ブログ

阪神大震災から21年たちました

おはようございます。今日は阪神大震災から21年です。被災された方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

今日の毎日新聞の茨城版に私が阪神でボランティアをした時のこと、東日本大震災、常総市の豪雨などのボランティア活動が掲載されました。

 

私はライフワークとして災害ボランティア活動に取り組んでいます。薬剤師の自分だから支援できることがあります。もしものために常に備えていきたいと思います。 

 

スガヌマ薬局 店長 菅沼真一郎

 

毎日新聞の取材

毎日新聞の取材中の様子

 

 

毎日新聞茨城版掲載記事

毎日新聞茨城版掲載記事

 

*毎日新聞WEB掲載記事

 

 

被害にあわれた常総市の薬局に手伝いにいきました...

 

12003936_1654778764796438_1707575100112005552_n

被害にあわれた常総市の薬局の片付けの手伝いにいきました。

やっと坂東市と常総市を結ぶ橋も開通したのでいくことができました。

道路はまだ通れる道が限られているためか渋滞していました。

薬局につくと電気も水道もまだ通っていないので店内は暗かったです。

お店は1mくらい浸水したそうで商品は全滅の状態でした。

高圧洗浄機をつかって泥をとりましたが、取りきれず店内の泥は

のこっていた場所が多くありました。

店内の商品や備品を順次外に出して仕分けをしていきました。

医療用医薬品はそのまま捨てることができないので処分が大変です。

私たちみんな泥だらけになって作業してました。

夕方にはなんとか店内のものを外にだすことができてよかったです。

ご主人様と奥様はお疲れの様子でした。早く平常にもどることを願っています。

 

スガヌマ薬局 菅沼真一郎

11896148_1616638801930557_8288836169590159986_n

薬剤師ボランティア活動をしました

 9月111213日に大雨で鬼怒川が決壊して被害を受けられた方々があすなろの里に避難しているとのことで薬剤師ボランティアにいってきました。あすなろの里には100名くらいの方が避難されていました。

 

12003180_1654320461508935_3325633341556095567_n

   

  11日は、状況がわからないのでとりあえず消毒液と消毒用スプレーとマスクをもっていきました。11日は取手医師会の先生がきていました。診察された先生の依頼によって、いったん薬局に帰ってから4名の避難者の方にお薬をもっていき、飲み方などをお話しました。12日はお薬をお渡しした方の状態の確認にいきましたが、特に問題なくてよかったと思います。13日は2名の避難者の方にお薬を届けてきました。今回私がお薬を届けた(お薬を持って避難できなかった)方々は、お薬手帳をもっているか、何をのんでいるかわかるお薬の袋があったのでスムーズにお届けできてよかったと思います。

 

11261530_1653785411562440_1109598886226831390_n

 

 お薬手帳がなくて、お薬だけをもってきた方は、なんの薬を飲んでいるか、わからなくてお困りでした。いったんお薬を預かって調べてリストを作ってお渡ししました。お薬だけではなんの薬をのんでいるかわからないので、診察する医師も追加で処方する薬をお出しするのに困ります。避難されるときはお薬だけでなくお薬手帳を常にもつことの重要性を強く感じました。

 

11988773_1654470544827260_4049941203590608238_n

 

 避難で疲れている方が多かったですが、お薬をお届けすると、ありがとうといってくださって少し笑顔をみせてくださいました。避難されている方々が一刻も早く復興されてもとの生活にもどられることを願っています。

 

 スガヌマ薬局 菅沼真一郎

 10690281_1616638805263890_2946373372617263635_n

11896148_1616638801930557_8288836169590159986_n

ページの先頭へ戻る