ブログ

皮膚病の漢方薬の改善例の研修に参加しました

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

日本中医薬研究会の皮膚病漢方専門講座の研修会にいってきました。スガヌマ薬局は専門的な勉強のために皮膚病漢方専門講座に参加しています。

 

研修会では掌蹠膿疱症、にきび、アトピー性皮膚炎、ウィルス性いぼ、しもやけ、酒さ(赤ら顔、ほてり)乾癬、脂漏性湿疹などの皮膚疾患を写真をみながらいかに店頭で改善するかの方法を勉強しました。

 

 

 

 

○研修会で研修した改善例

 

・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) 35歳女性

 

・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) 70歳女性

 

・全身性乾癬(ぜんしんせいかんせん) 36歳男性

 

・脂漏性湿疹(しろうせいしっしん) 25歳女性

 

・酒さ(しゅさ) 45歳女性

 

・しもやけ 65歳女性

 

・アトピー性皮膚炎 23歳女性

 

・爪の乾癬(かんせん) 46歳男性

 

上記の皮膚病の治療には様々な漢方薬や健康食品が使われていました。

漢方薬だけでなく、スキンケア、食事の大切さを強く感じました。

 

 

1.漢方薬

 

2.スキンケア

 

3.食事

 

の三点を皮膚病のお客様にお伝えしようと思います。

研修会で紹介されたました商品や食事についてご紹介します。

 

 

1.漢方薬、健康食品

 

・清営顆粒(せいえいかりゅう) 

 

清営顆粒(せいえいかりゅう)       90包¥9000+税 3包¥330+税

 

 

 

・瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう) 

 

瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)    90包¥9000+税 3包¥330+税

 

 

・五涼華(ごりょうか)

 

五涼華(ごりょうか) 1包¥90+税

 

 

 

2.スキンケア商品

 

・瑞花露薬用保湿クリーム(すいかろやくようほしつクリーム)

 

・瑞花露薬用保湿ローション(すいかろやくようほしつローション)

 

・瑞花露薬用ソープ(すいかろやくようソープ)

 

・瑞花露ボディケア入浴液(すいかろぼでぃけあにゅうよくえき)

 

 

 

 

3.食事

 

・お酒、甘いもの、油もの、清涼飲料水、コーヒー(特に缶コーヒー)の制限

 

食事や飲み物を制限できない場合の漢方薬の使い方も勉強しました。なかなか食事を制限できない場合、たとえば、お酒を飲むのを制限できない時は、解毒の漢方薬を使うといいということもとても勉強になりました。

 

 

 

 

 

○病院の皮膚科の治療パターン

 

1ステロイド外用薬

 

2ステロイド内服

 

3紫外線

 

4生物学的製剤

 

皮膚科では、段階に応じて上記の4つのパターンがあります。
皮膚科の段階に応じた治療内容によって、併用する漢方薬は違いも勉強しました。

 

 

 

 

○脱ステロイドをする時の漢方薬のポイント

 

・先急後緩(せんきゅうこうかん)

先に熱症状などをとってから、補腎など体質改善をする漢方薬の使い方の原則

脱ステロイドをする過程の中で、良くなったり悪くなったりは必ずする。

 

お客様に悪くなる場合のあることを事前に伝えるのが体質です。

 

皮膚病のお客様の来店頻度はながくてもアトピー 2週間 、掌蹠膿疱症1カ月くらいがいいというお話しも聞きました。遠方の方でもこまめな症状の確認が大切です。

 

皮膚病で悩むお客様の方々のために、今回の皮膚病漢方専門講座で勉強した内容を漢方相談にいかしていきたいと思います。

 

 

 

全国実力薬局
アトピー部門受賞
スガヌマ薬局

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方のスガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

南京不妊漢方治療研修のまとめ

 

 

こんにちは。漢方薬剤師の菅沼真一郎です。

 

JR米原駅

 

昨年、中国南京研修で学んだ不妊漢方治療を総括する研修会に参加するために琵琶湖へ行ってきました。大変勉強になりました。

 

琵琶湖

 

中国での講義のまとめの研修と症例発表会がありました。

 

私も症例を発表しました。

 

 

不妊漢方治療症例発表

 

〇発表した症例

 

・年齢 35歳

・診断  中医診断 月経病  西医診断 女性不妊症

 

(患者さんの状況)

 

・FSH 11.29 高い(FSH 8以下が基準 )

・不眠 夜眠れない → 心肝火旺の状態

・DHEA 268 高い(DHEA 250以下が基準)

・インヒビン 77.1 (100以上が基準、100以上だと卵子の成長がいい)

・舌:薄苔、少し歯根がある 

・舌質:紅 

・脈:弦細(不妊症の方の脈はほとんど弦細なので不妊漢方治療では重視しない)

・主な問題点は眠れていないこと:夜寝れないと陰が作られないので、心肝火旺→これを改善して、インヒビンを上げて、DHEAを下げることが必要。

・生理の状態:だらだら長い。

・生理期:便が少しやわらかい。

 

(漢方医から患者さんへの説明)

 

 体外受精の前に漢方を使い、準備周期を設けて、一定のレベルまで上げてから体外受精をすると成功率がアップします。

 

(処方内容)

 

・生理期 五味調経散

・月経終了後 帰芍地黄湯加減

 

(生活指導)

 

※現代医学では、コーヒーやタバコ、ダメと言われているが、夜更かしが一番大きな原因ではないかなと思われる。

 

→寝ないと心肝火旺になり、「腎水不生」になる。腎水を作ることができない

 

→卵巣機能が低下して卵子の質が悪くなる

 

 

不妊漢方治療講義

 

〇研修内容

 

1.PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

 

生理後から排卵までがもっとも大切。

 

周期療法は、生理周期を7周期にわける。

 

生理後は経後期という。

 

経後期は、経後前期、経後中期、経後末期にわけられる。

 

PCOSの場合、排卵しない時は、今、経後三期の中からどの状態にあるか判断して漢方薬を決定する。

 

どの期にあるかは、生理からの日数、BBT(基礎体温表)、卵胞の大きさ、E2(エストロゲン)などの検査数値をみて決定する。

 

基本は排卵させることが大切、経後期の薬を排卵するまで続ける。

 

2.日本で使われないが中国で使われる検査値

 

・CA125 (腫瘍マーカー)12以下

 

・インヒビン (タンパク質)100以上

 

・DHEA 250以下

 

3.体外受精(胚移植)失敗繰り返しの原因と対策

 

 

 

〇不妊漢方研修会の感想

 

研修で感じたことは周期調節法(周期療法)の第一人者の夏先生は、腎の漢方薬以上に心の漢方薬を重視しているという事でした。

 

心の漢方薬は、心臓というよりは、安心の心、つまり、心の安定が大切ということです。

 

心が不安になった人には寧心、(ねいしん)安神(あんじん)作用の漢方薬を処方しています。

 

イライラする人には、そかん)作用のある漢方薬を処方しています。

 

2014年に中国研修に行った時は,腎と気血の方が心より重要視されていたと思います。

 

今回は、心の重要性をより感じました。患者さんへの問診も気持ちの状態やストレス、睡眠の質に関する内容が増えていたように思います。

 

不妊で悩む患者さんは多くのストレスを抱えています。私も患者さんにより添って、心のケアを、カウンセリング、漢方の処方、健康法の中でも多くしていこうと思います。

 

多くの不妊で悩む方々を一人でも多くご懐妊、ご出産に導く為に、日々研鑽を積み重ねていこうと思います。不妊漢方相談頑張ります。

 

 

 

 

2018年全国実力薬局
子宝部門
スガヌマ薬局受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬なら

漢方のスガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

食の安全情報

 

 

こんにちは。平成30年1月21日に消費者問題研究所の垣田達也先生~食の安全情報~消費者は安全・安心を求めている~という講演を聞きました。

 

お客様の参考になることを箇条書きにしてみます。

 

垣田達也先生ご講演

 

1.表示されない添加物

 

(例)サーモンのエサ・・・養殖サーモンの原材料に赤くするためにアスタキサンチン(添加物)を使っていても表示されない。

 

餌の添加物は表示されない

 

(例2)黄身の色がより濃い卵は、黄身を濃くする為にエサに着色料を食べさせている場合がある。

 

 

2.コチニール色素(カルミン酸色素)でアレルギーの危険性(消費者庁が注意喚起)

 

かまぼこ(特におせち)

 

 

3.合成甘味料(人工甘味料)

 

脳卒中・認知症の危険!?

 

合成甘味料入りのダイエット飲料

 

まったく飲まない(週に1回未満の)人に比べて1日1杯以上飲む人は

 

脳梗塞リスクが2.96倍

 

アルツハイマー 病リスクが2.89倍

 

 

4.トランス脂肪酸(水素添加油脂)

 

健康への影響(動脈硬化などの心疾患(心臓病)リスクが高まる。

 

米国・・・2018年6月から食品 い添加禁止

 

日本・・・規制せず

 

ただし、トランス脂肪酸でないオリーブオイルでも、取りすぎると、カロリーが多くなりすぎて、太ってしまいます。太ることは、心疾患のリスクを高めるので取りすぎには注意しましょうとお話しされていました。

 

カフェインの含有量

 

5.カフェインの取り過ぎ危険

 

2011年~15年度でカフェイン中毒で101人搬送うち3人死亡

 

原因:眠気防止剤、エナジードリンク

 

(日本中毒学会の実態調査:16年公表)

 

 

リン酸塩不使用の動き

 

7.リン酸塩

カルシウムの吸収を妨げ 、骨粗鬆症の原因になったり、腎機の低下を招く。

 

 

 

最後に先生は、安全を売るのは当然で、安心を売ることが企業価値とお話しされていました。

 

私たちスガヌマ薬局の漢方相談薬剤師スタッフもお客様に安心を届ける為に日々勉強して頑張ります。

 

 

 

全国実力薬局漢方相談部門受賞

 

 

不妊とアトピーの漢方薬

漢方の相談ならスガヌマ薬局へ

無料漢方相談実施中!!

ご相談ご予約のお電話お待ちしております

茨城県坂東市岩井4443

漢方相談スガヌマ薬局

電話 0297-35-0003

FAX 0297-35-2093

メール kanpou@suganuma-yakkyoku.com

 

 

ページの先頭へ戻る