××

 

5、冷え

 

(伏字の4つについては、当薬局の薬剤師にお尋ねくださいね)

 

 

排卵日検査薬について

 

排卵日検査薬は妊娠しないことを目的としているようなものです。

 

陽性反応が出てから妊活では遅い

 

たどり着くまで12時間~24時間と言われている

 

昔は卵子は3~5日、精子は5~7日と言われていました。

 

現在の寿命は、卵子12時間、精子18時間くらいしかないというデータもあるそうです。

 

排卵日の翌日は妊娠率は0%

 

排卵日の2日前が1番妊娠しやすい

 

 

女性ホルモン

 

女性ホルモンはコレステロールから出来ています。

 

コレステロールは最終的には何もなければエストラジオールに変化します。

 

エストラジオールになる前にストレス(イライラ)がある場合はエストラジオールが作られなくなるため、ストレスをなくしましょう。口角を上げるだけでも効果的です。

 

 

飲み物

 

ルイボスティーは飲まないようにしましょう。

 

カテキンが多く入っています。

 

カテキンは葉酸を破壊します。

 

葉酸を破壊されると化学流産などが起こります。

 

葉酸をしっかりとるようにしましょう。

 

 

 

葉酸を補うサプリメント

 

人工の葉酸ではなく、天然の葉酸をおすすめします。

 

人工の葉酸で、薬疹がでた人がツイッターで話題になっています。

 

 

 

いかがでしたか?

 

何気ない日常生活でも、改善できる点は人それぞれあると思います。

 

皆様が笑顔で我が子と出会えますように。

 

 

参加者の感想

 

参加されたお客様の感想はこちらをクリック

 

 

 

柳田先生の講演後、やる気になった子宝相談のお客様から個別相談のご予約をいただきました。

 

私たちとご縁のあったお客様が一日も早くご懐妊されますよう精一杯がんばります。

 

 

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師菅沼真一郎

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

生活情報誌に不妊漢方相談で掲載

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

平成31年1月3日号の生活情報誌プレステンもりや・とりで版に、漢方相談スガヌマ薬局が掲載されました。

 

日々の子宝相談のことを取材に来た記者さんにお話すると、気持ちがとてもたかまります。

 

私たち子宝カウンセラー薬剤師が、皆様がご懐妊する日までマンツーマンで徹底的にサポートいたします。

 

ぜひあきらめずにご相談ください。

 

スガヌマ薬局 子宝カンセラー薬剤師 菅沼真一郎・由美子

 

 

 

 

 

 

独自の漢方で妊娠しやすい身体に

 

 

スガヌマ薬局は、創業150年。県内で唯一、ウェブの「不妊・子宝部門全国実力薬局100選」で紹介され、近隣、県内はもちろん、県外からの来店も多い。

 

主に「半年以上、不妊治療を続けている」、「卵子の質が下がる35才以上」、「男性不妊」で悩む方から定評があり、的確なアドバイスにより精神的な負担も軽減。出産率0.2%といわれる48才の方が出産に至ったこともある。

 

店長・薬剤師の菅沼真一郎先生は、各地での講演や雑誌掲載などでも活躍。地域のトップドクターと研鑽し、最新の薬学的知識を提供することに努めており、不妊治療のドクターからの信頼も厚い。

 

そこで漢方と西洋医学の違いを尋ねると、「例えば体外受精でなかなか着床しない場合、子宮内膜の状態と卵子の質を良くすれば改善すると考えられますが、西洋医学の薬は、内膜の状態は良くできても卵子の質は良くできません。

 

一方、漢方薬は、卵子の質そのものを高めることが可能です」とのこと。

 

とはいえ「現在の漢方は、病院での経過や検査結果を基にすることが主流になっているので、西洋と東洋のイイトコ取りで皆さんをサポートいたします」と話す。

 

 個別相談は随時受付中です。諦めずにご相談ください。

 

豊富な知識を持つ薬剤師が、状態に合った漢方薬を紹介し、親身にお手伝いします。

 

解決の糸口を一緒に見つけましょう」と菅沼先生。セミナー(下記)も開催されるので、まずは気軽に参加してみては?(プレステン臼井)

 

 

 

2019年1月12日(土)開催

 

妊活支援市民講座

 

赤ちゃんがほしい!!子宝セミナー

 

参加無料 完全予約制

 

会場:坂東市中心市街地活性化センター2階 会議室

 

茨城県坂東市岩井4445-2

 

時間:13:30~15:30

 

講師:(社)統合医療生殖学会 柳田 浩二先生

 

※お子さま連れはご遠慮ください。※物販や勧誘活動は一切ありません。

 

詳しく知りたい方は、開催のセミナーページをご覧ください。

 

 

スガヌマ薬局子宝セミナーページ

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

“妊娠力”を高める第2回つくば子宝セミナー

 

 

 

 

こんにちは。認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

2018年11月22日(木)午後7時から

 

「“妊娠力”を高める第2回子宝セミナーinつくば」を行ないました。

 

前回の様子はこちら→https://www.suganuma-yakkyoku.com/seminarinfo/8518

 

 

セミナーは、前回同様 漢方と運動と食事という妊活に大切な3つの専門家によるコラボセミナーです。

 

参加された皆様が妊活に前向きになって笑顔でお帰りいただけたことがとてもうれしかったです。
 
 
 
 
これからも不妊で悩む方のために子宝漢方相談がんばります。
 
 
 
 
 
 
 
 

セミナーの内容

 

 

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師菅沼真一郎

 

 

 

最初にスガヌマ薬局の漢方薬剤師の菅沼真一郎が妊娠しやすい体つくりについてお話しました。

 

 

最初に不妊治療における漢方治療と人工授精や体外受精など西洋の不妊治療の違いについて説明しました。

 

 

リンク→不妊治療における西洋の治療と漢方の治療の違い

 

 

スガヌマ薬局で48歳でご出産された方の体験談をもとに

 

そのときに、おこなった妊活の例をお話しました。

 

リンク→ 「あきらめなければ夢は叶う」と願い続け、48歳で第1子を出産

 

ご参加された皆様は共感されていました。

 

 

 

健康運動指導士の川谷響先生

 

 

 

次に、暮SHIFT代表トレーナー・健康運動指導士の川谷 響先生が妊娠しやすい体作りの運動を教えて下さいました。

 

体幹トレーニングなど一定時間同じ体勢をキープする運動がありました。

 

皆様、体がプルプルしたり、はぁはぁとしたり、そんな場面がありましたが、体を動かすことにより、笑顔になりました。

 

 

フードコーディネーター田野島万由子先生

 

 

 

最後のフードコーディネーター田野島万由子先生が作ってくださった妊活弁当を食べながら、皆様から質問を受けたりしていました。

 

 

本日の妊活弁当

 

ごぼうの鶏つくね 生姜みぞれあん

マコモダケとピーマン、牛赤身のオイスター炒め

カブのフルーツなます

カミアカリ玄米ごはん カブ葉ふりかけ

筑波山麓みかん

さつまいもスープ

 

 

とてもおいしくて参加された皆様の評判もよかったです。

 

 

 

≪妊活料理のポイント≫

 

①旬の食材を使う→栄養価◎、安い!!

②白砂糖、サラダ油NG→黒糖(きび砂糖)、米油

③脂の多い肉は控える→牛の赤身、鶏ムネ、豚ヒレ etc

④大豆たんぱく活用(うまみ)→おから、豆乳 etc

⑤白米より玄米、雑穀米→ビタミンB群、ミネラル、ポリフェノール(抗酸化)

小麦(パン)より米(ごはん)

⑥添加物を控える→昼に外食でも家では手作りを

⑦がんばらない→ストイックはストレスの根源(汗)

 

 

参加された皆様の感想はこちら→https://www.suganuma-yakkyoku.com/seminarinfo/9243

 

 

スガヌマ薬局では随時予約で不妊漢方相談を行なっております。親身になってご相談致します。お気軽にお電話下さい。

認定子宝カウンセラー・漢方薬剤師

菅沼 真一郎

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方相談スガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る